55-5.運河の宿小樽ふる川(2)夕食編

□ 夕食を食べましょう。ここに個室はありません。今回は食事の時間が早いので
  本来は有料予約らしいですが、窓際の席を用意してくれました。

  まずはテーブルに着くと、クロスの代わりに北海道の旨いもの案内地図が


2014年2月15日小樽フルカワ 057

   道外の人にはとってもわかりやすいイラストですね。北海道人の場合は割と良く知られていることで。


□ まずは何と言ってもお酒で地酒頼んでみました。

  小樽はワインももちろんウイスキーも日本酒もたくさんあります。


2014年2月15日小樽フルカワ 059


□ 先付  小樽産 鰊の香味野菜添え 

2014年2月15日小樽フルカワ 060

   鰊は特に有名であちらこちらに鰊御殿というものが残っています。
   鰊は数の子が取れますし、また他の魚とちょっと違った味があって僕にとっても大好きな魚です。

   上にカイワレ、ネギがかかっていて良く見えませんが下に鰊があります。


□ お造り  小樽産 八角炙り 帆立 サメガレイ ぼ種火 山山葵で

2014年2月15日小樽フルカワ 061


   八角が珍しい魚です。ちょうど映画で海底2万マイルというのがありましたが
   あれに出てくるノーチラス潜水艦のような形をしてます。

   刺身での味は大変に白身の柔かなもので、外観とは大違い。


□ 焼き物 十勝産の肩ロースステーキ 焼きやさい ふきのとうの焦がしバター掛け


2014年2月15日小樽フルカワ 067


□ ここで箸休めではありませんが、手巻きが出てきます。これがここの特徴で、軽くご飯ものに
  出会えるのがうれしい。

2014年2月15日小樽フルカワ 064


  かようなように運河を見ながら食事をしております。記念写真をとりつつ。


2014年2月15日小樽フルカワ 065



□ 中皿 蕪のポタージュ 北海縞エビ 雲子 子葱

2014年2月15日小樽フルカワ 068


    木のスプーンが可愛い



□ 煮物 冬野菜の炊き合わせ 里芋の旨煮 インカの目覚め あげソバの実


2014年2月15日小樽フルカワ 073



□ 進肴 水菜のハリハリと蟹身の餡かけ


2014年2月15日小樽フルカワ 076


□ 食事  3種の豆焚きご飯


2014年2月15日小樽フルカワ 079


□ デザート  苺のやわらか豆乳プリン 焼パイとカスタードクリーム ブルーベリーを添えて


2014年2月15日小樽フルカワ 081


□ 食べ切れない場合は、お握りにしてくれます。


2014年2月15日小樽フルカワ 083


□ それではおなかも一杯になったところで、雪灯りの見学に行ってきます。

2014年2月15日小樽フルカワ 097

  では次に、雪灯り編です。


2014年2月15日小樽フルカワ 084


  さすが、小樽は運河ですね。この運河は観光用に残されたものです。
  高度成長期に埋め立てられそうになったのですが、観光資源として残したほうが

  いいと反対にあい、結局は残されるようになったものです。
  良かったですね、残されて正解です。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount