97-1.川湯第一ホテル忍冬 導入編

□ 川湯です。初めての宿泊です。

2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬mkhj

           
            グーグルからですね。近くには摩周湖もあり屈斜路湖もそして硫黄山も
            あって観光地としては周辺にいろいろです。途中に摩周湖に寄って
            来ました。ピーカンではありませんでしたが、綺麗に見られほっとしました。




2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 059



2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍vbdg

         川湯温泉に入って忍冬(すいかずら)が分からなく、ちょっと迷いましたが



2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬 029

             
         看板を見つけました。今回のお部屋はあの一番上の左側です。
         あとから間取り図で分かりましたが、左右少し違うようですね。



2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬sert


           HPです。ウイルスに汚染されやすいFLASH画面です。マルウエアに
           ご注意を。(詳しくはAdobeのサイトを)

           HPの基調はこんな風に黒ベースでとてもシックな感じです。建物は
           古そうなんですけど、館内はリニューアルしたのでしょうか。とても
           モダンな感じがしますね。


2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬 032


            玄関もオシャレです。



2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬 013


            今までにない趣です、漆器で作った忍者屋敷みたいです。
            忍冬って花の名前なんですけど、忍って怪しくないですか。

2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 102
2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬 011


          こういうテイストって好きですよ。でも他の旅行サイトではフロントが暗すぎて
          字が読めないってクレーム書いてる人がいました。


2017-06-17 十勝オーベルジュ・忍冬 015


         フロントですが、そこまで暗くはなかったと思います、明るくした
         のでしょうが。この漆黒な感じはお部屋まで続くのでしょうか。


2017-06-16 十勝オーベルジュ・忍冬 119


         とういう事で、次回のお部屋編に続きますが
         お目当ては露天風呂です。先にお見せしますが
         いいお風呂でしょう。
 
         それに面白いメゾネットだったんです。


           追伸 吸い葛(スイカズラ)が正しい名前でこの忍冬(ニンドウ)
              は別名らしいです。冬を耐え忍ぶという花らしいですが、
              忍冬と書いてスイカズラと読ませるのも正しいらしいです。








         
スポンサーサイト

86-8湯宿だいいち・大風呂編

□ だいいちの最終編になりました、大風呂にご案内します。
  混浴ではないので夫婦別々に向かいます。取りあえずは新館も含めてみんな行って
  まいりました。


湯宿021


     お風呂に使われるのはヒノキでして、壁にはヒバが多いです、ここもそうです。
     この若干黒ずんではきますが、こういうお風呂はたぶんですが、日本だけです。
  
     いい感じですね、特に湯温で何種類かあって、好みで入れます。長湯が好きな僕と
     しては38度くらいでゆっくりしたいです。お風呂に入りながらいろんな事考えました。
     思索の場所であります。  

   
湯宿022


     最近はみんな気を使うようになって、桶をひっくり返えして帰るようになりました。
     いい事ですね。


湯宿023



      餅つきのウスがあったりしますね、ここに入る人はいませんよ。



湯宿025


      どうですか、外のお風呂も入ってみたいですね。空気が美味しいので
      入っていても気持ちがいいですね。温泉の成分効果ってかなりあるんですね。

      露天風呂で温泉ではないところもあるのですが、湯上りが違います。


2016-10-22 湯宿だいいち 014


     あちらこちらに温泉のわき出し口があるようで、この↑の写真では対岸から温泉を
     もってきてますね。最初見た時になんの橋かと思いましたが源泉を引っ張ってきて
     るんです。


2016-10-22 湯宿だいいち 028



     ついでにお餅大好きな奥さんの為に、餅つきの写真をアップしておきます。
     僕は子供の頃に経験がありましたから、久しぶりでした。


2016-10-22 湯宿だいいち 031


    いまいち腰が入ってませんが、お餅はいろいろ美味しく頂けました。


2016-10-22 湯宿だいいち 012



    楽しくて、面白くて、フクロウが可愛くて、仲居さんが明るくて・・
    すっかりお気に入りになりました湯宿だいいちです。それではまた

    来年のどこかの季節でお会いしましょうね。









86-7湯宿だいいち・朝食編

□ 朝食です、レストランで頂きます、先ずは餅つきに参加して参加賞の
  タオルを狙ってます。そうしたら帰るときにフロントで写真を撮っていたんですね。
  それももらいました。

2016-10-22 湯宿だいいち 021

     最初のプレートです。手前が僕ですね。みんながメロン食べるので、すぐに
     補充してました。



2016-10-22 湯宿だいいち 020


     手作りの料理が一杯です。だいたい50品以上はありますね。


2016-10-22 湯宿だいいち 017


     家庭料理です。どこか懐かしい感じしますね。


2016-10-22 湯宿だいいち 019


     秋刀魚のかば焼きがありますが、たまにここの社長が作るそうです。
     だいいちのブログに紹介されてました。いい社長ですね。



社長さん

     社長さんも頑張ってますね。



2016-10-22 湯宿だいいち 038


     パンもあるんですよ、食べれません、餅も出てきますからね、餅も食べ放題です。



2016-10-22 湯宿だいいち 024


      これが牛乳なら、いつも自分たちが飲んでいるのは何なんでしょう。
      とっても美味しいです。



2016-10-22 湯宿だいいち 042


      良く振って飲まないと、上に固まってるんですね。鄙の座にも置いてあるので経験済みです。



      2016-10-22 湯宿だいいち 018


      昔なら、このおかずだけで2杯はどんぶりで食べてました。
      さすがに今でも食べれますが、出たお腹がもとに戻りません。








86-6湯宿だいいち・夕食編

□ 夕食編です、部屋食が選べます。(お部屋によっては違うかもしれませんが)
   「せせらぎ御膳」となっております。

   先ずは仲居さんがどーんと並べてくれます。


2016-10-21 湯宿だいいち 083

   早速、一杯やりますかね。僕は生ビールで、奥さんは梅酒をロックで頂きます。


□ 前菜  行者ニンニク醤油漬け  やまべの甘露煮 中標津ゴーダチーズ


2016-10-21 湯宿だいいち 087


□ 煮物    わらび ホタテ オクラ 生麩

□ 小鉢 きのこおろし和え 秋刀魚とキュウリの酢の物 


2016-10-21 湯宿だいいち 088


□ 鍋物 中標津ミルキーポークの豆乳しゃぶしゃぶ  


2016-10-21 湯宿だいいち 089


      綺麗な豚ですね、しゃぶで頂きます。


□ 後出しとして  お造り   おひょう ぼたん海老 ホタテ


2016-10-21 湯宿だいいち 086


□ 揚げ物 メンメの和風あんかけ


2016-10-21 湯宿だいいち 105


     北海道名物となりましたキンキです。普通は醤油煮ですが揚げてきました。
     このほうが骨まで食べられます。


2016-10-21 湯宿だいいち 098


      二人ともよく食べ良く飲みます。


□ 焼き物でチョイスがありまして、ここは稚内産の青つぶの壺焼きを頼みました。


2016-10-21 湯宿だいいち 107


     やはり貝類は美味しくてたまりませんね。


□ 食事  きのこ釜飯または紅鮭の釜飯のチョイスがあります。


2016-10-21 湯宿だいいち 110
2016-10-21 湯宿だいいち 113


    このおこげが出るところがいいです。


□ デザート バニラアイス または栗のムースになります


2016-10-21 湯宿だいいち 114


    品数としては普通ですがチョイスがいろいろあるところがお楽しみです。







86-5湯宿だいいち・お部屋風呂編

□ 露天風呂付のお部屋です。一応室内ですが窓が大きく、部分的に開きます。

2016-10-21 湯宿だいいち 031


      夜の写真ですが実に鄙びた風情です。なみなみのお湯と源泉かけ流しです。
      檜風呂と周りはヒバです。見ていても入りたくなりますでしょう。



2016-10-22 湯宿だいいち 004


     明るくなるとこういう風に外の景色が堪能できるようになっています。


2016-10-22 湯宿だいいち 036



     お風呂からの眺めは川上に向かってこういう感じです。滞在は10月の22日ですが
     紅葉は周辺に比較して遅いらしいです。仲居さん数人に聞きましたが、この日で
     ベストだと言ってました。(台風の影響もあって、紅葉そのものはちょっとですよ)


2016-10-22 湯宿だいいち 005


      下流の方向へ向かってはこの景色です。



2016-10-22 湯宿だいいち 007



      いいお風呂です、僕は肌が敏感なのか、温泉成分がきついと足が真っ赤になって
      痛くなります。と言いましても、ニセコの紅葉音くらいなものでしょうか、そうなったのは。
      ここも成分が濃いので少し赤くなりますね。



2016-10-22 湯宿だいいち 050


      結構いい温度で出てきますが、蓋をあけて水を出せばすぐに調整できます。
      温いお湯にして、ぼーっと入っているのが好きですね。そうじゃないと楽しめ
      ないじゃないですか。町の銭湯ではないのですから。


2016-10-22 湯宿だいいち 010



      かき回しの棒がありまして、今まで行った中では、一番柄が長いでした。
      面白くて、良くかき混ぜてました。


2016-10-22 湯宿だいいち 049



       アメニティもそろっています。


2016-10-22 湯宿だいいち 009



       洗い場も大きいですしね。何といっても広ければ景色を見て長湯を楽しんで
       ゆっくりできます。ビールは必ず持ち込みます。


2016-10-22 湯宿だいいち 055



       源泉かけ流しですよ、余ったお湯は床暖にしてから捨てているんですよね。
       なんという贅沢な国でしょうか。お湯どころか、水もない国がたくさんあるのに。

       アフリカなんか飲み水を取るのに10km先の井戸に歩いていくんですから
       日本はなんて幸せな国なんでしょうか。アフリカとは一緒になりませんが
       自然の恵みに大感謝です。




NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount