箸休め・ススキノ田久鮓

□ 箸休めです。Gダイニングの6階にある田久鮓です。寿司の名前にはいろいろありますが、あえて鮓と
  書いてあります。もともとここに興味があったのはデザインが坐忘林や望楼の中山さんの設計だからです。


insideたく

   「食べログより↑」

           直線を基調として、部分的に特に壁に石質の素材感を高級に表しているのが
           特徴です。ですからカウンターの一枚板も、絶対にけちることを許さない構え
           なんでしょうね。

            ただし、これは広角のカメラを使った遠近感を強調した写真ですから
            実際はこんな感じです。


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 008y



           明るくて、こじんまりとはしていますが、広くはありません。奥と手前に個室が
           あって、そこは喫煙できるようになっています。カウンター22席は禁煙です。


□ もともとGダイニングは店数こそ一杯ありますが、三ッ星の温味も、雑居ビルの中ですから狭いです。

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 038


□ HPはオーナの渡邊卓郎さんの監修するお店なのでタク円山も一緒になっています。

takusuisi.jpg

    渡邊卓郎さんは創作懐石のフランスで一つ☆のお店を持っている人です。テレビで見ましたが
    味は分かりませんが、盛り付けがかなり独創的でしたね。


□ 本題のお鮨のお味はどうなのでしょうか。少し変わっています。使っているのは赤酢です。
   ネタは熟成ときてますから、だいたい想像はできます。奥さんには受けなかったようです。

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 010

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 007

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 006

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 005

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 001

     前菜です。特にこれといった特徴はありませんが、お店の雰囲気で食べさせられているという
     感じはありますね。デイトには最適でしょうか。


□ 次に握りです。赤酢はきついので、普通の握りのようにはシャリが暖かくありません。人肌といいますが
   暖かいと酢の香りが鼻につくからですね。あの銀座の次郎さんの握りを酢がきついという人がいる位です
   から、好みはそれぞれで。

    ただ、昔と比べてお持ち帰りとか回転寿司に慣れてしまって、シャリの冷たいのが普通だと思っている
   人が増えたという事は聞いたことがあります。甘酢の香りがふぁっと漂ってくるのが本当で。

    それではお写真をずらずらと・・・


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 011


     カツオのたたきがありました、四国産ですが、同じく白身で「まはた」だったと思いますが
     そういう魚もありました。地方からもお取り寄せしているようです。

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 013


     ホタテの磯部ですが、いきなり何も言わずに、板さんが前に置いてくれます。
     この板さん見かけも,しゃべっても不愛想で、あまりお客さんと絡むの好きな
     ようではありません(笑)


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 017

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 018

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 019

     白身魚にツメを塗られて出てきます


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 020

     このおしぼりが良いですね、手で摘まみますので、その形に整えてあります。



2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 021

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 022

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 023

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 024

     赤みを漬けで

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 025

     そのあとに本マグロの中トロを

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 026

     口直しにさっぱりとコハダがきて


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 027


     穴子を煮切りで甘く食べさせて


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 028

    
     最後に玉子で〆て



2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 029


     留め椀をいただいて終わりです


2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 031

2016-04-15 タク鮓・寿司三昧 041


     いかがでしたでしょうか、何分にも赤酢に熟成ネタ、ときてデザインが中山眞さんとくれば
     昔ながらのお鮨というイメージではありませんよ。雰囲気を味わいたい方はどうぞ。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount