FC2ブログ

142-1 フラッテロ・ディ・ミクニ ラ・ヴィラ(1) 8月28日 導入編

□ 久しぶりの旅行記です。一週間前から天気予報を気にしながら
過ごしていましたが、旅行日当日は☀、やはり翌日は大雨の日でした。

 場所は層雲峡ICを下りてからほどなく田舎の1本道を通り、こんなところに
あるのかと思わせるほどの山道を通った所に忽然と現れます。

2020-08-28 フラッテルロ 001

 大雪森のガーデンとして設計された敷地の中にオーベルジュとして3棟
造られています。食事はレストランで頂くことになり、監修はおなじみ三國シェフ
と札幌ファクトリーの中にあるテルツイーナのシェフとのコラボです。基本は
イタリアンです。
 
 最初に名前を聞いた時にはフラッテッロ(フラッテロ)富良野の造語かと
思いましたが、イタリア語で兄弟の意味らしいです。場所を調べて層雲峡に
近いところだったので驚きです。


2020-08-28 フラッテルロ 035


 現着するとインの手続きは丘の上のレストランで行い、ついでに
森のガーデンの入園チケットを貰ってきます。この時は12時半くらい
だったので、レストランでランチでもと思ったのですが、お腹は空かせて
おいたほうがよろしいですよ、との支配人のお言葉に従って、先ずは
森のガーデンのほうに向かう事にしました。

 
2020-08-28 フラッテルロ 023
2020-08-28 フラッテルロ 053

 ホームページでも見てましたが、絶景の処に位置していて大雪山脈が
良く見えます。旭岳と黒岳が山脈の両脇にあるのが良く分かりました。


2020-08-28 フラッテルロ 017


 山岳の事は良く分かりませんでしたが(登ったことがない)今回初めて
位置関係が理解できました。この間まで黒岳と旭岳がごっちゃになっていた
人です。

ちょっと小高い丘みたいなものがレストランの散策コースにあったのですが
翌日、あいにくの雨で登れませんでした。もし登っていたら360度全周の景色が
堪能できたのではないでしょうか。夜に晴れていれば満天の星空が望める
とか。


2020-08-28 フラッテルロ 139b


 山すそに広がる壮大な田園風景です。アイヌ語で「神々が遊ぶ庭ー
カムイミンタラ」と呼ばれる土地、三國氏がここにしかないと思わせた
土地らしいです。


2020-08-28 フラッテルロ 138b


 レストランの下に見えるのがクヌギの林に隠れている
ビラです。森のガーデンは坂を下りた所から始まります
ので歩いて向かいます。


2020-08-28 フラッテルロ 046

 他のビラは宿泊されていなく、ディナーでは3組でしたが
宿泊客は自分達だけだったようです。


2020-08-28 フラッテルロ 039


 それでは「上野ファーム」の上野さんが監修したという北海道
8大ガーデニングの1つ、大雪森のガーデンに行ってまいりましょう。

 ブログ記事はお部屋編から始まります。森のガーデンは最後に
ご紹介する予定です。






スポンサーサイト



NEXT≫
プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount