55-4.運河の宿小樽ふる川(2)大風呂編

□ 大風呂編です。男女入れ替え制でそれぞれ造りが違います。どんとごちゃまぜで紹介します。

  PH7.5の弱アルカリ 

  泉温20.5度(気温6.9度)  無色澄明 ほとんど無色無臭
  
  ですから 基本 ナトリウム-塩化物泉 の低張性弱アルカリ性冷鉱泉になります。

  溶残物質1.867g/kgですから療養泉です。


2014年2月15日小樽フルカワ 111


□ 露天風呂ですね。雪を見ながらのいいお風呂です。


2014年2月15日小樽フルカワ 147


□ なにやらドームのようなものが見えますが、あれがサウナのようなもので


2014年2月15日小樽フルカワ 146


□ 全体的に照明を暗くしてありますので、どこぞの洞窟にいったような感じで
  湯けむりも多いので、秘境的な雰囲気が。


2014年2月15日小樽フルカワ 107


   むかし、洞爺湖のある温泉に入り、洞窟だと言われて入ったらコンクリにこげ茶色に
   塗っただけのものがありました。(笑)

   あの旅館は修学旅行生と時間でお風呂を入れ替えさせられました。とったお部屋は最高級でしたが
   修学旅行生と一緒はないですね。


□ 鄙びた感じでいいでしょう。


2014年2月15日小樽フルカワ 102


    北海道の夏は暑くないので、夏も良し、冬はまたさらに良しで心も体も
    温まります。

    風呂上りの一杯はもう、やめられません。


2014年2月15日小樽フルカワ 072


      次はお食事編です。小樽はやはり魚介類ですね。








スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount