今年度の宿泊予定

□ 温泉巡りですが、早割を使うので、もう年内はほとんど決まっているんですね。
   参考になればと思い、予定を掲載しておきます。


2017PLN02.jpg

                  網走湖鶴雅


2017PLN03.jpg

                 知床北こぶし


2017PLN01.jpg

                十勝ガーデンオーベルジュ


2017PLN07.jpg


                川湯温泉 忍冬



2017PLN04.jpg


                函館大沼 エプイ



2017PLN05.jpg


               層雲峡 ホテル大雪



2017PLN06.jpg


              十勝 北海ホテル



□  それとまだ予約はしていませんが、100回記念として坐忘林を選んでみました。
   暮れに翠山亭倶楽部、年が明けて厨翠山、予定がつけば美国観光ハウスも考えています。

   これらの宿泊先を考えておられる方は参考にしてみて下さい。(写真は全てHPからです)







スポンサーサイト

箸休め・JR東日本豪華列車 四季島

□ 時代は豪華列車ブームで、赤字に苦しむJR北海道ではあり得ない企画が
  続いてますね。先日も四季島が北海道にやってきて、一泊をニセコか登別に

  別れて行ったらしいです。その間、札幌の手稲で車両の点検整備が行われたと
  ラジオで聞きました。それで、果たしてどこに宿泊したのか気になりました。



sikisima03.jpg

                JR東日本HPよりです。


        高級が売りの列車ですから、ニセコに行くとなるとひょっとしたら「坐忘林」ではないかと
        思いました。ビンゴ、坐忘林だったようです。やはり高級旅館を選びますね。
        その他に客室によっては、「杢の抄」という選択になっていますので、興味のある方は
        HPをご覧ください。



sikisima04.jpg



         となると登別は?高級っぽい旅館となると、「滝の家」か「望楼」でしょう。
         それも登別で、より北海道的な雰囲気を味わえるとなると「滝の家」ですか。
    
         正解、「滝の家」です。多分、それもあのお部屋でしょうね、かな?

         坐忘林を予約する方は、四季島の北海道運航プランでバッティングする
         可能性がありますね。

         もしそうなら、いい部屋とられちゃうかなと思ってしまいました。







  
 

箸休め 露天風呂ランキング(部屋)2

□ 前回に続き、ランキングですが奥さんに聞いてみました編です。
  

  1位はやはり坐忘林です。


2015年11月27日坐忘林 153

   
          これは外風呂がヒノキ風呂のタイプのお部屋ですね。


2015年11月27日坐忘林 164



           やっぱりこの広大な景色を眺められるというのが大きな理由ですね。


20160724153257449u.jpg



          シーズンを通して楽しめます。四季の変化を味わえるので、それぞれの季節に
          行ってみたくなるでしょう。座忘林に限らず、料理も季節を取り入れた4バージョンに
          なっているところが多いので、それも日本の温泉のいいところですね。

          それに坐忘林の場合は丘の上をキツネが歩いているような気がして、目が行って
          しまいます。



  2位は鄙の座です。(ここまでははっきりしているとのこと)


2014年6月9日鄙の座 426


      ここも景色なんですね


2015年6月17日鄙の座 075


     窓から見える景色は御覧の通りです。ただし左には隣の建物の壁がありますが。
     遊覧船が見えたり、浅瀬で釣りをしている人が見えたり、ほんのりします。



   3位以下は甲乙つけられませんが・・・・やはり景色と一体になっている事がポイントらしいです。


2016-10-22 湯宿だいいち 008


       例えば、道東の湯宿だいいちの紅葉と露天風呂ですね


2016-10-22 湯宿だいいち 034


       ヒノキのお風呂は普通ですが、窓の下には澄んだ川があり、フクロウも飛んでくる
       環境は道東ならではです。


       同じく川の傍にある宿というなら


2016-08-23 阿寒川ラビスタ 031


    阿寒川ラビスタもいいですね。写真は紅葉時期ではありませんが、紅葉はとても
    綺麗でしょうね。


2016-08-24 阿寒川ラビスタ 044



    あとは、自分も入れるかどうか迷った宿があります。

2015年4月26日杢の抄 020


         杢の抄ですね。そうなると水の謌はどうなんだとか、美瑛はとか


2015年5月30日潮さい亭渚亭 013


         海が眺められる潮さい亭もいいよね、ということになり、結局は自然景観を
         どういう風に楽しめるかによるんだねということになりました。

         ただ敢えて言わせてもらえれば
         海はそんなに季節感がないし、紅葉の時期は変動があるし
         桜の時期も読めないし、そうなるとやっぱり北海道は6月が好きです。

         やっと長い冬が終わり、一斉に緑に覆われ芽吹きが始めるフレッシュな
         時期と言えば6月ですねーーーーー



2015年6月17日鄙の座 198u


        鄙の座の6月です。大好きな色ですは
        この時期ならどこに行ってもいいですね、という事です。

        けっか、温泉ならどこでもいいです。(私の場合)





箸休め 露天風呂ランキング(部屋)

□ 支笏湖翠山亭の露天風呂を紹介するのですが、ついでに露天風呂のランキングをしてみたいと
  思います。原則的にはこのブログはお風呂が温泉で窓が開けば露天風呂と言っております。


  □先ずは第一位は坐忘林でしょうか。

2017-01-16 坐忘林NIKON 036


           特にこの岩風呂というか石風呂というのか削り出しですよ。
           お金かかってますよね。


2017-01-16 坐忘林NIKON 019


           しかも源泉かけ流しで二つもあるんですから。二つも要らないでしょうと
           いいたくなりますね。


2016-06-17 坐防林 016y


            おまけにこの景色となると堂々の一位です。(コスパは別にして)



   □ 二位には僅差ですが、支笏湖翠山亭を入れてみました。

2013年9月25日支笏翆山亭 057y


       他のお風呂と比較して湯面が低く、入りやすいのです。地面にあるからできるのでしょうが
       これだけ低いのはここだけです。

       しかもヒノキの框が幅広くて、ここに座っていてもお尻が痛くなりません。


2013年9月25日支笏翆山亭 059y

      
       それに腰かけて座ると、浅いのでちょうど腕がこの框に置いておけるのですね。
       深いと首下までつかるので、長湯ができません。ここは上半身を比較的出して

       いられるんです。それでいて・・・




2013年9月25日支笏翆山亭 055y


      このお庭の造りがまたとてもいい、開放感があって
      もうずっと入っていられますね。なんちゃってではありません。しっかりとした
      露天風呂です。


  □ 第三位は鶴雅の鄙の座ですね。


鄙の座 077y


       半露天風呂で窓はありません。天井はありますが、そのまま阿寒湖の景色が
       眺められます。お風呂の湯面は高いのですが、周りに座面があってそこで
    
       座ることができます。椅子もありますから、長湯ができますね。


鄙の座 290y


       お風呂場そのものもガラスに囲まれていますから開放感があります。



  □ 第4位は小樽ふるかわの特別室ですか


小樽ふる川 029y


      入りにくいし、小窓位しか開かないのですが、なにより眺めが面白いでしょう。
      冬は真下に雪灯りが眺められたり、小樽の運河沿いの観光客が行きかう
      風情が楽しめたり、独特ですね。


  □ 第5位は、ここは眺めもいいのですが、泉質です。モール温泉はやはり外せませんね。
     十勝川温泉です。


2015年7月17日十勝温泉 107y

        框が四角ではなく、カーブしているのが珍しいです。↑


      

     その他についてはだいたいが同じですね。ちなみに参考にあげてみましょうか。


2014年11月28日翠山亭倶楽部 177y

      定山渓翠山亭倶楽部のスイートですが、泉質は大好きですが、景色は望めません。

2011年11月23日 043y

      同じく定山渓翠山亭倶楽部のスパリビングです、このお風呂に冷蔵庫やソファがあって
      くつろげるようになってますが、窓の景色がイマイチです。消防署から見られるので
      ブラインドが上げられません。



風2015年9月10日緑の 005y


       野口観光はお風呂が広くて気持ちがいいですが、露天風呂ではなく普通の
       アルミサッシの窓が開くのはどこも同じですね。それに檜ではありません。


2013年1月23日乃の風 077y


       あとはどちらかというとヒノキのお風呂で、同じような感じですが
       番外編としてあげれば


akahane.jpg


       紅葉音の泥風呂のようなところかな、非常にマニアックと言えるお風呂ですが
       考えようによっては、あの泥の中に何が入っているのか分からない不気味さが
       ありますね。↑


       という事で、支笏湖の翠山亭のお風呂について書いてみましたが、それぞれ
       泉質の問題、加温加水、消毒等の問題もあるので突っ込みどころはいろいろ

       あると思います。あくまでも好みですので、奥さんは違うものの見方するかも
       しれません。


       追伸 まだまだたくさんありますが、あと2つ追加すれば一つは滝の家もありますね。


2013年6月24日滝乃家 033


         ↑「滝の家」の濁り湯も貴重ですね。登別は温泉の種類が多いですからこれも好きです。
          ただし、お部屋の露天風呂が温泉でないところもあるので、要注意です。


2015年3月31日定山渓フルカワ 023


           もう一つは定山渓ふるかわの特別室ですね↑。タイル貼りですがお風呂全体が
           鄙びた感じを良く出していますので、ここもある意味捨てがたいかもしれません。

           どこの旅館もある程度の差はあっても、やはりいいですね温泉は。




87-1.運河の宿小樽ふる川(3)ご案内

□ 今回は小樽のふるかわです。3回目ですね。
   雪の小樽ですが、ちょっと溶けすぎて春みたいな感じでした。実際の宿泊は
   12月の20日です。


2016-12-21 小樽ふるかわ 037

        ふるかわは運河沿いのいい処にありますね。写真の左の建物です。



2016-12-21 小樽ふるかわ 036



        最上階の801号室です。802号のほうが広いのですが家族連れでなければ
        こちらがお勧めと言われてます。



2016-12-21 小樽ふるかわ 017



        お風呂からの眺めが最高で、運河が眼下に見下ろせます。が、下からも
        丸見えですので、それは心して下さい。



2016-12-21 小樽ふるかわ 015



         運河の撮影スポットの橋が良く見えますね。暖かく小雨が降ってましたので
         皆さん傘さしてました。この眺めの良さがここの売りで、泉質も良く港を眺め

         ながら寛げます。それでは小樽運河の宿ふるかわをご案内いたします。






NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount