18-3.小樽旅亭蔵群・お部屋編

□ お部屋には二種類あります。ひとつは安い坪庭タイプと
 川側のタイプです。ここが迷うところで、坪庭タイプは口コミでも

 評判は良くありません。では・・・今回はその評判の悪い坪庭で
 メゾネットです。

2011年11月10日蔵群 014

  玄関を入ると飾りだなと絵があります。白樺の絵があります。
  かなりムーディな雰囲気ですね。


□ メゾネットタイプの居間は板間でちょっと狭いのですが、それは2階があるので
  小部屋がたくさんあるという感じだからですね。

2011年11月10日蔵群 021



□ まずは閉じられているフスマを開けるとお庭がでてきます。
 緑はありません。しかし、枯れ山水でできています。それも現代風な。

2011年11月10日蔵群 066

  コンクリでできた石です。端面が磨かれていますね。↑

  ちょっと閉鎖的なお庭なのですが、お向かいが普通の民家なので
  しょうがないんですね。これがちょっと狭苦しい原因なんですね。

  
2011年11月10日蔵群 028



□ 鉄でできたしっかりとした階段があります。これで階上に行きます。


2011年11月10日蔵群 025


□ 行くとそこが寝室になっています。壁にスリガラスと間接照明を施した
  素敵な寝室が待っています。

2011年11月10日蔵群 022


□ 一回にも寝室があります。どちらを使っても構いません。どちらになさいますか
 と聞かれるので、どちらも使いますと言って、布団をしいてもらいます。

 なんとなくごろんと横になって寝そべる時間もあるんですね。実はここで酔って
 4時間も寝てしまうという醜態におよびましたが。


2011年11月10日蔵群 015



□ 洗面所も使いやすいです。ひげそり用のブラシがあって使ってみたかったんですが
  使いじまいでした。アメニティも充実しています。


2011年11月10日蔵群 034


□ 2階にお風呂があります。温泉です。
 大理石で綺麗に清掃されてました。


2011年11月10日蔵群 035


□ シャンプー類もご覧の通りです。温泉街にありがちな馬油ではありません。


2011年11月10日蔵群 036


□ 源泉掛け流しではないので自分で湯をはります。
 荒れたヒノキ風呂が多い中で、こういう大理石でもいいなあと思わせました。



2011年11月10日蔵群 037


□ お香が焚けます。もちろん使わせてもらいました。

2011年11月10日蔵群 046


  お部屋の中はとてもいい感じですよ、落ち着いているし何よりも
  普通の和室でもないし、古民家風でもありません。

  和を貴重としたデザイナーズルームです。

  ここに来る前にいろいろな写真を見てますが、実際に見ると
  相当に建材に凝ったつくりであることが分かります。

  
2011年11月10日蔵群 048


  寝室の壁ですが砂壁ではありません、砂利でもないし、不思議な
  素材ですね。

  写真でその良さがお見せできないのが残念です。

  

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount