36-14.あかん鶴雅別荘鄙の座・最終編おまけ

■ お部屋の説明の最後です。

  

鄙の座 249


   これがお部屋のドアです。ただし、これでは防犯上も遮音上も

   問題ありですが、もう一枚ドアがあります。



鄙の座 279


  ボタン一つで閉まるようになってます。



■ ドアへのエントランスもこの通りです。

鄙の座 099


  それではみなさんもぜひ

  鄙の座へお越し下さい。


  お奨めです。ただしアクセスには札幌からは多少は遠いので

  お気をつけてどうぞ。繰り返しますが、ご自分のお気に入りの音楽CDを

  持参したほうがいいですよ、お忘れなく。


  次回からは小樽蔵群れ2回目です。どうぞご期待下さい。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount