FC2ブログ

箸休め・コートドール9月ワイン会 ブルゴニュー 9月27日

□ 今回はブルゴニューです。フランス産ワインの双璧の
 片方、しかもボルドーと違い単一種に拘る製法のゆえか
 「ワインの王」と称されてます。コートドールの名称も
 ブルゴニューの畑から来ています。黄金の丘という意味
 です。11月のボージョレーもブルゴニューの畑です。
 (本来的にはネゴシアンとドメーヌの違いがありますが
 福田さんに聞いてね)



0181d2ebd65f78d3bc4d479a5e65b5d1e0dd07c9a0.jpg


 さすがにこのブルゴになってくるとテーブルも満席に近く
 なってきますね。JAPANなんか我々が出席していなけ  
 ればかなり寂しい状態で・・・
 でも、こうも違ってきますかね。JAPANも応援してますけ
 どね。


mnjhuy5647.jpg


   
  お決まりの撮影ポイントで


oiuy987ZZyy.jpg


 いったんラウンジで男性は待ちます。その間
 女性は化粧室でお洋服のチェックを。
 コートドールは外から入ってきてもこれが
 あるので落ち着けます。いきなり雨と雪を
 払いのけて着席はないです。ウエイティング
 ルームがあるのはコートドールだけですね。
 ホテルは別にしても。

 そろった後に、「お席にご案内します」となりま
 してさらに階上へ。



01f2eee7f4d635663f39867ce492881bd44e09a603.jpg


  着席してすぐにいただきますが、すでに
  チーズのプレートを予約してあります。特に
  今回はロックフォールの大盛りという事で。
  通常はワゴンサービスですが、ワイン会な
  ので予めお任せで用意してもらっています。
  しかし、ワインにはチーズはなくてはならない
  もので。
  

□ 最初は一口のスナックから

gtres357zz.jpg



  子羊のパテ(美味しいね、やはり道産子は羊ですね)
  それにミニ青トマトのピクルスのようなもの。
  絶妙の酢加減でした。


017c805e7b6a5575ebaacfc71cc7984e7d9a7509ce.jpg

  これはいつものマイタケのペースト
  チーズサブレをヒマワリの種の上で。


第6回ブルゴーニュ

  最初はスパークリングからこれは
  ピノ、シャルドネ、アリゴテ、ガメの
  4種のようです。


01244d9c695c9b6d13b4a6c2fe4d79dd7a7d53f829.jpg

  先ずはシャンパンで乾杯から始めます。
  何に乾杯かと言いますと、こうやってワイン
  会に参加できましたことに。


□ 帆立のポワレ 栗のピューレとジャガイモ

018a98d0b4fc01934d54dc0eab838d07c8f4d28e66.jpg


  栗のピューレとは季節感があってオシャレ
  ですね。ジャガイモは小さく切ってあって
  歯ざわり用です。


第6回ブルゴーニュ0001


  2本目はアリゴテ、このへんはさらっと評価
  なしで


□ メヌキの炭焼 大麦のリゾットとメヌキ肝醤油

IMG_1380.jpg

 
   見て下さいほとんど生、でも炭焼で火は通
   ってます。こんなメヌキを食べたことはないで
   す。絶妙の火加減ですね。


第6回ブルゴーニュ0002


  3本目は旨いと思えば、ピュリニーモンラッシェ
  福田さんの説明が良く理解できなかったのです
  がコメントにあるように、良いシャルドネの要素が
  全て兼ね備えられているお手本のような優等生。
  とあります、
  「これでB、Bとは恐れ入りましたと」とコメントして
  ますがB、Bってブルゴニュ・ブランの事?

01e4dfa2cf200cba6eaec07aa74fe30df107f99769.jpg


  深いイエローカラーとありますがその通りです。


□ 道産牛ハラミの炭焼 ニンジングラッセとエシャロット
  ソース


IMG_1388.jpg


  肉は牛です。これも炭焼で、炭焼とか炙りとかって本当
  に美味しいですね。この間、グリルの肉の焼き方を炙り
   でお願いしますって言ったくらいですからね、僕が。
  グリルで炭焼でお願いしますっていったら、びっくりす
   るでしょうね。




第6回ブルゴーニュ0003
第6回ブルゴーニュ0004


   ここから赤が2つ入ります。上のモルゴンは
   ガメイ種でボージョレーヌーボで使う種です。
   11月22日(金)が解禁パーティですね。もち
   参加させてもらいます。下國シェフになってか
   らは初めてです。期待してますよ。

   下のシャンベルタンは最後の〆に相応しい
   赤となりました。特急畑です。


0174fd72e83af0c1c64e25b0bfe49c6577cdcdc8e0.jpg


  これで完飲みです。空けると注いでくれますが
  殆どお替りしてると思います、少し残して打ち止め
  の合図です。他のワイン会ではお替りないところも
  あるらしいです。


□ しかもこれだけ飲んで食べて、最後はデザートも
  GOODです。

IMG_1389.jpg


  紫蘇のジュレとヨーグルトのソルベ


IMG_1394.jpg


  余市りんごのマルムラードとムース
  温かいファーブルトンとバニラのアイスと
  共に


  これだけ充実しているのはフレンチだからでしょうか。
  高級旅館に行っても、最後は季節のフルーツとか言
  って果物カットだけとかいうのは、どうかなと思うでし
   ょう。止めてよね。それで最後にご飯とお新香で〆る
  のもどうかと思うんだよね。


IMG_1397.jpg


   カフェと小菓子、エスプレッソをダブルで。


IMG_1395.jpg



0104be54feb61fc7ab3b19b3a29686314ceadefbc9.jpg


  これだけ飲むとワイン1本位飲んでますから、もう酔う
  寸前です。目がいってます。


01149c36fcb09e3442f775395818852431d0b23331.jpg


  おばさま方は賑やかですが、終わりころになりますと
  お帰りになり、しっとりと静かになりまして、福田支配
   人にお見送りされて、お店を後にします。

  今日も美味しゅうございました、また翌月のボルドーで
  お会い出来ますことを楽しみにしております。


qwer321ZZ.jpg



   ごちそうさまでした。下國シェフにメヌキが美味し
   かったと言っておいてください。


スポンサーサイト



箸休め・コートドール8月ワイン会 プレステージシャンパニュー 8月30日

□ 月例のコートドールワイン会です。今回は
  シャンパンで多少普段よりはお高いですが
  ほぼ満席でした。皆さんのお好みの様です

01f0a69f29966a24a32015a7f90b13e643a756b889.jpg

  もう8月も終わり、日が暮れるのが早くなっ
  てきてますね。外で写真を撮れるのも最後
  でしょうか。


□ それではメニューからご紹介します。
  先ずは一口のスナックから。

012e5b48aaa6fa42ab8481b36211dcfdff6170572e.jpg

  大きなキノコの塊は乾燥した
  マイタケです。オブジェです。
  写真のほかに1品あります。


012b375dd0d77dc8ca3abcbbcb0f8750dfa0c92e4a.jpg


   下國シェフはとても繊細で良く
   小さな食用花を使ってくれます。
   以前のコートドールではあまり
   なかったように思いますが。


kito4598rr.jpg


  今回は前回来たときにチーズのプレートも
  予約しておきましたので、最初から出して
  くれましたが、撮影を忘れていました。



コートドール201908台紙

   シャンパンもワインも5種でこのように
   台紙の上に置かれます。左からです。


コートドール201908

  最初は好きなボランジェからでした。
  このように説明書きが添えられます
  が特に説明はありません。熱心に
  読んでいるのは僕位ではないでしょ
  うか。奥さんもパスです。



019ada892aec10af63f37db3f2fcf0ea6fd449e42f.jpg


  他のシャンパンに比較して本のわず
  かにスパイシーな香りがします。
    

□ 料理は噴火湾産の穴子のフリット
   焼きピーマンのジュと三升漬け

0131186f8f4418e59b411b745d912351cd6deeb586.jpg


   前回もそうでしたが、瓶の色 
   にソースを合わせることはしない
   ですよね。偶然でしょうか。


fgrtyo45897.jpg


   奥さんもシャンパン好きです。
   女性には最初からシャンパンを
   勧めたほうが良いかもしれませ
   んね。デイトにどうぞ。


コートドール2019080001


   2本目はG.Hummで大変に珍しい
   ボトルです。赤いラインのところが
   窪んでいるんです。アタックは力
   強くフレッシュです。

□ 平目のポワレ 緑豆とフェンネル肝
   醤油ブルーブラン

01d845d6d2c872c98dbac9929de253780409f04ca0.jpg


   良く使われるブルーブランは
   白バターのソースで肝醤油に
   非常にあいます。醤油とバター
   と言うのは相性がいいです。
   ここでもフェンネルの花をあ
   しらってますね。



017a54b695ca9436a369e28938de55dca53189fc3d.jpg


   こうやって比較すると微妙に
   色も違います。ディスクとは液面
   の厚みで粘性が強いと厚くなり
   ます。一応勉強のために見ます。


コートドール2019080002

コートドール2019080003

   3本と4本が続きました。ポメリーと
   なんと初めて飲みましたがドンペリ
   です。この辺になると舌が慣れてく
   るのか、それほど美味しいと感じま
   せん。どちらかというと優しい味で
   す。

□ ひまわり畑のポークの炭焼 ラタトゥイユと
   エシャロットソース


0117cb5e519873710e39a45b091aa37addb34c27f4.jpg


  手前の茶色のソースがラタトゥイユと
  エシャロットのソースです。野菜をペ
  -ストにしたようです。このポークに対して・・・・


コートドール2019080004


  今日の目玉です。なんとボランジェの赤ワイン
  です。珍しく赤があるなんで初めて知りました。
  スパークリングではありません。スティルとは
  発砲しない普通のワインです。


01a8dbb4a77e8d2876190e2d951723949cdf97dacd.jpg

  綺麗なルビー色で赤はこうで
  なくてはね。


gjkti4568.jpg


 ティスティングは福田さんですが、一生忘れられ  
 ない一日になったでしょう、とありますが、その
 通りです。前の2本分の小売価格らしいです。
 味的にはボルドーとブルゴーニュの中間のような
 本日の一番美味しいワインでした。

□ デザートには紫蘇のジュレとヨーグルトのソルベ
  それにシャインマスカットと白ワインのムース
  柑橘アイス


019a0e7f7561ae92aaedf1e9182a101957f8ffa992.jpg

 このボールのアイスは最初に口に入れた時
 固いんです。ホワイトチョコでコーティングして
 あるんです。びっくりしました。下國シェフが
 各テーブルに挨拶に来られた時に、開口一番
 このアイスを褒めさせてもらいました。


010608fc77723caff1f174af62fb101bc53081ac42.jpg


 最後は紅茶と僕はエスプレッソをダブルで
 それでたりなくてまたお替りさせてもらいました。


01981a2a51151ae22efe7279b6ebdd416f12045e27.jpg


 宴の後です。ボトルを見ただけでも高級感
 伝わってきますね。


016062e5ac9319f92daadacdb5e9414f73224b70fb.jpg


 今日は下國シェフと記念撮影をさせてもら
 いました。


01227080cb23b8efb68dd0ccfe128ea16ec64df289.jpg


 本日も楽しゅうございました。また来月も
 よろしくお願いいたします。




   〇編集後記 
     コートドールは創業1990年です。今年で
     30年目になるわけですが、その頃から
     通わせてもらってます。もちろん
     たまにですが。ワイン会は最近からです。
     これだけ飲めて、いろいろ教えてもらって
     この値段は安くお勧めできます。ぜひ
     どうぞ。来月はブルゴニュー、ボルドー
     と続きます。ワイン会ではありませんが
     11月は今年の締めでボージョレーと
     なります。



  
     

箸休め・コートドールワイン会7月 ドイツ編

□  月例のコートドールワイン会です、今月はドイツ編です。
   先ずはHPから画像を添えて



コートドール123
コートドール1234



      今回はドイツですが、フランス語も覚えられませんがドイツ語も
      面倒なので、かなりスルーしました。発音から言えば日本人に
      とっては、言いやすいと言われてますが。

     
コートドール12345

      今回は玄関を入った、階段の入り口で撮りました。
      コートドールはこのワンクッションがあって高級感が
      あります。


□ それでは早速、料理とワインから、先ずは一口スナックです。

IMG_1244.jpg

     1cmほどの大きさのスナックですが、小さなお花が
     ついてます。そのほかに2種あります。


コートドール12345b


      最初はお決まりでシャンパンから始まります。

4回ドイツc

   
      このようにテイスティングコメントが書かれてあります。
      詳しく聞きたければ、いろいろ優しくレクチャーしてくれます。
      見ても分かりますが、濃いめのイエローです。アフターに
      やや苦み。
 
      
□ 帆立のたたきトマト水のジュレ発酵豆乳の実山椒

コートドール12345d

      ジュレの夏らしい1品ですね。


4回ドイツ0001c


      ドイツワインと言うとなんとなく甘い印象も
      ありますが、辛口で、近年のドイツワインの
      申し子みたいだと書いてあります。瓶も
      モダンです。


□ 羅臼のキンキの炭焼 ソバの実とあや 肝醤油ソース


IMG_1253.jpg


   キンキは温泉旅館でも定番ですが、煮るか焼くかですから
   フレンチはやはり一味も二味も違うと言わざるを得ません。
    
   肝醤油のソースも良く出ますが、やはりフレンチは
   ソースです。


4回ドイツ0002c

4回ドイツ0003c

      ここからロゼに入ります。


コートドール12345e


□ 赤平鴨のロースト 焼きナスとブロッコリー 新生姜ソース


IMG_1256.jpg
IMG_1251.jpg


      チーズは奥さんの好みで別注です。ロックフォール、ウオッシュ、
      シェーブルその他、やっぱり本物は違いますね。いつもオーダしま
      すが、チーズ好きなので、いつもよりボリュームを増やしてくれました
      でしょうか。


4回ドイツ0004c

      チーズはメインの後で、少し赤ワインを残しておいて
      一緒に頂くのが通でしょうか。フランスでは山盛りの
      チーズに新しい赤を開けるかも知れませんが。

      赤ワインを楽しむための礼儀みたいなものと
      思います。肉だけではもったいないです。

      ワイン会ではグラスが空けば、必ず注いでくれます。
      もういいという事であれば、少し残しておけばいいです。




□ あとは紫蘇のジュレ ヨーグルトソルベは同じで
   ココナッツ風味のブランマンジェ 牛乳のシャーベット添え


IMG_1266.jpg


   見た目普通ですが、非常に美味しかった
   です。


□ 最後にカフェと小菓子でエスプレッソと紅茶で〆です。


コートドール12345g

    さすが洋菓子もやっているコートドールですね
    最後の小菓子も実に丁寧です。


019519aa2cb8987015f3e84e9b4ace2dd284cf4758.jpg


     最後のお喋りは軽く冗談で


コートドール12345h


     この時点で日ハムのゲーム差が1.5位だったかな。
     6ゲーム差もあって優勝圏外かと思われましたが
     復活してきました・・・・・的なおしゃべりで終わりです。

     豊平川で花火大会があったのですが、あいにくの
     小雨の中でしたが決行したようです、

     短い北海道の夏です、来月のワイン会で
     夏のおわりでしょうか。来月はシャンパンプレステージです。
     5種全てシャンパンです。ご予約はお早めに。






箸休め・2019コートドール6月ワイン会 イタリア

□ 定例のワイン会です。今回はイタリア。イタリアワインは実はフランスを抜いて
  出荷量第一位なのです。イタリアでは水よりワインのほうが安いとか言って
  ガバガバ飲みます。昔馴染みのイタリア料理店に行ったら、一升瓶みたいな
  ワインで注いでくれました。イタリアワイン恐るべしです。

  (ご無沙汰しております、アンドレアさん)


IMG_1196cc.jpg


    コートドールはフレンチレストランなので、ワイン会と言えども
    居酒屋と違って格調高いです。ネクタイはしませんが
    ジャケットで行かせてもらってます。


OTE987.jpg

    ↑HPから クリストフルのカトラリー、ウエッジウッドのプレート
     ひっくり返せば分かります。グラスはどうなんでしょう。今度聞いてみよう。
     コートドールならバカラというのもありでしょうね。


016c2b0994b63fceebc9bb5ef1110ac034a1d6edba.jpg


    テーブルに飾られている小さなお花、一階がフラワーショップなので
    品がありますね。

□ 先ずは一口Snack

IMG_1203.jpg


   前回もありましたが、ナスタチウムの葉、見た目に完全に
   アマガエル風です。


IMG_1201.jpg


    周りについているのは、お米を揚げたものです。今回はわかさいもの
    包み物はありませんでした。どうしてと聞いたら、他にもいろいろ
    出すものがありますからとお答えになってました。


01b3dba0020b7565198c5ef501605be804523545d4.jpg


    ここからワインが始まります、最初はスプマンテ(スパークリング)を
    フルートグラスで。


ワイン会イタリアF

   やや見てもグリーンがかっているのが分かります。イタリア
   フェツラーリ社のキングオブスプマンテと言われる1品。


□ 花咲カニと長芋のタルタル グリーンアスパラのソース


IMG_1204.jpg


   緑色のソースが出てくるとテンション上がります。
   どのカニを使っても美味しいでしょうね。まさか緑色の
   ワインには緑のソース、黄色のラベルには黄色のソース
   赤には赤で・・・・あわせたたわけではないでしょうね。
   


□ 活〆ホッケの炭焼 新玉ねぎのピューレと干物の香り肝醤油ブルーブラン


01f0ce27bdf97afdcf6f417d5a68caddee3879e494.jpg


    ホッケですよ、しかも炭焼なので香ばしい、それにこのソースですから
    実に美味しい、ホッケが旨いと思った初めての経験です。

    ブルーブランソースとは白バターたっぷりと白ワインのソースで
    白身魚のソースにはよく使いますが、ホッケに使うとは
    感心しました。最後にシェフが顔を出しましたので、奥さんが
    これを褒めてました。


ワイン会イタリア0001T

    白身魚にバッチリの白ワインです。


ワイン会イタリア0002


     同じ白ワインですが、色は濃いめの麦わら色になっています。
     マセラシオンと言って皮を漬け込んで要素を抽出したものです。
     野生酵母を使った自然派のワインですが、失敗すると雑味が
     でますでしょう。この間のJAPANのシュルリーはそう書きました
     がこれは美味しいと思いました。




□ 阿寒夏鹿のロースト 白ニンニクピューレ ウイスキーソース

018e411e09221b730420dda4b57cc204e0e7d2ea65.jpg


      どうですかこの赤身、女性にはとってもいいらしいですよ。
      霜降りが苦手な奥さんにとってはこの上ないらしいです。
      なにせ一番嫌いなのが、「エンガワ」の脂身ですから。

      僕にとっては物足りないですが、ウイスキーソースなんて
      大人チックでいいじゃないですか。ブランディーとかラム
      なんかも使って欲しいです。


014e5c671ee433634ca3a4aa3df1166e17085b6478.jpg

ワイン会イタリア0003


    バルベーラ100%ですからこのブドウの単1種です。
    この辺から赤に入っていて、別注ですが好きなチーズを
    頼みました。



01d5ae15dc1a4b3fa0a6d6750fc7332b06dc0217d4.jpg


    手前のアオカビ、ロックフォールは必ず入ってます。
    日本で言うとこのおしんこです。


ワイン会イタリア0004


     ネローダーヴォラという地ブドウらしいです。
     なんでも標高500m位のところで作っているとか。


□ あとはいつもの紫蘇のジュレ、ヨーグルトソルベは割愛しました。

IMG_1221.jpg


      これは夕張メロンとフローマージュブランのムースバニラアイス

      マスカポーネのチーズです。最後はイタリアのチーズで〆たのでしょうか。


IMG_1223.jpg




       小菓子とエスプレッソ、ハーブティを頂いて、今回も美味しく楽しく
       時間を過ごさせていただきました。

       今回はイタリアという事で、いつもよりお客さんは多かったです。
       コートドールのお客さんはそのへんゲンキンですよね。

       自分たちは全会出席で、そのほかに毎回出席風のかなり
       ご高齢のご婦人グループもいらっしゃいました。
       飲んで食べてお喋りは元気の源のようです。


       





箸休め・2019コートドール5月ワイン会 JAPAN

□ 月例のワイン会です。19時に着きましたが、まだ外は明るく新緑の緑が
  爽やかに感じられる季節ですね。


01656c276d5a9ed108cbf382fe7ea25d5bb6beed15.jpg

□ 今回はジャパンです。前回に「北海道」と言うのがありましたが、今度は「日本」になりました
   もちろん中には北海道産もあります。



□ 先ずは一口のスナックから

fdert3214.jpg


    わかさいもの包みはありませんでしたが、右のファルシーはカニ味で
    いつものパターンです。毛ガニの頭が堂々と出てくるのは北海道らしくて
    いいです。
    北海道は47都道府県で美味しい物が食べられるランキング常に第一位です。
    そして同じく美味しいものが食べられる市町村ランキングで札幌が第一位
    なのです。

     いつも美味しいものを食べさせてくれて感謝です。


第2回ジャパン


    料理にあわせてありますので、ワインも順に出します。これが千歳ワイナリーの
    スパークリングです。木村ビンヤード(農園)でケルナーと言うブドウです。

    もらうコピーには外観)香り)味わい)の3点表記になってますが、その中で
    味わい)だけを書き写しました。そのままのコピーです。

    スパークリングはどの料理にも合うので、当家でも最初からシャンパンで
    肉とチーズの時だけグラスの赤ワインを頼むようになりました。

    
□ つぶ貝炭焼きとクリスピースパッゲッティクリームソース


123456mki.jpg


  良く考えましたねこのレシピも、つぶ貝の炭焼に絶妙のソースです。
  全般的にここは海産物も多く、懐石とのコラボもやって欲しいくらいです。

  でもフレンチの奥深さはまた懐石とは違いますね。どちらも美味しいですが。


第2回ジャパン0001


  グレイス甲州です。三沢キュヴエが有名で、それを飲んでみたかったですが。
  これも国産ワインコンクールで賞を取っているはずです。

  ただ、自分的には味が複雑で、評価にほのかな渋みとありますが、やや
  スモーキのような香りも感じます。シュールリーといったかな、澱を残したまま
  旨味を引きだすとか言って、とにかく複雑なんです。僕は雑味が残っている
  ようであまり好みではありません。



□ サメカレイのポワレ 春レタスソテー とろろ昆布をまとわせて


01eac163955340a9662c37e579459a2ef7bbaf7bdd.jpg

 
  肉厚のサメガレイ美味しいです。とろろ昆布とかは和食ですが,昆布を
  カレイの皮に見立てて作ってあるとかだったかな、とにかく美味しい。


第2回ジャパン0002


      ソガというのは曽我さんのことで、ノマンデシは飲まんでしといううわさも
      あります。長野県おぶせしワイナリーで、ボルドーのようにアッサンブラージュ

      されてます。いわゆるブレンドで4種類になってますね。


01c5e350834d558e2e822bb2ca10aa0025b07f7858.jpg


      かなりまじめに飲んでますが香りについては良く分かりません
      白桃、ライチ、アプリコット、バラの香りとか

      ・・・・・・しますかね。


□ 赤平ピジョンのロースト 新生姜かおるソース


019a75e77dbb3da29f868b32b85981d351d71259d2.jpg


    鳩の肉です。脂身がないので奥さん好みらしいです。
    白く見えるのはゆり根ですが、軽く茹でただけで、生の様な
    シャキシャキ感が味わえます。


第2回ジャパン0003


    このへんから赤に入ってます。タケダは山形県のワイナリーです。
    軽めの赤ですね。


第2回ジャパン0004


    ツヴァイゲルトと言う聞きなれない品種ですが、北海道で開発されている
    らしいです。清澄度は中程度で澄んだ色ではありません。鹿肉ののような
    ものに合うと思います。


□  別にオーダして、チーズの盛り合わせをお願いしました。
   赤ワインがなくなったのか、ブルゴニュウの赤を出してくれました。
   やっぱりブルゴニューの単一種のあの澄んだ感じからして
   こっちのほうが好きです。


123654789hgty.jpg



□ イチゴと求肥 白餡のアイスバー


vgfrt587.jpg


   その他に紫蘇のジュレヨーグルトのソルベ
   カフェと小菓子も出ています。


01076f4540d9909b796e9a0fa24f188692b2ae201b.jpg


    店内の帰り際ですが、今日は空いていました。というか、みなさんしっかりしていて
    シャンパンは満員、ボルドーブルゴニュウーもそうでして、ワインの種類によって
    込み具合が異なります。


01cdf0aa7ff1f3a7e4f13cf72596aeddd06517b682.jpg


    記念写真は行けるという事で今回も2ショットです。福田さんもインスタしているので
    SNSは構わないようです。

    コートドールは食後にゆっくりできるので、食後酒として〆にブランディでも
    少し頂きたいくらいです。次回はイタリアでスプマンテ、キャンティ、バローロ
    ですかね。みなさんも是非出席してみて下さい。

    今回も美味しゅうございました。




NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount