箸休め・フレンチレストランモリエール

□  日本で数あるフレンチレストランで三つ星をもらったのは、3軒しかありません。(2017年)
   その一つが札幌のモリエールです。あとはジョエル・ロブション(東京)、もう一つは・・・は忘れました。

   モリエールは札幌の老舗で、30年も昔から円山の同じところにあります。有名になったのは2008年の
   洞爺湖サミットで、料理の監修メンバーになってからです。

   今は大変に有名になり、シェフの中道さんは「ごちになります」にも出てましたね。(見なかったけど)
   今回はそのモリエールに行ってきました。道外から予約される人も多く、なかなか電話が繋がりません。
  
   道内のフレンチレストランは東京に比べればリーズナブルで、ロブションの半分、一番高いディナーの
   テロワールで15,000円です。

   それでは皆さん、三ッ星のレストランモリエールにご案内いたします。


IMG_0374.jpg


          開始が早く17時半からです。ドレスコードはありませんが、ジーパンで
          行ったら入店をやんわり断られたと言う記事がありました。一応
          ちゃんとしたレストランですからね。



           テロワール15,000円のメニュウです。要予約です。今回は
           メインのお肉が鹿ではなく仔羊に変更になってました。
           あとは概ね同じです。


01c90bb13c0644bab5b87c6a7a8d40f9b079b212c6nm.jpg


           セルクルで形どった玉葱料理、ここの食事はお気楽に食べられるという
           評判が多いのですが、手づかみで食べられるからですね。


IMG_0375mhj.jpg

        
           ガスパチョ


IMG_0376gty.jpg


           ニョッキ


IMG_0378.jpg



           この辺からモリエールらしくなってきまして、普通の大葉とホタテの
           天ぷらですが、蔓性の枝の中に飾られています。

           まだ前菜ですが、なかなか楽しませてくれます。


IMG_0394.jpg


           シャンパンにしてます。二人で1本飲むとなるとシャンパンを通しで飲んだ
           ほうが量的にちょうどいいかなと言いう感じですね。

           ブルーノ パイヤール ロゼ・プルミエール‣キュヴェ・ロゼ
           23,000円です、あとからネットで調べたら税込み8,185円でした。(涙)
          
           ワインに関しては、さすがショップを併設しているブリックのほうが
           リーズナブルですね。(シャンパン飲んだ時に、楽天でもこの値段です
           って聞いてもいないのに言ってました)


01133860e1f90464df2a011e63b15706d097346473.jpg


           ここの特徴の最大のポイントは野菜です。マッカリーナの売りにも
           なっていますが、大変に野菜が繊細で美味しい、中のソースとやさしく
           かき混ぜて食べてくださいとの説明があります。


IMG_0380.jpg


           ウニです。緑色にみじん切りしてあるのはオクラで、下のクリーム状の
           ものと一体となってトローッとしてます。フレンチのウニも美味しいのね(^^♪


IMG_0383.jpg


           奥さんもモリエールは好きと言ってます。好みらしいです。


IMG_0388.jpg


           鮑です、ソースはイカスミでリゾット添え


010d12fd7ad4e289bc3635b5f08921bac92ee7ff13.jpg


       口直しの洋ナシのシャーベット、その場でブランディーをかけてくれるんですが
       調子に乗って、一杯お願いしますと言ったら、きついのなんの大人の味でした。



IMG_0392.jpg


      ここでメインが仔羊です。利尻のプレ・サレと言って塩分を含んだ草を食べている
      らしい。大変に貴重で本州のほうにもっていかれるので、確保するのに大変だって
      こぼしてました。

012869ad46f6170f1a2f886f55443a779f938aa618.jpg


       こんな会話ができるくらいだから、皆さんかなりフレンドリーですよ。


01c2d18ad164d70b07fad400a78ce293f891e1aeef.jpg


       シェーブルタイプのチーズ、これも手でOKです。


0119eb3caea7388d95cf9f5c19a597053256552ae5.jpg


           順番が逆になったかも、このへんからデーザトと小菓子と
           フルーツが出てきて、食後の食べ物がわんさかです。


IMG_0396.jpg


           フランスの家庭料理定番、イルフロタントです
           メレンゲなのでお早くお食べ下さいと言われました。泡が
           消えてしまうのね。



IMG_0395.jpg


           バウムクーヘンの原始的な状態みたいなお菓子が出てきて
           切り分けてくれます。


IMG_0401.jpg


           僕はエスプレッソになってます。


IMG_0397.jpg


          フルーツもあって、ブドウが出てきてます、


0147cec60a499169fad1dfe21f4c5a29e0b980b329.jpg


          右のミニトマトみたいなものは、飾りで、食べるためのものでは
          ありません。冷蔵庫に入れて一週間はもつとか言ってました。
          食べてしまう外人さんもいるらしいです。

          モリエールって狭いので会話が良く聞こえます。なんと言ったか    
          忘れましたが、気を利かせてブドウを追加でもってきてくれたのには
          参りました。

            

IMG_0399.jpg



          茶菓子でチョコレートもあるわけです。



0136210435c5dbfbc7543fd5acaa4295c4ad10c4d2.jpg



          モリエールというレストランは内外からいろんな人が訪れますので
          お店の人も観光客の扱いに慣れてますね。いかにして楽しく美味しく
          食べさせるかと言いう事にたけてます。30年前にも来たことがありますが
          雰囲気はまったく変わりました。食事の後のお見送りも暫く頭をさげられて
          いました。札幌の夜を楽しむのにふさわしい一軒です。
          (もちろんランチでもいけます)







スポンサーサイト

箸休め・コートドールワイン会 アルザス地方

□ コートドールワイン会 第5回 アルザス地方です。一人12,000円。

第5回ワイン会アルザス地方nbhg

         
       2017年のワイン会ではこれが最後になりました。最後ののシャンパン会は
       キャンセル待ちですが。

IMG_0353.jpg
IMG_0352.jpg
IMG_0360.jpg
IMG_0367.jpg
IMG_0371.jpg

第5回ワイン会アルザス地方0006


               料理の写真はこれで全てではありませんが今回も下國シェフの
              料理を楽しませてもらいました。ワイン会ではなく今度は本格的な
              ディナーを楽しませてもらいましょう。



010d2acba773a15d82c2e4a6f25f79ad66b01f09d1.jpg


             コートドールの良さはこのフロアーの広さですね。
             女性のお客さんでいっぱいでしたが、隣のテーブルの
             会話に気にすることもなく、落ち着いた時間を味わえます。

第5回ワイン会アルザス地方0002

IMG_0359.jpg


             2013年物 ピノ・グリ  

             このほかのワインもティスティングコメント付きですから
             これは良く分かりますし、勉強になります。自分の感想との
             違いも確かめられます。料理もリーズナブルですので
             お勧めいたします。



箸休め コートドールワイン会 第4回目 ロワール地方

□ 第3回目ブルゴニュー地方も参加してますが、ネタかぶりなので飛んで、今回の4回目
   ロワール地方をご紹介します。

  IMG_0333ngyh.jpg


     18時からですが、さすがにこの時間ではまだ明るい季節になりました。
     以前にもご紹介しましたが、月1回のワイン会で、全部で6回あります。
       
     2回目のボルドーは用事があっていけず、最後のシャンパン会は人気があって
     キャンセル待ちの状態になってます。

     来年から、案内がくれば早速返事して、全部参加するぞという脅かしにも似た
     返事をすることにしました。そうだパンフが来る前に出席の予約を入れておきます。


□ グラスが5本並べられていて、料理に合わせてワインが注がれます。料理最初は
  アミューズからです。僕の持っている「わかさいも」の包みに入っているのはお菓
  ではなくラタトゥイユです。シャレなんです。ここの親会社さんですから。



011363a4d7a65812239298265edb600163bbc26e47.jpg


         それでは順番に写真を掲載します。レストランの中ですから、スマホで
         しかもフラッシュ無しで撮りますので多少はボケてますのであしからず。
         (温泉ブログの料理写真は照明を当てているのね、あれって)



IMG_0312.jpg

          メジマグロのづけ 有機ニンニクとアンチョビのソース


IMG_0314.jpg

           
          とろろ昆布をまとったサメガレイのポワレ エシャロットと豆のソース


IMG_0323.jpg

          麹とハスカップでマリネした赤平鴨のロースト ズッキーニのクーリ。
          この青いドロッとしたのがクーリといい濃いソースみたいなものです。


IMG_0318.jpg


         肉に合わせて赤ワインが注がれています。僕のほうでは白もお代わりで
         注いでくれてました。


IMG_0327.jpg

           紫蘇のジュレヨーグルトのソルベ



IMG_0331.jpg

          苺大福のようなショートケーキ アングレーズソースとアイス



IMG_0333.jpg

                 完食です。グラスも空けています
               

IMG_0334ghfy.jpg


                 カフェと小菓子


□  ワイン会なので、それぞれワインの説明がされますが、ごくさりげなくです。詳しくお聞きになりたい
   ときはそれなりに説明が追加されます。一応、全部にパンフがあり、例えば2杯目と3杯目では
   一緒にグラスに注がれ、違いを味わってくださいと説明を受けました。

   
2017年第4回ワイン会ロワール0002


          上は プイィフュメ ボワフルーリーのテイスティングコメント シニアソムリエの
          福田さんのレクチャーです。3杯目のサンセールとの違いはスモーク香りがあり
          それを比べて欲しいという事でした。確かにスモーク香があり、樽の香りについ
          て話しましたが、これが樽によるものかは聞きませんでした。樽でなくても
          スモーク香がある場合があります。ロワールの白ワインと言えばすっきりとした
          酸味とミネラル感みたいなものが特徴と思ってますが、そのイメージに近かった
          です。料理の最初に楽しむのにいいかもしれませんね。



2017年第4回ワイン会ロワール0001
          

          ワイン会と言ってもそんな堅苦しいものではなく、お手軽に味わえる食事会
          として、おばさま達がご利用しているという感じですね。
          ワインについて会話しているような感じ全然しませんでした。

          値段が一人12,000円から16,000円でこれだけのお料理が出るのですから
          通常の半分で済みます。特にシャンパンの時はすぐに満杯になりますし、ボルドー
          も人気のようです。自分たちのところへは郵送で案内状が来るので分かりますが
          
          そうでない方はHPを3月終わりから4月の始めでしょうか、HPを見るか問い合わ
          るしかしないと、毎回20名定員なのですぐに予約で満杯になってしまいます。

          ぜひ美味しいワインとお料理を味わいたい方はこのワイン会をお勧めいたします。
          では次回のワイン会、アルザスでまたご案内いたします。




          
          



箸休め・帯広 豚丼とん田

□ 十勝オーベルジュに行く前に、豚丼食べにいきました。十勝と言えば豚で有名です。
  

IMG_0247.jpg


          その中で常にランキングの上位にいる人気のお店「とん田」に行ってきました。
          見てください上の写真を、観光シーズンに300人並んだと書かれてます。



IMG_0255.jpg


          お昼時ですが、10人くらい並んでました。平日だからこの位なんでしょうか。
          お店の中にも5人くらい待っています。


          十勝と言いながら帯広って書かれてますが、十勝というのは支庁の事で
          十勝平野みたいな大きなエリアを言います。

          その中で支庁所在地が帯広市です。この辺が良く分からないんですね。
          帯広というより、十勝というほうが言いやすいです。


IMG_0249.jpg



          豚肉大好きで、以前からここに来た時に食べたいと思っていたんです。
          これは僕の食べたバラ肉とロース肉の合わせ丼です。

          手切りで切っているので肉が厚いです。網焼きではなくフライパンで丁寧に
          焼いてます。タレが秘伝で決め手はこのタレですね。多めにかけたい方には
          タレも付いてます。

          好みですが、油身の多いバラ肉のほうが豚好きな人にはたまらないんじゃ
          ないでしょうか。嫌味な油身じゃないので、豚の美味しさがそのまま味わえます。


IMG_0253.jpg



          奥さんはヒレですね。少し食べさせてもらいましたが、こちらも柔らかいですが
          豚好きとしては物足りなかったな。


IMG_0248.jpg


         お店が少し空いて来たので、写真撮らせてもらいました。このほかに
         小上がりがあります。大きなテーブルに相席なので、みんな一言も
         喋らず無言で食べてました。

         このお店に300人も並ぶんだから、店主違うところにもっと大きなお店
         つくったらと思っちゃいました。豚丼680円で安いです、家庭的な雰囲気で
         良心的にやりたいんでしょうね。



IMG_025512457.jpg
         
         
        それでも駐車場を用意したようで、近くのコープの手前に作ったみたいです。
        グーグルの写真ではまだ未整備になっていますが、写真左の空き地です。

        お店の裏には3台くらいしか駐車できず、違法に路駐してますから、ここを
        利用して下さい。場所はナビ使ってやっとわかるような場所でした。







箸休め・コートドールワイン会第1回シャンパニュー地方(スタンダード)

□ 年6回あるコートドールのワイン会です。第一回のシャンパニュー地方に参加してきました。
  コードドールは今年1月より4代目シェフ下國氏に代わり、料理の味を知りたくて、行ってまいりました。


COTEDOR021.jpg

        
              雰囲気的には、文句なしの大好きなレストランですね。一階がフラワーショップで
              螺旋階段のようにして上がった2階にレストランがあります。


COTEDOR030.jpg


              お決まりの撮影ポイントです。


COTEDOR015.jpg


             ウエイティングBARがありますので、ここで待ち合わせをしたりして
             くつろげます。これがあるのは、札幌ではコートドールだけです。



COTEDOR020.jpg



             見てください、コース料理は7品ありますが、デザートを含めてシャンパンが5種類
             予め説明書きの上にグラスが置かれています。全部飲むと500ミリリットルくらいに
             なりますので、1本軽く飲み切れない人は、もったいないですよ。


COTEDOR019.jpg

            先ずは前菜から始まり、ニコラフィアット ブリュット ブランドノワールという
            シャンパンから始まります。

01e21ca167037e811a2da6e2ebd4f43edd516b73ae.jpg


           この季節は何といってもアスパラですね。
           ホワイトアスパラと子牛腿肉温製 あおさのオランデーズソース

           (おつまみ程度の料理かと思ってましたが、本格的なコース料理が
           出てきました。今までのシェフとは香り遣いがちと違いますかね)


COTEDOR014.jpg


           ソイのポワレ ヒトビロの香りを移したバターソース
          青い野菜はアイヌ葱です。春の山野草ですが、季節の取り入れ方が
          嬉しいですね、


01c8063a96ea96bf47a1e61cb12a1195472b47058f.jpg



           肉はあべ牛ハラミの炭焼きエシャロットのコンフィ
          です。甘めのエシャロットにはここからロゼだったんですね。
          合わせてきたのはシャルトーニュ タイエ ル ロゼです。
          添えてあるのはタケノコです。フレンチでタケノコですよ。



COTEDOR018.jpg



           紫蘇のジュレとヨーグルトのソルベ



01cb8539b7828f71be16f3bb66d2415f06ad36caff.jpg


         求肥をまとったホワイトチョコレート ヨモギのソルベとハスカップ



011dc69adbaf84b522998d18d979ac01ec13ce1d85.jpg

     
                  カフェと小菓子
                  (マカロンが山葵なんです)


0184096e119edec96c54b5a43b7d8f8b2e550e8b68.jpg


              結局は最後のほうまで、時間を楽しんで帰りました。
             帰り際、下國シェフが各テーブルに挨拶をしてました。
             こんなこともコートドールでは初めてでしたね。

             料理もフキノトウの葉、行者ニンニク、紫蘇、ワサビ等
             香りを楽しむものが多かったですね。それに合わせる
             シャンパンも果実のアロマがアタックで現れる、相応しい
   
             チョイスでした。これでサービス、税込みで一人14,000円
             はお得です。(各会によって少し金額は変わります)

             早速、残りのワイン会も最後のシャンパン会をキャンセル
             待ちにして、もう予約してきました。



コートドールワイン会3シャンパン


             これからのコードドール、楽しみになってきました。

             各会定員20名なので、興味のある方はコートドールHP
             をご覧になって下さい。

             次回のボルドーは予定があって参加できませんが
             ブルゴニューに参加してまいります。

             どんな料理とワインを出してくれるのでしょう。








NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount