30-5.あかん鶴雅別荘鄙の座・露天風呂編

■ 内風呂です。本当の露天風呂で、すだれの向こう側は空です。

 露天風呂と称して、窓があったりしますが、それは半露天風呂じゃないかという突っ込みも
 あります。でもここは本当に外とつながってまして空気が外気ですね。長湯していても、

 うっとおしくなりません。本当の露天風呂はここが初めてじゃないでしょうか。


鄙の座 068


   裸のままベランダに出て、下をのぞくと、下の人と目をあわすかもしれませんよ。
   目と目ならいいですが、見たくもないものを見せることになるやも。

   6階にいても、そんな感じなので3階くらいになると、かなり通行人と近くなりますから
   女性は気を使いますね。


鄙の座 070


  お湯につかって、半身浴して、次は椅子に座ってほてりを取ることになります。
  風に当たって体が冷えたら、またお湯に入っての繰り返し・・・たまにそしてドリンクを。



鄙の座 069


  温度調節はデジタルです。実際は40度で固定されてました。体感的にはもうちょっと
  湯温は低いです。ぬるま湯で長湯というのが、基本です。


鄙の座 073



  源泉かけ流しです。夜中でも流れてますから、お湯の流れる音も心地いいものです。
  ちょろちょろ音がするんですよ。癒しですね。それでボーっとして阿寒湖の水面を見ていると

  温泉っていいなって気持ちになります。家族でもカップルでもこの感覚を共有できるというの
  は幸せにつきますね。


■ ヒノキのお風呂ですが、底板はなく大理石になっています。初めてみました。
  お風呂も大きいし、湯量もたっぷりとありますから、心身共にリラックスできます。

鄙の座 078



■ 体を洗う場合はシャワーブースがついてます。お風呂への入口はここも含めて2か所あります。


鄙の座 075


■ いいですね。これ以上何を求めていいかわからないくらい素晴らしいです。

  時折、湖面に白波が立つことがあります。魚がいるんでしょうね。そんなのも
  楽しい発見になります。新緑の季節でしたが、紅葉はもっと綺麗かもしれません。

  もう10月の予約入れてしまいました。


鄙の座 076




  次は屋上の露天風呂です。天空露天風呂というものです。


鄙の座 110


  お湯の面と湖面が同一平面にあるように錯覚します、不思議な感覚
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- シン - 2012年07月21日 11:51:33


関東出身の名古屋在住なので、普段馴染みのない"雪"の多い冬に行ってみたいなと思います。

白銀の湖畔の絶景の中で露天風呂なんてすごく贅沢でしょうね。

雪を見るなら何月ぐらいがいいんでしょうか?

こんにちはシンさん - エバー - 2012年07月22日 21:22:52

 ちょっと調べてみましたが、阿寒湖は氷結するようですね。
不凍湖ではないので、冬の1月から3月くらいまで凍ってます。
ワカサギ釣りみたいなものもあるようですが。

 それか、もしくは12月くらいではまだ完全氷結してないから
湖として楽しめるかもしれません。

 いずれにしても12月の中旬から降り始めます。根雪に
なるのは年によって違いますが、12月下旬には真冬の景色

となります。どの辺をお好みになるかですね。年が明ければ
3月まではたっぷり雪はありますよ。

- ありがとうございます - シンー - 2012年07月28日 16:50:09

阿寒湖は氷結するんですね。

景色が白い間に是非行ってみたいと思います。m(__)m

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount