箸休め・大通りビッセ4Fこう楽

□   雪まつりの帰りですが食事所に「こう楽」を選びました。おでんと焼き鳥ですが、初めてです。
   どうでしょうか。最初はカウンターで予約状況を聞きましたが、喫煙のお客さんが入っているという
   ことで、個室にしました。入ってわかりましたが、戸が格子戸になっているので開放的です。
   窓越しに夜景も見れるし、カウンターでの雰囲気も味わえるので気に入りました。さてお味は?


bisse.jpg


       HPからの写真です。個室は奥に行って右側にあります。ビッセそのものがまだ
       2010年オープンですから、ビル全体が新しいですね。もともと北洋の本店
       営業部が来たところですから、雰囲気も広くて気持ちがいいです。ススキノの
       雑居ビルだとわけわかりませんとこですから。あそこは。


2016-02-09 雪祭りSWこう楽 020


       コースで注文したほうがよろしいです。その他に食べたいものがあれば一品で
       オーダして下さい。一番高いものでもこの「クヌギ」で6,500円です。安いです。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 013



         前菜から入ります。ちゃんとした懐石ですがフォアグラもあり洋風仕立てで
         創作性が感じられます。チャレンジャーですね。姉妹店には「みえ田」という
         お店もありますが、ミシェラン1つ星です。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 016


         お吸い物もしっかりとしてます。クエという魚のから揚げが入ってます。
         説明がまた丁寧でしっかりとしていて、高級料亭的雰囲気です。
         居酒屋ではありませんね、失礼だったです。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 021


        中央がニシンのあぶり、イカはからし味噌で頂きます。イカが普通なのは
        しょうがないですね。あの生きたイカを食べたことがある人は、その違いに
        愕然としますね。でも辛子味噌で食べるんで、これなら食べれるはって
        感心します。包丁の入れ方が綺麗で、かなりの板前さんですね。
        ピンクの花が咲いているものは紫蘇の葉の花が咲いた時のものです。

         ギヤみたいなものは大根の葉っぱの根元らしいです。




2016-02-09 雪祭りSWこう楽 023



       串です。手前がフォアグラで、かかっているタレが甘い金柑ソースです。
       右が知床鶏とフキ味噌、左がタラの芽のベーコン巻き、下に敷いてある
       ものが野菜を素揚したもの、これも香ばしくて完食です。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 027



         奥さんの好きな梅酒も種類がいっぱいあって、何杯飲んだのでしょうか。
         僕はここに来る前に、きのとやの濃厚牛乳ソフトクリームを食べていた
         ので、そのせいか、ややアルコールは控え目でした。ビール2杯だけです。

          クラシックのビールを飲んだのですが、泡がものすごくクリーミで美味しい
         んですね。サーバからつぐときに、最初の荒い泡を捨てて、ついでいるから
         と、おねえさんガッツで説明していました。


2016-02-09 雪祭りSWこう楽 030


         おでんです、今やコンビニではどこでもあるおでんですが、これはおでんじゃない
         ですね。煮物です。かすべのおかき揚げが乗ってます。このなみなみの出汁は
         どういうことでしょうか。美味しいので飲んでしまいました。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 032


         あと分かってますね。最後の〆はラーメンです。その名も〆ラーメン。
         おでんの出汁からとったあっさり系のラーメンです。これで帰りに
         ラーメン食べて帰宅する必要がなくなりました。北海道人として
         最後にラーメンが食べれるのって、ものすごく幸せなんですけど。




2016-02-09 雪祭りSWこう楽 033


        最後は最中の皮に包んで食べるイチゴ大福です。飲み物はお茶で終わり。



□ その他に一品で


2016-02-09 雪祭りSWこう楽 019


         ナマコミゾレ仕立て,もう一皿お代わりしようかと思ったくらいです。



2016-02-09 雪祭りSWこう楽 029


         いぶりがっことクリームチーズ

         写真にはありませんがタコの串もの


□ まとめ

        おでんとか焼き鳥という範疇にしてはお料理は、本懐石のように至極丁寧で
        面白いです。何回も書きますがこれで6,500円ならお得です。しかも、コースは
        月替わりにメニューが変わるそうです。また、来月に行ってもいいわけです。

        軽く食事に行った割には、凄いボリュームになってブログ書くほうも小一時間
        かかったでしょうか。カウンターで喫煙する人がいなければ、板さんとお話しして
        食べれるんですけどね。

        お勧めです。☆4つあげてもいいですね。






   

      
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 東 - 2016年02月16日 19:39:22

エバーさん、こんにちは。
エバーさんは素敵なお店を見つけるのが本当にお上手でいつも参考にさせて頂いております。
先日網走の北天の丘 網走湖鶴雅リゾートに行ってまいりました。
温泉の泉質的には目を見張るものがあるわけではないのですが全体の雰囲気や素晴らしい木彫り作品はさすが鶴雅グループ、というところでした。
札幌からは少し遠いですが、機会がありましたら是非。
個人的にきになっているのがラビスタ阿寒湖なのですがいかがなものでしょうか…
賛否両論ですが、景観には期待ができそうです。

今晩は東さん - エバー - 2016年02月16日 22:14:19

 お元気だったでしょうか。
参考にしてもらい、恐縮致します。
 実は鶴雅グループでまだ行ってないのは網走で今年に
行く予定でいます。評判のいいところで、楽しみにして
います。札幌からだと、仰る通り、ちょっと遠いので
二泊三日にしようかと思っています。そうするとあとの
一拍はどうするのか、試案中ですね。ラビスタもいい処
ですよね。

- 東 - 2016年02月17日 09:15:36

網走の鶴雅はフレンチと和食とビュッフェとあるそうなので連泊にしても良さそうな気がします。
古の座フロアのお部屋がおすすめです。
中でも一番広い部屋が一部屋があるのですが、雛の座に少し似ているようなお部屋でした。

こんにちは東さん - エバー - 2016年02月17日 09:55:53

 鶴雅は決めているのですが、ラビスタは迷っています。みたところ
新しいので綺麗ですね。奥さんとも相談しましたが、まだ決まって
いません。たぶん、知床観光もついでにしたいので、宿は知床に近い
ほうもいいな、という一つ候補もあります。鶴雅はデザイン的に
だいたい分かりますね。アイヌの文様を取り入れたシックな意匠に
成功していると思います。お料理ですが、ビュッフェは食べ過ぎて
しまうので、あるなら和食懐石かなと思っています。貴重な情報
ありがとうございました。また楽しみが増えてワクワクしています。

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount