30-6.あかん鶴雅別荘鄙の座・展望風呂編

■ 最上階にある展望風呂です。景色は最高部類に入りますね。

  最上階にあって露天風呂というのは函館望楼がありますが、景観的には
  阿寒湖が見えるこちらのほうが上だと思いますが。


鄙の座 107


  天気に恵まれないときもありますが、台風以外はおつなもので、雪のちらつくときなんかも
  風情のあるものですよね。それが、露天風呂のいいところで自然と一体になっている感じが

  します。十勝の三余庵では雨降りの時には網笠をかぶって入れるようになってますね。



鄙の座 108


  逆に言うと、冬に小雪がちらつく時もいいものです。温泉のありがたみが一層身に沁みますから。
雪見酒いきたいところです。大風呂では駄目ですが、今度はお部屋の露天風呂でワンカップ飲もう。



鄙の座 115


  さすが25室しかない旅館だけあって、こんな時間にも誰もいません。

  貸切状態です。誰か話相手がいて、一杯いきたいところですが。



鄙の座 111


  露天風呂以外にも石風呂と称してお風呂がついてます。




鄙の座 114


  岩盤浴のお部屋もあります、大きなタオルも備え付けられてますから、お好きな
  人は楽しめます。僕はどうも息苦しくてあまり好まないですね。常に口の前には

  新鮮な空気が流れてないと嫌なほうですが。



鄙の座 116


  これには参りました!おこっぺ牛乳です。

  最初、ふたを開けた時にヨーグルトかと思いましたよ。口のところが完全に
  固形になってるんですから。良くみると「良く振って下さい」とありますね。

  クリーム状になって固まってるんです。もう一度、フタをして振って飲みました。

  濃厚な味だったです。これは、飲まないといけないですね。やっぱり腰に手を
  あてて一気に飲みました。それが一番おいしい飲み方だとか

  誰も見てなかったので、思いっきりあの格好で飲みました。


鄙の座 112


  全室スイートの旅館なんですから、洗い場も清潔なのは当たり前というお話です。


鄙の座 113


  泉質はお肌に優しいナトリウム、カルシウム、カリウム泉です。



鄙の座 110


  最後のもう一枚ですが、いかがですか。
  阿寒湖の水辺と原生林が望めます。秋に紅葉を見ないと植生がわかりませんが

  広葉樹ですから、綺麗に色づくんではないでしょうか。



■ 次はいよいよ夕食編です。

 それと書き忘れましたが、館内は全てスリッパなしの素足です。

 畳の上ですから、したがってどこでも係の人は座って三つ指で挨拶します。
 それは徹底してます。同じ畳の上でも「滝乃家」はそれはなしです。

 ここまでしなくてもといいじゃないかと、恐れ入っての恐縮モードに。


鄙の座 152


  じゃ、食べましょう。まずはお酒の選定から・・・





 





  
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount