99-8.厨翠山 その他終わり

□ 紹介できなかった場所を載せてみました。倶楽部と同じで石山の軟石を使った
  素敵なエントランスもあります。


2017-09-08 厨翠山 038

             エントランスの所ですが、たくさんの塩が売っています。
             お土産は塩ですね。



2017-09-07 厨翠山 039


            軟石だと思いますが、(カッテイングが少し違うような)
            温かみのある石作りですよね。


2017-09-07 厨翠山 051



            ここで実際に使用している陶器も飾ってあります。



2017-09-07 厨翠山 036



             特にびっくりしたのは廊下の中庭に置いてある灯篭でした。
             この辺の造りはここ独特のものですね。木の鶴雅、石の翠山亭
             みたいな感じです。



2017-09-08 厨翠山 037


            これで厨翠山は終わりです。ゴージャスな雰囲気がしますので
            カップルには最適です。翠山亭グループのチャレンジをお楽しみください。




スポンサーサイト

99-7.厨翠山 朝食編

□ 朝食です、オープンキッチン食事処「厨」で食事となります。夕食と同じく良く工夫されています。
  面白いです、特に味噌汁は最初に塩で味わい、そのあとで味噌を足し、2回楽しめます。

2017-09-08 厨翠山 012

   
           目の前に置いてある、大きな土鍋が味噌汁用です。



2017-09-08 厨翠山 020



          小さなおかずが、散りばめられておかれてますが
          お味は普通です。


2017-09-08 厨翠山 016
2017-09-08 厨翠山 015


          目で楽しませてくれるという事です。



2017-09-08 厨翠山 019
  
           
           特徴がそれほどないのですが



2017-09-08 厨翠山 021



            美味しかったのがイワナ(おしょろこま)の炭火焼きで
            炭火の香りがキッチンに漂ってました。



2017-09-08 厨翠山 023
2017-09-08 厨翠山 024

          
              夕食時には野菜が置いてあった水槽には柑橘がいれてありました。
              ジュースに使ったオレンジでしょうね。

              あとはこれにデザートに蜜煮がでておしまいです。


2017-09-08 厨翠山 025

                 醬油さしです


                 高級な所なので評価はそれなりに厳しくなると思うのですが
                 物足りないです。量ではなく何かがです。よくコメントに量が
                 ちょうどいいというのがありますが、人それぞれなので量は
                 評価対象ではありません。シームレスキュイジーヌというのも
            
                 醤油をエスプーマで出したからって洋との融合なのって
                 思ってしまいます。ここのキッチンはせっかく料理人の姿が
                 見えるのに、調理を終えるとそそくさに引き上げてしまいます。

                 寿司屋のカウンター的な賑わいみたいなものがないですね。
           
                 それとせっかくの場所なので、もっと焼き鳥とか串揚げとか
                 ウナギとか、香りの立つものを演出して、多少は居酒屋的な

                 遊び心があると愉しいと思うのですが。


99-6.厨翠山 ラウンジ編

□ 2階のラウンジですが時間に応じてフリーのドリンクと食べ物が置いてあります。

           ≪15:00~23:00、9:00~11:00≫
           15:00~17:00/フィーカタイム
           20:00~21:00/夏目のつまみ(アルコール)
           22:00~23:00/本日の夜食(アルコール)
           9:00~11:00/季節のフルーツ盛り、小菓子


2017-09-07 厨翠山 052


          静かな所で、他のお客さんもいなかったせいか、のんびりしてきました。


2017-09-08 厨翠山 029
2017-09-07 厨翠山 061


          新聞も置いてありますので、ここで目を通せます。久しぶりに道新読みました。


2017-09-07 厨翠山 059


          フィーカタイムと言って手作でしょうね、美味しいお菓子に出会えます。


2017-09-07 厨翠山 064
2017-09-07 厨翠山 117

          
           スピーカはJBLでTORIOのターンテーブルが置いてありました。
           曲の選定がいまいちでしたが、リラックスできます。


2017-09-07 厨翠山 063


           棚には一杯飾り物も置いてあるし、本もありました。


2017-09-07 厨翠山 062
2017-09-08 厨翠山 026


            今度行ったときには料理の勉強でもしてみましょうか



2017-09-07 厨翠山 115



             夜はアルコールタイムに入ります。これだけのお酒があって飲み放題です。
             一番左の「国士無双」はテーブルで飲むと一合800円位でしたが、ここで
             飲むとただでした。


             夜食も出て、わりと小さなイカメシをもってきてくれました。
             静かなのでがばがば飲んで騒ぐ雰囲気ではありませんが、ここの
             特典ですね。ラウンジの飲み物がフリーというのは高級の証だと
    
             いう事です。見ているだけで、度を越して飲みたくなりますが、我慢
             しました。温泉ではかなり回りますので要注意です。










99-5.厨翠山 お風呂編

□ お風呂編です。先ずはお部屋の露天風呂から

2017-09-07 厨翠山 027


            雰囲気的には半露天風呂ですが、浸かっていて気持ちがいいです。
            定山渓特有のナトリウム泉です。お風呂の出入りは一か所だけで
            大きな窓ガラスは開きませんよ。


2017-09-07 厨翠山 023


            反対側からの写真です。ヒノキ風呂(風)は新しいのが欲しかったですね。
            大きくていいですが。ヒノキ風呂って、このクラスだと100万円くらいいくのでは
            ないでしょうか。



2017-09-08 厨翠山 032


             紅葉の時期にはとても綺麗だと思います。ただ、葉っぱが落ちると
             隣の建物がすぐ横にありますので、これって見られないんでしょうか。
             女性は気になるところです。男、はまったく気になりませんが。


2017-09-07 厨翠山 074



              大風呂です。モダンな暖簾がかかってます。男女入れ替え制です。
              入れ替えるという事は、造りが違うということです。



2017-09-08 厨翠山 002


               内風呂です、綺麗で清潔感のあるお風呂ですね。


2017-09-08 厨翠山 007
2017-09-07 厨翠山 072


                露天風呂はこの2種で、下に川が流れてますから、川のせせらぎが
                聞こえてきます。川は窓から覗かないと、かなり下のほうに位置して
                ますから見えませんが。



2017-09-08 厨翠山 008


                湯上り場所にはドリンクのサービスがあるという事です。

                いかがだったでしょうか。翠山亭グループらしく高級感が
                あっていいと思います。










99-4.厨翠山 お部屋編2

□ お部屋編続きです。


2017-09-07 厨翠山 015


        寝室です。寝心地良さそうですが、どういうわけか空調の音が外から聞こえる
        ようでちょっと気になりました。



2017-09-07 厨翠山 020


       黒檀のテーブルがありますが、かなりの傷がついていて、これまた本館から
       もってきたのでしょうか。何か中途半端館感が否めないんです。


2017-09-07 厨翠山 007


        露天風呂は和室から眺められて開放感があるのですが・・・・



2017-09-08 厨翠山 035


         バスマットがありますが、直接、畳みのお部屋から出入りすることになります。
         畳が傷みそうですね。



2017-09-07 厨翠山 066
         

         バスルームがお風呂に併設してないので、シャワーを使うには
         バルルームまで行かないといけません。たぶん新規設計ではないので
         その辺のところがうまくいってないのでしょう。



2017-09-08 厨翠山 036

         
           冷蔵庫はこれだけ入ってます、フリーです。それぞれ
           2本づつ入ってます。飲んじゃいました。

           という事で、厨房は派手ですが、このお部屋はごく普通でした。
           もう少し、凝って欲しかったですね。




NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount