箸休め・札幌コートドール2月のディナー

□ ワイン会を風邪でドタキャンしたので、申し訳ないと思いディナーに変えて、行ってきました。
  下國シェフになってからの初めてのディナーですね。

  例によって、スマホでフラッシュ無しなので、画質がかなりあまいです。旅館の場合はライティングに
  接写レンズを使ってますから、綺麗だと思いますが。言い訳はこれくらいにしてそれではメニューを
  HPから、切り取りました。


menuwerf.jpg


         あん肝、フォアグラと続きます。期待できますね。


2018-02-10 Iphone 004


         食前酒ミモザとキールロワイヤルを頼み、おつまみに合わせます。
         そのあとにシャンパンロゼでいってみました。最近は2人で1本で十分なので
         シャンパンで通します。

2018-02-10 Iphone 006



         薄切りのサーモンスモークに、ビーツその他の冬野菜
         ワサビクリームです。アミューズですがとてもきれいで下國シェフは繊細です。


コートドールMYFACE


        このあとも楽しみです。


01063e8bb4ef69a3dbcc77ef0e0b48401d16a5af42.jpg
2018-02-10 Iphone 016


       あん肝のコンフイ、ドライフルーツ、黒酢のソルベ
       アイス好きなので、コース途中でソルベが出てくると嬉しくなります。


2018-02-10 Iphone 018


       フォアグラと鳥胸肉、ガトーは丸くケーキ風ににして、ヴルーテでビロードのように
       滑らかに仕立てたみたいな感じでしょうか。



2018-02-10 Iphone 026


      真鯛のヴァプール梅干しとジャガイモのエクラゼ

      この真鯛は肉厚でおいしかったですね。


2018-02-10 Iphone 030


        十勝牛のフィレ肉の炭焼き、ソースが玉ねぎのピューレに雲丹が添えられていて
        とても美味しかったです。メインに持て余す歳になってきたので、あまり霜降りは
        遠慮したいですが、食べやすかったです。熟成肉で回りをカットして使ったらしい
        です。やはり熟成肉は美味しいんでしょうね。

        
2018-02-10 Iphone 032
0101fee087b800c21dd303808f175e33d49febb0bd.jpg


      コートドールのチーズはとても美味しくて、テーブルで選べます。
      僕が4種、奥さんが6種頼んでます。赤のグラスワインを頼もうかと思ってましたら
      まだシャンパンが余ってまして、ちょうど良かったです。
      コートドールではチーズを頼むべきですね、ワインがなければこの時だけでも
      赤のグラスワインを追加するべきです。




2018-02-10 Iphone nbgh
2018-02-10 Iphone mnhj
2018-02-10 Iphone vcdf



         あとは、口直し、メインデザート、お茶菓子と続いて、エスプレッソをダブルで
         奥さんは紅茶で〆て終わりです。

         雪まつりと連休だったので、混んでいました。
         楽しいひと時を感謝です。ごちそうさまでした。



ertuos.jpg






スポンサーサイト

箸休め 常磐 COQ(コキュウ)

□  常盤の芸術の森近くに素敵なレストラン&ショップができました。
   芸術の森に行ったときに、食事する場所に困った時はここがお勧めです。


2017-11-04 ニヤ来道 031

            COQ 呼吸するという意味から来ているらしいです。


2017-11-04 ニヤ来道 swer


            芸術の森から支笏湖方面へすぐです。この辺は有名な蕎麦屋さんも
            ありますがフレンチレストランがないので寂しいと思ってました。

            これからはレストラン目当てで芸術の森に行けます。

            フレンチのアキナガオさんが監修した料理で、その料理も美味しいですが
            このお店がまず自然にマッチしていて、いいところに建てましたね。



2017-11-04 ニヤ来道fde


             COQのHPからです↑。川が流れていて外で食事ができます。



2017-11-04 ニヤ来道 023


             紅葉が終わり、小雨が降ったりやんだりでしたが
             景色の良さは十分伝わってきました。こんないいところが
             あったんですね初めて知りました。


2017-11-04 ニヤ来道 sdew


             初夏と紅葉の時期にまた訪れたいです。HPから↑


2017-11-04 ニヤ来道wser



2017-11-04 ニヤ来道gfrt

            その料理ですが、コースは要予約です。ランチタイムとしては
            なく、ディナーも同じメニューです。


           値段から言ってかなりリーズナブルですが


2017-11-04 ニヤ来道 005


           3人で行って、それぞれにオーダしました。最初のスープは
           今までの中で一番美味しかったです。(自分の感想ですが)


2017-11-04 ニヤ来道 014x
2017-11-04 ニヤ来道 011g


           メインの2種ですが、ボリュームもあるし、非常に創作性の高い
           ヌーベルです。さすがのアキナガオさんですね。


2017-11-04 ニヤ来道 020
2017-11-04 ニヤ来道 021


        ドリンク&デザートセットを追加してます、デザートもこの値段ではなかなか
        お目にかかれません、それに同じでデザートでも飾りつけとプレートが
        違って出てくるので、めちゃめちゃ楽しくないですか。



2017-11-04 ニヤ来道 018

      
        当日も空き席が少なく、予約しておいてよかったです。
        予約すると個室風の席を確保してくれるようです。
        


2017-11-04 ニヤ来道 008


         雰囲気がとても素敵です。椅子を見てください、みんな違うデザインの椅子が
         置かれてあります。

         店内の壁も杉板のような材料に白い塗装がしてあります。外壁材も同じよう
         でした、それぞれが釘で打ち付けられていて、窓枠はアルミではなく木製です。
         テキスタイルもそうですが、建築的にも相当なこだわりがあるようです。

         

2017-11-04 ニヤ来道 034



        お店の前には4,5台のパーキングスペースしかありませんが
        この脇を通ると奥に車を停められます。土地の持ち主と交渉していて
        まだ契約が取れてないと説明されてました。(この時点では)
        駐車スペースがなければお店に電話してそこに停めるよう誘導して
        もらってください。

        常盤に素敵な一軒が増えました。芸術の森に行った帰りとか
        支笏湖に行くときのルートなので

        ぜひ立ち寄って食事をしてみて下さい。



箸休め・フレンチレストランモリエール

□  日本で数あるフレンチレストランで三つ星をもらったのは、3軒しかありません。(2017年)
   その一つが札幌のモリエールです。あとはジョエル・ロブション(東京)、もう一つは・・・は忘れました。

   モリエールは札幌の老舗で、30年も昔から円山の同じところにあります。有名になったのは2008年の
   洞爺湖サミットで、料理の監修メンバーになってからです。

   今は大変に有名になり、シェフの中道さんは「ごちになります」にも出てましたね。(見なかったけど)
   今回はそのモリエールに行ってきました。道外から予約される人も多く、なかなか電話が繋がりません。
  
   道内のフレンチレストランは東京に比べればリーズナブルで、ロブションの半分、一番高いディナーの
   テロワールで15,000円です。

   それでは皆さん、三ッ星のレストランモリエールにご案内いたします。


IMG_0374.jpg


          開始が早く17時半からです。ドレスコードはありませんが、ジーパンで
          行ったら入店をやんわり断られたと言う記事がありました。一応
          ちゃんとしたレストランですからね。



           テロワール15,000円のメニュウです。要予約です。今回は
           メインのお肉が鹿ではなく仔羊に変更になってました。
           あとは概ね同じです。


01c90bb13c0644bab5b87c6a7a8d40f9b079b212c6nm.jpg


           セルクルで形どった玉葱料理、ここの食事はお気楽に食べられるという
           評判が多いのですが、手づかみで食べられるからですね。


IMG_0375mhj.jpg

        
           ガスパチョ


IMG_0376gty.jpg


           ニョッキ


IMG_0378.jpg



           この辺からモリエールらしくなってきまして、普通の大葉とホタテの
           天ぷらですが、蔓性の枝の中に飾られています。

           まだ前菜ですが、なかなか楽しませてくれます。


IMG_0394.jpg


           シャンパンにしてます。二人で1本飲むとなるとシャンパンを通しで飲んだ
           ほうが量的にちょうどいいかなと言いう感じですね。

           ブルーノ パイヤール ロゼ・プルミエール‣キュヴェ・ロゼ
           23,000円です、あとからネットで調べたら税込み8,185円でした。(涙)
          
           ワインに関しては、さすがショップを併設しているブリックのほうが
           リーズナブルですね。(シャンパン飲んだ時に、楽天でもこの値段です
           って聞いてもいないのに言ってました)


01133860e1f90464df2a011e63b15706d097346473.jpg


           ここの特徴の最大のポイントは野菜です。マッカリーナの売りにも
           なっていますが、大変に野菜が繊細で美味しい、中のソースとやさしく
           かき混ぜて食べてくださいとの説明があります。


IMG_0380.jpg


           ウニです。緑色にみじん切りしてあるのはオクラで、下のクリーム状の
           ものと一体となってトローッとしてます。フレンチのウニも美味しいのね(^^♪


IMG_0383.jpg


           奥さんもモリエールは好きと言ってます。好みらしいです。


IMG_0388.jpg


           鮑です、ソースはイカスミでリゾット添え


010d12fd7ad4e289bc3635b5f08921bac92ee7ff13.jpg


       口直しの洋ナシのシャーベット、その場でブランディーをかけてくれるんですが
       調子に乗って、一杯お願いしますと言ったら、きついのなんの大人の味でした。



IMG_0392.jpg


      ここでメインが仔羊です。利尻のプレ・サレと言って塩分を含んだ草を食べている
      らしい。大変に貴重で本州のほうにもっていかれるので、確保するのに大変だって
      こぼしてました。

012869ad46f6170f1a2f886f55443a779f938aa618.jpg


       こんな会話ができるくらいだから、皆さんかなりフレンドリーですよ。


01c2d18ad164d70b07fad400a78ce293f891e1aeef.jpg


       シェーブルタイプのチーズ、これも手でOKです。


0119eb3caea7388d95cf9f5c19a597053256552ae5.jpg


           順番が逆になったかも、このへんからデーザトと小菓子と
           フルーツが出てきて、食後の食べ物がわんさかです。


IMG_0396.jpg


           フランスの家庭料理定番、イルフロタントです
           メレンゲなのでお早くお食べ下さいと言われました。泡が
           消えてしまうのね。



IMG_0395.jpg


           バウムクーヘンの原始的な状態みたいなお菓子が出てきて
           切り分けてくれます。


IMG_0401.jpg


           僕はエスプレッソになってます。


IMG_0397.jpg


          フルーツもあって、ブドウが出てきてます、


0147cec60a499169fad1dfe21f4c5a29e0b980b329.jpg


          右のミニトマトみたいなものは、飾りで、食べるためのものでは
          ありません。冷蔵庫に入れて一週間はもつとか言ってました。
          食べてしまう外人さんもいるらしいです。

          モリエールって狭いので会話が良く聞こえます。なんと言ったか    
          忘れましたが、気を利かせてブドウを追加でもってきてくれたのには
          参りました。

            

IMG_0399.jpg



          茶菓子でチョコレートもあるわけです。



0136210435c5dbfbc7543fd5acaa4295c4ad10c4d2.jpg



          モリエールというレストランは内外からいろんな人が訪れますので
          お店の人も観光客の扱いに慣れてますね。いかにして楽しく美味しく
          食べさせるかと言いう事にたけてます。30年前にも来たことがありますが
          雰囲気はまったく変わりました。食事の後のお見送りも暫く頭をさげられて
          いました。札幌の夜を楽しむのにふさわしい一軒です。
          (もちろんランチでもいけます)







箸休め・コートドールワイン会 アルザス地方

□ コートドールワイン会 第5回 アルザス地方です。一人12,000円。

第5回ワイン会アルザス地方nbhg

         
       2017年のワイン会ではこれが最後になりました。最後ののシャンパン会は
       キャンセル待ちですが。

IMG_0353.jpg
IMG_0352.jpg
IMG_0360.jpg
IMG_0367.jpg
IMG_0371.jpg

第5回ワイン会アルザス地方0006


               料理の写真はこれで全てではありませんが今回も下國シェフの
              料理を楽しませてもらいました。ワイン会ではなく今度は本格的な
              ディナーを楽しませてもらいましょう。



010d2acba773a15d82c2e4a6f25f79ad66b01f09d1.jpg


             コートドールの良さはこのフロアーの広さですね。
             女性のお客さんでいっぱいでしたが、隣のテーブルの
             会話に気にすることもなく、落ち着いた時間を味わえます。

第5回ワイン会アルザス地方0002

IMG_0359.jpg


             2013年物 ピノ・グリ  

             このほかのワインもティスティングコメント付きですから
             これは良く分かりますし、勉強になります。自分の感想との
             違いも確かめられます。料理もリーズナブルですので
             お勧めいたします。



箸休め コートドールワイン会 第4回目 ロワール地方

□ 第3回目ブルゴニュー地方も参加してますが、ネタかぶりなので飛んで、今回の4回目
   ロワール地方をご紹介します。

  IMG_0333ngyh.jpg


     18時からですが、さすがにこの時間ではまだ明るい季節になりました。
     以前にもご紹介しましたが、月1回のワイン会で、全部で6回あります。
       
     2回目のボルドーは用事があっていけず、最後のシャンパン会は人気があって
     キャンセル待ちの状態になってます。

     来年から、案内がくれば早速返事して、全部参加するぞという脅かしにも似た
     返事をすることにしました。そうだパンフが来る前に出席の予約を入れておきます。


□ グラスが5本並べられていて、料理に合わせてワインが注がれます。料理最初は
  アミューズからです。僕の持っている「わかさいも」の包みに入っているのはお菓
  ではなくラタトゥイユです。シャレなんです。ここの親会社さんですから。



011363a4d7a65812239298265edb600163bbc26e47.jpg


         それでは順番に写真を掲載します。レストランの中ですから、スマホで
         しかもフラッシュ無しで撮りますので多少はボケてますのであしからず。
         (温泉ブログの料理写真は照明を当てているのね、あれって)



IMG_0312.jpg

          メジマグロのづけ 有機ニンニクとアンチョビのソース


IMG_0314.jpg

           
          とろろ昆布をまとったサメガレイのポワレ エシャロットと豆のソース


IMG_0323.jpg

          麹とハスカップでマリネした赤平鴨のロースト ズッキーニのクーリ。
          この青いドロッとしたのがクーリといい濃いソースみたいなものです。


IMG_0318.jpg


         肉に合わせて赤ワインが注がれています。僕のほうでは白もお代わりで
         注いでくれてました。


IMG_0327.jpg

           紫蘇のジュレヨーグルトのソルベ



IMG_0331.jpg

          苺大福のようなショートケーキ アングレーズソースとアイス



IMG_0333.jpg

                 完食です。グラスも空けています
               

IMG_0334ghfy.jpg


                 カフェと小菓子


□  ワイン会なので、それぞれワインの説明がされますが、ごくさりげなくです。詳しくお聞きになりたい
   ときはそれなりに説明が追加されます。一応、全部にパンフがあり、例えば2杯目と3杯目では
   一緒にグラスに注がれ、違いを味わってくださいと説明を受けました。

   
2017年第4回ワイン会ロワール0002


          上は プイィフュメ ボワフルーリーのテイスティングコメント シニアソムリエの
          福田さんのレクチャーです。3杯目のサンセールとの違いはスモーク香りがあり
          それを比べて欲しいという事でした。確かにスモーク香があり、樽の香りについ
          て話しましたが、これが樽によるものかは聞きませんでした。樽でなくても
          スモーク香がある場合があります。ロワールの白ワインと言えばすっきりとした
          酸味とミネラル感みたいなものが特徴と思ってますが、そのイメージに近かった
          です。料理の最初に楽しむのにいいかもしれませんね。



2017年第4回ワイン会ロワール0001
          

          ワイン会と言ってもそんな堅苦しいものではなく、お手軽に味わえる食事会
          として、おばさま達がご利用しているという感じですね。
          ワインについて会話しているような感じ全然しませんでした。

          値段が一人12,000円から16,000円でこれだけのお料理が出るのですから
          通常の半分で済みます。特にシャンパンの時はすぐに満杯になりますし、ボルドー
          も人気のようです。自分たちのところへは郵送で案内状が来るので分かりますが
          
          そうでない方はHPを3月終わりから4月の始めでしょうか、HPを見るか問い合わ
          るしかしないと、毎回20名定員なのですぐに予約で満杯になってしまいます。

          ぜひ美味しいワインとお料理を味わいたい方はこのワイン会をお勧めいたします。
          では次回のワイン会、アルザスでまたご案内いたします。




          
          



NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount