90-4..ホテルノイシュロス小樽(2)お風呂編

□ 半露天風呂ですが温泉チックなお風呂が付いてます。

2017-02-01 ノイシュロス 022

         大理石のお風呂で窓を開けると海が見えます。


2017-02-01 ノイシュロス 024


          残念ながら温泉ではなく、軟水を使ったお湯ということになっています。
          やっぱり単純泉とも比較してもただのお湯とは違うものですね、湯上りが
          まったく違います。ここの高台から温泉を掘り当てるのは確かに地形的に
          言っても無理なんでしょうか。しかもここの場所はほとんど岩盤ですから
          こういうところはボーリングできないんですね、


ノイシュロスmkoiu


           HP上ではこういう風に紹介されていて、他のスイートも
           同じようなお風呂だと思われます。確かに海が眺められます。




ノイシュロスmkokui


           それでは大風呂に行ってみますね。上の写真はHPからです。


2017-02-01 2017-02-01 ノイシュロスPIX 018

            
            洋風のホテルの割には、大風呂はしっかりとした旅館風になっているのが
            ここの面白い処でして


2017-02-01 2017-02-01 ノイシュロスPIX 023


            小さなデジカメで撮っているので、綺麗には撮れません。
            レンズが曇らないようにしてますが、すぐに撮れないようになります。


2017-02-01 2017-02-01 ノイシュロスPIX 020



            明るいうちだと外側に海の景色が見えるようです。
            大風呂はこんな感じですね。





スポンサーサイト

90-3..ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編3

□ 6年ほど前に宿泊した803号室ですが、当時はまだブログもそれほど写真をだしてなかったです。
  参考に今回未掲載の写真を出しておきますね。

2010年クリスマス 006grt


       山側なのですが海もちゃんと眺められます。



2010年クリスマス 012hty


      良くオーシャンビューではなく山しか見られませんという海辺の宿もありますが
      ここは4室それなりに眺めは確保されています。まだ他の2室は泊まっていませんが
      どのお部屋に泊まっても楽しめます。



2010年クリスマス 006rty


      だだし寝室からは崖が見えて、おまけに中腹にお墓もあったりして
      奥さんは不満言ってました。



2010年クリスマス 015ji

   
      クリスマスに来たんです。クリスマスに和風旅館ではムードがないと言って
      こういう洋風を選んだのですが、結局は温泉が恋しくなって、クリスマスでも
      温泉がいいという事になっています。

      クリスマスは札幌市内でフレンチレストランというのがデートの定番ですが
      それだけの費用を使うなら、2食付いて温泉三昧で、ゆっくりできるという事に
      なれば、やはり温泉で・・・という話に最近はなっております。

      僕も思いますが、温泉は和風のほうがしっくり
      きますね。



  

90-2..ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編2

□ お部屋ですね。海の見えかたでお部屋のランクになります。

2017-02-01 ノイシュロス 002

        この802のお部屋は洋室かと思いきや、意外とそういうテイストではないんですね。
        かと言って和風でもなく普通でした。



2017-02-01 ノイシュロス 012


       写真の反対側です。大きな液晶があり、その奥にお風呂があります。
       段差がありバリアフリーではありませんのでご注意を。


2017-02-01 ノイシュロス 027


      ベッドルームが別部屋にあります。


2017-02-01 ノイシュロス 019



       ここにも液晶テレビがあります。


2017-02-01 ノイシュロス 026


      テーブルがあって、お部屋食の場合は使います。今回の朝食はお部屋食でした。
      海を見ながらの朝食はとても気持ちのいいものでした。


2017-02-02 ノイシュロス 007


      お部屋のチョイスはこの景色何ですね。窓が曲面で90度分ありますから、これだけ
      ワイドに見えるのはここノイシュロス小樽だけでしょうね。白老のふるかわスイートも
      見えますが、さらに景観に恵まれてます。



2017-02-02 ノイシュロス 013


      下が小樽の水族館で、良く見ると観覧車が見えますね。
      小学校の遠足の定番ですが、大人になってからも面白いところですよ。



2017-02-02 ノイシュロス 014



      灯台と鰊御殿が見えますね、現在は閉館してますが、冬以外は観光施設になっている
      らしいです。歩いて登るようですね。



2017-02-02 ノイシュロス 004



       窓の左端にはトド岩が見られます。ベッドルームからだと正面に見えますね。
       一番高いスイートルームはさらにこのトド岩から岸壁がみえることになってます。
       朝日が昇るところが見えるので、その時にモーニングコールができるらしいです。
    

2017-02-02 ノイシュロス 016



       天気が悪くてまったく視界不良でもこれだけ景観が味わえる港風景っていいですね。
       晴れていればまた違った景色が楽しめた筈ですが、なにしろ猛吹雪で、このお部屋が
       飛んでいくんではないかと思ったほどです。

       ここは景色だけではなく、いろいろ楽しめることが一杯ありますよ。クルージングも
       あるようです。お勧めはカップルで、水族館の好きな女性向けでしょうか。

       ただ一つは残念ながら温泉じゃないんですね。次はお風呂編です。









90-1..ホテルノイシュロス小樽(2)お部屋編1

□  6年ぶりのノイシュロスです。2回目ですが、また来るとは思っていませんでした、奥さんが
   半額位のチケット見つけてきて、再訪です。ものすごい吹雪で、外観の写真が撮れたのは
   これくらいなものです。2月2日で、高速も視界不良の中でしたがやっときました。

  

2017-02-02 ノイシュロス 021


        あの上の丸いところがスイートなんです。4つの部屋に分かれています


ノシシュロス02


       今回は802号室です。前回は803号室でした。


ノシシュロス01


       805号室が一番広くて次に801号室のように見取り図では見えます。
       804号室はないんですね。

       それではお部屋をご案内いたします。



        

89-7.ニセコ坐忘林(5)おまけ編

□ 今回で坐忘林終了です。おまけですが、やっとBARがオープンしました。
  今までバーテンダーが雇えなかったというお話でしたが、もとあのサミットで
  有名なホテルにいたとか、で仲居さんが代わりにやるところが多いのですが
  本格的になりました。女性ですよ。


2015年10月9日坐忘林 053cfrt

      2015年の写真ですが、立派なBARだったので待ち焦がれてました。



2017-01-16 坐忘林 047


       ウオッカベースでのドライマティーにでスタッフドオリーブが2個付き
       お味はさすがに本格的でした。


2017-01-17 坐忘林NIKON 028


      ロビーにいたら、熱心に苔を覗き込んでいるお年のスタッフさんがいて
      ちょっとお話しました。坐忘林の苔椀はこの人が手入れしているようですね。

      苔を盛ってトドマツの稚僕を埋めてます。よく見ると苔の表面に溝があって
      「これはね、ミミズが食べて通った跡なんですよ」なんか聞きました。

      各お部屋に飾ってありますので、そんなとこも見ておいて下さい。


2017-01-17 坐忘林NIKON 067werf


      坐忘林から花園スキー場が近いので、スキーもできますよ、歩いてはいけませんけどね、
      どういうわけか、外人さん達がスキー履いたまま道路を滑って、スキー場に向かってましたけど。

      いきは下り坂でいいですけど、帰りはどうするんでしょうか。15名くらいいました。この辺の宿に
      宿泊しているんでしょうね。


2017-01-17 坐忘林NIKON 068kuv


      見える範囲は緩斜面ですが、アンヌプリ頂上とリフトで繋がってますから
      上は急斜面かな。(ここだけは滑ったことありません)

      坐忘林からタクシーでヒラフに行く外人さんもいるらしいです。別にタクシーで
      行かなくても、リフトで行けるんですけどね。

      花園スキー場のロッジですが、奥さんが覗いてみたら、ほとんど外人さんらしい
      です。日本人がいないかもしれません。この辺のスキー場は9割がが外人さん
      だという事です。中東からもメイドさん連れてくるらしいです、そういうお客さん用
      のインストラクターもいるっていうから凄いです。

      連泊するなら、ちょっとくらいスキーやってもいいですね。
      では坐忘林ここでお別れです。

      参考にしていただけましたでしょうか。








NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount