FC2ブログ

98-5.層雲峡ホテル大雪 観光編

□ 札幌から層雲峡へは当然高速で行きますが、途中に北竜町のひまわりの里に
  寄り道ができます。7月15日から8月20日くらいまでは時期らしいですが、初めて
  行ってきました。


2017-08-11 ホテル大雪 028


      ただ残念、いつも花を見に行くと雨にたたれます。
      ひまわりの迷路に入っている途中で、小雨が始まり、早く出たいのに
      わかんなくて困りました。


2017-08-11 ホテル大雪 022


      それでも写真は撮れて、この間の芝桜のように、まったく車から出れないのとは
      違い多少は救われました。



2017-08-11 ホテル大雪 033



        駐車場が無料です。たくさんの人がいて、ブースの処ではかなり
        にぎわってました。有名なひまわりのソフトクリームですが2つ食べました。

        層雲峡ホテル大雪編これで終わりです。





スポンサーサイト



98-4.層雲峡ホテル大雪 朝食編

□ 朝食も同じ食事処で個室になります。お品書きは無しで、写真でどうぞ。


2017-08-11 ホテル大雪 001

             夕食に続いて、期待を裏切らない料理ですね。


2017-08-11 ホテル大雪 005


             だいたいはお決まりの料理で、魚が各旅館で違いますでしょうか。


2017-08-11 ホテル大雪 007


            もう焼き魚で鮭にお目にかかることはほとんどなくなりました。
            昔はどこにいっても鮭なので文句を言われてましたが
            逆に朝は焼き鮭が食べたくなりました。鮭の皮をはがして
            吸い物に入れるなんていうのは、ほとんどの人は知らない
            でしょうね。



2017-08-11 ホテル大雪 004


           これも手作りのお新香っぽい感じでした。


2017-08-11 ホテル大雪 003
2017-08-11 ホテル大雪 006


            このキュウリはらせん状に切られてました。こんなところに
            ちょっとした感激ですね。



2017-08-11 008

           この梅漬けの大きい事、これ一個で2膳はいけますでしょう。


2017-08-11 005
2017-08-11 ホテル大雪 008


            デザートのパインですが、包丁が斜めに入ってました。


2017-08-11 011


             〆のコーヒを飲んで終わりです。

             ホテル大雪編はあと周辺観光を少し載せて
             終わりです。

             次回予告ですが、定山渓にできた新しい旅館「厨翠山」です。
             料理を見せるという新しいコンセプトで出来ています。

             
2017-09-07 厨翠山 042


              懐石のオープンキッチンです。ウエルカムは始めの1品として
              料理が供され、ビールが飲めたりします。


2017-09-07 厨翠山 115



              それでは次回の厨翠山は特別に詳しくお伝えします。




98-3.層雲峡ホテル大雪 夕食編

□  夕食です。これまた非常に印象に残ったものとなりました。失礼だったですが
   予想外だったです。前回の宿の夕食と比較すれば、その違いは写真を見れば
   すぐわかります。


2017-08-10 ホテル大雪 055

         個室へ向かいます。同じ仲居さんが待っていてくれました。
         ちょっと約束の時間に遅れましたが、あとから5,10分は遅刻に
         入りません、などと返すところは実におもろい(面白い)
         おばはんやないかい(おばさんですね)となぜか、関西系の
         のりになってしまいますね。


2017-08-10 ホテル大雪 057nbgh


          後ろの壁が、ハートを思わせるような綺麗な木質系のお部屋です。
          先ずは先付け、旬菜としておつまみが並んでいます。
          一瞬で綺麗だと思いました。



2017-08-10 ホテル大雪 059


          右の食前酒がシードルロゼです。


2017-08-10 002
2017-08-10 005

         ひとつひとつに手が込んでいて、料理人の思いが、伝わってきますね
         食べていて美味しいと同時に楽しいです。
         
         
□ 先付け   汲み上げ湯葉、天盛り、生生姜、ミョウガ、
□ 旬菜    桜姫鶏のトマト玉地蒸し、隠元ずんだ和えほうずき盛り、蓮根射込み明太子
         もろ胡塩麹付け、時鮭の蕗味噌焼き、よもぎ豆腐、タラバ蟹の紅心大根巻き


□ 酢の物代わり   夏野菜の揚げ出し、レモン酢
              (ズッキーニ パブリカ オクラ 南京小茄子 万願寺唐辛子)


2017-08-10 003


           料理の基本、3色  赤、黄色、緑
           実にその通りで、美味しそうに見えます。


□ 吸い物   蟹豆腐 ヨモギ麩  独活 つるむらさき


2017-08-10 012


          椀物を出すという事は、懐石を心得ている所作です。
          板さん自信がないと出さないですよ、椀が出てくれば本物。


□ 刺身   鎌倉造り  本マグロ 活蛸湯霜 ぼたん海老 クイーンサーモン唐寿身まぶし
         妻一式


2017-08-10 ホテル大雪 060


       これが凄いでしょう。本物のクラッシュアイス。冬の鎌倉を見立てたものですが
       外人さんなんか絶賛するんではないでしょうか。インスタ映えする逸品です。
       本マグロで分かる刺身、良い「割く」もってますね。


□ 焼き物  オニオニ 焼き玉葱のビーフシチュー詰めグラタン


2017-08-10 015

         温泉料理ももう100回目に近くなるのですが、これは今までに
         ないです。レシピとしてはないわけではないでしょうが、この忙しい
         夕食に仕込んでくるのが、ここの板さんなんですね。これだけ褒めるのは
         そう数はないです。


□ 温し物  ズワイ蟹の湯葉巻き フカヒレ餡 青味


2017-08-10 018


□ 強肴  ここでは二つのチョイスがあり一つは


2017-08-10 021

         ふらの牛鉄板やき 三種の薬味
         (ここでも赤、黄、緑で美味しそうに見せますね)



2017-08-10 024

         活アワビ鉄板焼き 肝付き


□ 食事  ふっくりんこに塩昆布 止椀で赤出し風 白かぶ 油揚げ  香の物
        この塩昆布 美味しいんですね。これなら白ご飯でもいいは。

2017-08-10 025


□ デザート 道産メロン ほうじ茶プリン シャーベット


2017-08-10 027


        マスクメロンは網目が細かいのが美味しいとされてますが
        それを見せているのでしょうか。

        もう出てくるもの全てに何がしかのものがあります。
        料理って、人ですね。奥さんの頼んだ梅酒にも梅漬けが
    
        2個入ってたのに喜んでました。

        こうなると朝食にも期待がもてます。
        リピートしてみたいですね。




98-2.層雲峡温泉ホテル大雪 お風呂編

□ 特別フロアー6F 和房雪花は全室禁煙で、それぞれにA、B,Cタイプと3種類に分かれています。
  そのうちBは黒岳側で、残りは渓谷側です。うりは柱状節理が見えるという事ですが実際は
  ちらっと出てるだけです。


2017-08-10 ホテル大雪 030


        露天風呂は使いやすく、鶴雅の鄙の座のような感じで、洗面所から
        そのまま繋がっているという感じですね。


2017-08-10 ホテル大雪 046


        渓谷の岩肌が見えるのがマグマが凝結した柱状節理ですが、木が生えたので
        普通の山肌になってしまったという事でしょうか。



2017-08-10 ホテル大雪 044



        泉質は単純硫黄泉で、温度の設定に少し時間がかかってました。
        38度くらいの低い温度で長湯するのが好きなんですが。
        大風呂は源泉で加水加温してないそうです。



vfgrtedswq.jpg



         ホテル大雪は大きく3つに分かれていて、6F和房雪花は西館です。すぐ上の7Fに
         大風呂があります。もう一つは別館大雪山荘で3Fに露天風呂があります。

         露天風呂ではありませんが、南館1Fにも大浴場があります。お部屋からの露天風呂は
         眺めが良く、特に夜は晴れていれば星が眺められるかもしれません。

         
         

98-1.層雲峡温泉ホテル大雪 お部屋編

□ 久しぶりのというか6、7年ぶりくらいの層雲峡です。まだブログを書いてない時代に来てます。
  あまり層雲峡自体にはいいイメージはもっていなかったのですが、ホテル大雪にきて
  かなり印象が変わりました。リピート候補になりましたね。それでは・・・



2017-08-10 ホテル大雪 020


         ロープウエイからの撮影です、写真中央の▽印がホテル大雪です。
         

2017-08-11 ホテル大雪 016


         だいたいが老舗の大型ホテルという感じで、イメージ的には
         ありふれた施設とサービスを想像してました。


2017-08-11 ホテル大雪 017

         HPも古くて一世代前のデザインです。内容は割愛しましたが。


2017-08-11 ホテル大雪 009


           大型のホテルというのはロビー勝負でしょうか、常に大きいですね。
           後半に出しますが、熊のハク製みたい(?)なものが飾ってました。


2017-08-10 ホテル大雪 026

          
            先ずは第一印象が、仲居さんが明るくて良くしゃべる。
            大阪のおばはんかと思いましたが、現地の人でした。
            のりのりで名刺までくれました。

            

2017-08-10 ホテル大雪 025

            ウエルカムはお部屋です。それでお部屋が・・・・



2017-08-10 ホテル大雪 039


           広くて綺麗です、特に床のピカピカフローリングが気に入りました。



2017-08-10 ホテル大雪 029


           真ん中の奥がお風呂です。広い洗面台もありますでしょう。
           ワンフロア―で間仕切りがないので、開放感のある感じしますね。


2017-08-10 ホテル大雪 047


           鶴雅や坐忘林に見られるデザイナーズ性ではないし、ふるかわのような
           古民家風のコンセプトではありませんが、高級感があります。



2017-08-10 ホテル大雪 053



           写真奥が寝室です。



2017-08-10 ホテル大雪 033


          落ち着いた感じです、思っていたよりは豪華なお部屋でしたが
          まだ新しいのでしょうか。        


2017-08-10 ホテル大雪 034


          それにこの眺望でしょう、夜にはこの河川敷から花火が打ち上げられました。
          秋には紅葉で綺麗でしょうね。
          でも大抵はリピータで予約されているはずです。だいたい半年前から
          予約して、取れるかどうか。一度宿泊したら、もう来年も予約して帰る
          お客さんもいるとかです。桜と紅葉の時期は予約、難しいですね。

          紅葉の時期に来てみたいなあ。

          次回はお風呂ですが、夕食はまた感動ものです。お楽しみに。









プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount