28-5.江差旅庭 群来・お風呂編

■ 大風呂はありません。すべてお部屋にお風呂がついてます。

 洗面所の所にお風呂の入口があります。


2012年5月22日 029

   写真中央奥のところです



■ バスローブもタオルも備わっておりますが、タオルは非常に分厚くて
  妙に重かったです。茶色なので毛皮をまとったようになりますが。


2012年5月22日 062



■ 中はとてもきれいです。デザイナーズお風呂なので、それなりに。

2012年5月22日 172


■ 二人で入れる大きさです。ただし露天風呂じゃないので窓は開きません。

  それに景色も見えないので、ややご不満の方もいらっしゃるかもしれないですね。


2012年5月22日 173


   景色を楽しむというコンセプトでできていないことは確かです。
   
   立地条件的に難しかったんですね。町内の人の合意も得られなかったので
   設計が大変だったとは後から聞いております。


   でも雰囲気は抜群でしょう。


■ 景観の事を書きましたが、周りは塀で囲まれているので、海が大胆に見えるというわけでは
  ありません。


2012年5月22日 016



■ あくまでも中山氏のデザインに触れることがメインと解釈されることですね。

2012年5月22日 065


■ 泉質は基本ナトリウム泉ですが、少し濁り湯があって珍しいものです。鉄分が少し
  含まれています。

  海の近くですが1200m位掘ったそうです。ここの旅館は温泉が先にあって
  それではどうするかということで、作られた旅館なんです。


2012年5月22日 060


  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount