箸休め・坐忘林大辞典2018

□ 坐忘林の現在までを、まとめてみました。
  ご宿泊の参考にしてみて下さい。

  目次    (1)お部屋の分類について
         (2)露天風呂・石風呂と檜風呂について
         (3)各お部屋のデザインについて
         (4)食事について
         (5)総括


  (1)お部屋の分類について

     高原側と中庭側による景観の違い

     坐忘林のお部屋を分かりやすく説明するには、なかなか難しいものがあります。当初自分たちも
     まったく分かりませんでした。デザイン的に同じ部屋というものがありません。以前にはお部屋の
     グレードにデラックスとかスーペリアとかの記述がされてましたが、特段の違いもなく、その後
     なくなりました。現在は和室か、洋室か、次の間付のお部屋であるかの違いになっています。

     先ずお部屋で迷うのは、高原側にするか中庭側にするかです。



zabourintate5.jpg

    
     自作のCGです。着色してあるお部屋は泊まったことがあるところで、現在まで7室に
     なりました。電話にて相談をしたところ、承ってくれましたので、すべて重複することなく
     お部屋選びができてます。

     坐忘林は俯瞰図で分かる通り、4つのパーツでできており、それぞれに部屋番号が付いてます、
     これは宿側の呼び方で、公表はされていません。予約される方はこの番号は使わないでください。
   
     表的にまとめますと下図のようになります。



坐忘林部屋表

                          訂正 202外雪輪→外輪雪


      宿泊数による違い

      坐忘林はベッド数が2つなので、3人以上になりますと「次の間付」という和室に布団が追加
      されることになります。2人だと全てのお部屋が選択できますが、3人以上になりますと7室に
      選択肢が狭められます。



zabou104fg.jpg

      
     上図で▼印のところが「次の間」になります。高原側に4部屋あり、景観としては羊蹄山に近いという
     ことになるのでしょうか。この高原側と中庭側の景色の違いですが、開けているのは高原側ですが
     中庭側の景観が悪いとうわけではありません。



吹雪から高原へ

         遠い先は倶知安方面の街並みになります。

詩雪から中庭

        また同じ高原側でもお部屋によってはかなり景観が変わります。
        どのお部屋がベストであるとはなかなか言い切れません。


 (2)露天風呂・石風呂と檜風呂について


   どのお部屋も内風呂と露天風呂が付いてます。内風呂はすべて同じですが、露天風呂は  
   名物の石風呂があります。15室のうち6室しかありません。また石風呂のあるお部屋は壁が
   ガラスになっていて、内外から見てとても開放感があります。(ブラインド付きです)


初雪mkde

       ↑初雪から

初雪cder


       ↑同じく初雪 お部屋内部から

雪輪菱nghy

       ↑雪輪菱から

        
    それが檜風呂の「次の間付」だと」ガラスではなくクローゼット等の壁になります。


吹雪jbvgf
       
       ↑ 吹雪  次の間付で檜風呂の場合がこうなります
         3人以上になった場合に、プライバシーに配慮してこういう壁になったのではと
         推測できないこともありませんが、本当のところは分かりません。

         また檜風呂で、次の間付ではない参雪、弐雪、春乃雪はまだ泊まってはいないので
         ガラスか壁なのかはまだ分かりません。

         ただ、次の間付で唯一石風呂のある詩雪だけはガラス壁になっています。


詩雪asde


         ↑詩雪 このように内側からガラスになっています。


   (3)各お部屋のデザインについて

    基本的に洋室です。中山さんが純和室を設計したという話はあまり聞きません。
    和室というのは琉球畳にローベッドを置いたのを和室と称しているだけです。



部屋総合01


                      初雪                  雪輪菱
                      美雪                  曇雪         



             同じ部屋が一つとしてないという話もありますが、天井が白壁だったり
             フローリング材と同じだったり、フラットだったり、斜めだったりと
             見事に変わります。


曇雪bmgk


            自分としては雪月輪のローズウッド系の渋い感じが好きですね。


雪月輪説明


               雪月輪はここです↑   訂正 外雪輪→外輪雪

            
雪月輪01


            ただし雪月輪は一番端にあり、夏に見られる牛の放牧が眺められないとか
            そういう贅沢を言うと選択にきりがなくなります。


    (4)食事について


     7度訪れてますが、すべてお品書きは違います。ミシュランの5レッドパビリオンに
     選ばれてますが、リピートしてこそここの価値がわかります。


2016-11-24 坐忘林nkjy
   
        碗で分かるシェフの腕前ですが、もやは芸術です。
        

2016-11-24 坐忘林 swer

        口替わりとかお品書きに書かれていますが、山芋のプレートです。
        ここの名物らしいですね。


2017-11-24 坐忘林美雪swer


          これの変形バージョンですが、満室だと15室30個以上作るわけですが、自分だったら
         こんなに丁寧には盛り付けられないでしょうね。



   (5)総括

    お部屋指定というのは基本的にできないのが建前になっていますが、でも坐忘林側では 
    できる限りの相談に乗ってくれるようです。外人の宿泊客で1週間いたという話も
    聞きましたが、そういう時は部屋替えをしてあげるらしいです。そういうこともあります
    ので宿側が部屋指定を確約できない都合も理解できます。

    ただし、リピートするにはいささか値段が高いところなので、一生に一度でいいから宿泊し
    てみたいという客がいたら、一番いいお部屋を選択してみたいのは当然です。

    そういう人のために、分かりやすくまとめてみました。参考にして下されば幸いです。

    なお、これはただの個人的なブログであり、旅行業者ではないので誤りがあっては
    なりませんが、分かれば加筆訂正いたします。そこは大目に見てください。

    要は坐忘林というお宿はリピートして、いろいろなお部屋を楽しむという事に尽きます。
   





    
   

スポンサーサイト

105-4.ニセコ坐忘林(7) 美雪 冬景色編

□ 朝食編を書こうと思ったら、写真が抜けてました。大事な魚とかがなかったので
  坐忘林側に失礼ではと思い割愛いたしました。

  坐忘林は初夏と冬に訪れます。北海道にとって一番いい季節が初夏でありますが
  この季節はどこに旅行しても、綺麗です。自分の誕生日がこの時期なので、この歳になって
  良かったと思っています。

  冬もいいのですが、なにしろ冬のニセコは大雪に見舞われることがあります。
  中山峠のホワイトアウトは車が運転できませんし、高速を使って小樽周りで行くときも

  事故が起きると、数時間の立ち往生になります。

  ですので11月の終わりならまだ大雪に見舞われないので行くんですね。奥さんの誕生日に
  なりますが、冬にはなかなか遠出ができないものです。


2017-11-24 005

        冬景色の座忘林をお楽しみください。これは入り口ですが
        この坂を下りていきます。


2017-11-25 003

        美雪から見える高原側の景色です。


2017-11-25 029


        同じ景色ですが400mmの望遠で撮影したものです。川が流れています。


2017-11-25 032

        建物もコンクリ柄でもともとモノトーンですから、雪景色になじみますね。



2017-11-25 059

2017-11-25 048


          雪国の人でも景色は綺麗だと思いますが、南の国の外国の人には
          大うけらしいです。雪は立派な観光資源だと星野の社長が言ってました。

          交通機関に障害が出なければ、冬もお勧めですが
          心してきてください。




        

105-3.ニセコ坐忘林(7) 美雪 夕食編

□ 夕食です。11月ですので「冬の編」になりますでしょうか。
  
   毎回、驚きをもって食事を楽しみますが、今回は鹿の角だったです。オス鹿の角はよく森の中に落ちている
   ことがありますが、ある時期になりますと、ぽろっと落ちるものらしいです。

   では最初の

□滋味 (お品書きはこうなっております)

     あん肝ポン酢


2017-11-24 坐忘林美雪SONY 002


         あん肝大好きです。フォアグラより健康にいいです、なので滋味という
         お品書きにも相応しいようで。


□ 楽味   

   海・山・川の幸取り合わせ     鹿のジャーキ
   鮭のいぶし 月見草甘酢漬け  雪メレンゲ  クリームチーズと粕漬けとクルミ


2017-11-24 115
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 006
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 004


□ お椀

   ニセコ合鴨丸  菊葉と菊花  その他

2017-11-24 坐忘林美雪SONY 009


      お椀が懐石の華というのは良くわかることで、これだけを見ても料理のクオリティが
      伺えますね。碗の中に盛り付けをしているわけで、仲居さんが鍋からよそう吸い物とは
      違います。北海道でこれだけの碗を作る旅館はここをして他にありません。


□ 刺身

   本日の鮮魚  本マグロ  鰊  桜貝  大助の昆布締め  ウニ イクラ
   倶知安玉子味噌漬け 岩のりしその実


2017-11-24 坐忘林美雪SONY 017
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 013
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 016



       このイクラ、ウニ、玉子漬けを少しトロトロにして、スプーンで食べるというのは
       実に美味しい組み合わせだったですね。


□ 平皿

   からすかれいの照り焼き その他


2017-11-24 坐忘林美雪SONY 020


        フレンチのような平皿です。



□ 口替わり

   根セロリと梨の雪見和え


2017-11-24 坐忘林美雪SONY 026


       坐忘林の定番風になりました口直しです。


□ 強肴 

   鹿肉の松葉焼き  山ぶどう醤油  ネギのふりかけ

2017-11-24 坐忘林美雪SONY 031

 
      強肴がメインになりますが、牛より鹿のほうが食べやすくなりました。
      チョイスがあるなら鹿を選びますね。



□ 食事

   ここで驚きです。ご飯ですが昆布巻きで出てきました。

2017-11-24 坐忘林美雪SONY 034
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 036


       ご飯も立派な献立で、ここで白米とおしんこ、みそ汁では手抜きとは言いませんが
       料理人の心が伝わってきません。ある旅館で炊き込みから、ただの白米になった
       なったところがあります。でやはり料理全般で質が落ちてました。



□ 水菓子
  
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 043
2017-11-24 坐忘林美雪SONY 044


        柿の共和え アイスは山ごぼうが添えてあります。
        

2017-11-24 坐忘林美雪SONY 045


       〆はコーヒです。完璧です。ごちそうさまでした。




105-2.ニセコ坐忘林(7) 美雪 お風呂編

□ パソコンが壊れ(HDD)間が空いてしまいました。でも写真その他はバックアップしてあったので
  問題ありませんでしたが、ソフトはすべて再インストです。その中でもPhotoshopが使えなくなったのが
  痛いです。代わりにPhotshop elementsの安いのを買いましたが、ほとんど上位のCSと機能が
  同じですね。

  ではお風呂編に行きます。美雪はヒノキ風呂です。


2017-11-25 001



         手前にイスとテーブルがありますので、ここでくつろげます。冬はどうでしょうか
         寒いでしょうね。


2017-11-24 024


         この椅子は各部屋で少しではありますが、違いがあります。
         こういうのもこだわるんですね。


2017-11-24 051


         横からみるとこんな感じです




2017-11-24 035

       
         内風呂は各部屋共通で、まったく同じ。泉質も同じなので
         外のヒノキに入る前に、温めておく用なのでしょうか。それとも猛吹雪の
         時に使う予備なのでしょうか。

         
2017-11-24 026
2017-11-25 010

        源泉かけ流しで、景色を眺めながらでは最高ですね。
        ニセコの雰囲気を満喫できます。


2017-11-25 011


        見ているだけで、誘われそうです。
        温泉ってやはり、いいですね。日本に温泉があって
        良かったですね。自然の恵みに感謝です。







105-2.ニセコ坐忘林(7) 美雪 お部屋編

□   新春第1発目は坐忘林の続きです。
   皆さん今年はどういうご旅行の計画をたてられてますでしょうか。
   2018年度もどうぞよろしくお願いいたします。

   それでは美雪のお部屋をご案内いたします。

2017-11-24 031


          坐忘林のお部屋は2人以上になりますと次の間付のお部屋になります。
          そして和室か洋室の区別がつけられてますが、畳があるかないかです
          ここ美雪は和室になります。その違いでしかありません。


2017-11-25 020


          これが次の間でして、ここに布団を敷いて2人寝れるわけですね。


2017-11-25 053


         お部屋には基本的に「基調」というものがあって、ここのお部屋は
         この木調です。やや濃い色ですね。この色でサイドボードも壁も
         天井でさえも統一されてます。これが各部屋で違うわけです。



2017-11-24 061


         これがリビングで大きく開いた窓と言うか壁と言うから、外の景色が
         眺められます。


2017-11-24 063


        美雪は高原側なので、倶知安方面に開けた雄大な自然が満喫できます。
        もう一つは中庭側と言って、反対方面の庭が眺められるお部屋群があるのですが
        ここが迷い処になるわけです。

        どちらを選ぶかで、選択が決まります。


2017-11-24 009


       ↑がリビングから眺められる正面の景色です。木が生えてない丘があるのは
        牛の放牧地で、牧場なんです。乳牛なので白黒のぶっちでまた牛が可愛いんですね。
       
        遠くに、牛のモオ~などと言う声が小さく聞こえて、これまた優雅で
        たまりませんね。


2015年6月17日鄙の座 225



       2015年の道東の旅行の写真ですけどこんな風景ですね。
       牛がストレスなしで草を食んでる風景ですが、そこから得らえれる牛乳はきっと
       美味しいと思うんですよ。こんなのが丘で見られるというのも坐忘林の特徴です。
       (その写真あったのですが、PCの故障で焼失してしまいました)


2017-11-25 027


       壁に飾ってある写真はオーナの写真家のショウヤ氏の作品です。



2017-11-24 014


      お風呂の説明は次回ですが、シンクはダブルになってます。モロ使いにくいシンクで
      これは歯を磨くためのものだけのようですねlお風呂場の意匠は全てにおいて
      同じです、これは中山さんは拘らなかったんですね。


2017-11-25 050
2017-11-25 052


        次の間付のお部屋の値段が高いのは、トイレが二つあるからです。
        我が家では夫婦でもトイレは別なので助かります。男性にとっては助かります。
        僕は昔から(小)でも座ってするんですけど・・・・

        入室と同時に自動で蓋があきます。



2017-11-25 030


       細部の拘りですが、中山さんのお好きな生鉄のテクスチャーを重んじるのか
       クロスですが、鉄っぽいものが張られてます。
       こんなのも見て置いて下さい。

       次回はお風呂に行きたいのですが、アワードが溜まってきたので
       紹介してみます。坐忘林のミシュラン紹介を含めてですね。








NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount