58-5.ピリカレラホテル(1)夕食編

□ それでは鮨懐石 順番にご案内します。

  まずはレストランですが、多分7席くらいです。もともとグリルの場所だったのですが
  グリルのほうが大きくなり、残されたレストランを鮨に変更されたそうです。

   場所をお見せしますが、カウンターなのでいつもと違って奥さんの横顔しか撮れません。



2014年4月16日ピリカレラ 130x


    
□ まずは板さんとご挨拶を交わします。札幌で鮨職人をしていた人です。どうもオーナと知り合いだった
  らしい縁で来られたようです。それでは先ず・・・


□ 先付   ムール貝の酒蒸し


2014年4月16日ピリカレラ 129
 
   最初としては味の濃いほうですが、ふーんという感じで。


□ 前菜3種盛り合わせ 鮮魚のカルパッチョ、鰊のなめろう、鶏肉の酒蒸し



2014年4月16日ピリカレラ 132

  なるほど、いささか不安になる味でしたが・・


□ 炙り鮨  3種盛り合わせ

  来ましたね、ここから炙りものが出てきます。さっそくの握りで一安心。
  特に白老はシイタケの有名な産地らしいです。そういえば白老ふるかわでもシイタケのステーキが
  でてましたね。

  
2014年4月16日ピリカレラ 134


   苫小牧のホッキです、有名です。それと美味、白老牛の握りです。

   美味しい♪ 舌鼓を打ちます。良かったあ、鮨懐石で。



□ お口直し 

  和風ブイヤベース


2014年4月16日ピリカレラ 135

   濃いほうの味で口直しをします。


□ 魚料理

   金目鯛とタラバカニ アメリカンソース


2014年4月16日ピリカレラ 137

   特にありません。それなりに、要は次に続く握りがありますので、この辺まではまだ
   前菜のようなもので。



□ 蒸し物

   鮮魚の蒸し焼き、2種類のソースと共に


2014年4月16日ピリカレラ 139

    ほどほどの量ですが、お酒は1合くらいは飲んでたでしょうか。

    お酒も美味しかったです。奥さんは梅酒(酒ベース)で僕は純米です。



□ それではここでお腹も落ち着いてきたことで、メインに入ります。板さんもここから本職で
  力が入るようでした。ご覧のように全て刷毛塗りです。ミシュランの田なべでもそうでしたが
  
  どちらが主流なのでしょうか。煮切醤油は全て同じような気がしました。アナゴに塗るような
  濃い「ツメ」はありません。食べやすいのと醤油が沁みるように、包丁が入ります。



  一気に並べます。


2014年4月16日ピリカレラ 140


    最初は鮫ガレイだったような。握り具合もネタも
    シャリも、申し分ないです。スダチがついてます。頂きまーーーす。


2014年4月16日ピリカレラ 141

   見た目べニトロ、ひょっとすると・・・間違えていればご勘弁を
   包丁を入れてるから違うかな。


2014年4月16日ピリカレラ 142


   鰈かソイか平目?覚えてません(反省)


2014年4月16日ピリカレラ 143


   甘エビ ミソが付いていたかもしれません、濃厚です。


2014年4月16日ピリカレラ 144


   毛ガニ 海苔を使いません。そのほうが美味しい。軍艦もいいですが、こっちのほうが
   食べやすいです。板さんもそう言ってました。握るのも早いですしね。




2014年4月16日ピリカレラ 145


    光物がでてきてコハダです。



2014年4月16日ピリカレラ 146

    同じく長崎産のサバ



2014年4月16日ピリカレラ 147


   ここから本鮪 赤味です



2014年4月16日ピリカレラ 148


   鯛だったような・・・



2014年4月16日ピリカレラ 149


  ここでイカ釣り漁船の話がでまして、どうして白老ではイカが出されないのかって
  吊ったイカは函館に流れるそうです。ということで、イカを握ってくれました。




2014年4月16日ピリカレラ 150


   ホッキがでます



2014年4月16日ピリカレラ 151


   本マグロ 中トロ



2014年4月16日ピリカレラ 152


   甘エビにウニ


2014年4月16日ピリカレラ 153


   紅トロ この辺からお好みで何がよろしいですかと聞かれましたが
   もうお腹いっぱいになってます。


2014年4月16日ピリカレラ 156


   最後はネギトロです。非常に細かく切ってあります。軍艦じゃないのでこういう食べ方も
   あるんですね。



2014年4月16日ピリカレラ 157


   締め椀であさりの味噌汁 厚焼き玉子


□ 最後はデザートで

  黒糖カステラと抹茶アイス フルーツ添え

  この時期になると3合飲んで、すっかり写真を忘れております。食べたのは覚えてますが。



□ いかがでしょうか。板さんも物腰が柔らかく面白い人です。いかにも見かけが板さんらしいので
  札幌の鮨屋に様子見に行ったときに、すぐに同業者だとばれたと言ってました。

  
  全部で炙りも入れて18カン、いいところじゃないですか。食べたければまだ握ってくれます。
  ぼくは鮨好きですから、もう最高ですね。

  写真は美味しく見えましたでしょうか。次回もリピートするとしたらまた鮨懐石かな。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount