21-5函館望楼・朝食編2

□ 連泊になりましたので朝食夕食とも献立を変えてくれます。
  
  どういうふうに変えてくれるのか心配と楽しみがあります。

  さて一日目の朝食ですが、今日もいい天気に恵まれました。


函館望楼2 037


□ 食事はお食事処です。案内係りが連れて行ってくれます。
  

函館望楼2 039

     今回も「竹林」ですがお二階でした。寒いときには二階のほうが
     暖かいので、そういう配慮かなと思いましたけ。客の好みについては

     ちゃんと控えてありますので、望楼ならその辺の気配りはしてくれるのでしょうね。
    (と思ってるだけかも)

      しかし
     以前からひざ掛けとか、あるなら電気ストーブとか要求してますから
     寒いと思う客には二階に案内するようです。食事処は構造的にオープンなので
     二階のほうに暖気が上がっているんですね。なにしろ浴衣の下には下着なしで
     挑んでますから、普通の人に比べれば、寒くて当然ではあります。



函館望楼2 044


     最初のジュースですが濃厚トマトです。本当に美味しいいですよ。
     果肉が残ります。あとは牛乳や野菜ジュースでもチョイスがあります。

     おかわりができるので、3種類を飲んでもいいんですよ。



函館望楼2 045


   
      新鮮ハーブサラダです。フレンチとグレープフルーツのドレッシングが
      あります。グレープフルーツのほうは自家製らしく、こちらのほうが好み
      だったです。野菜はもちろんシャキシャキでです。




函館望楼2 049


      全体的な朝食のセッティングはこんな感じです。
    
      一番目を引くのは「イクラの醤油漬け」でこの量です(びっくり)

      これだけでご飯が一杯食べれてしまいます。醤油漬けは
      一日たつと皮が硬くなりますので、料理したてですね。

      なかなか作り置きできない食べ物なんですね。



函館望楼2 053


       見た目よりあっさり作られてます↑減塩の方でもOK



函館望楼2 051


    魚は量を少なくして2品あります。この量の少なさがいいですね。
  
    ホッケなんか一匹食べさせられたら口中、魚臭くなってしまいますから
    食べたいけど、ほどほどの量がいいんです。しかも大根おろしがつくと

    さっぱり食べられますから。

    もう一品は寿都町のぬか鰊です。これまたちょっと出てくるのがうれしい
    ですね。懐石の楽しさは美味しいものが、ちょっと出てくるところにありますね。

    大食漢の学生さんむけでないことは確かです。




函館望楼2 048


    朝は必ず玉子です。有機卵の玉子焼きと、森町産手つくりの南瓜コロッケです。

    


函館望楼2 052


    望楼ではQちゃんファームというのが良く出てきます。

    Qちゃんは本当にマラソンしながらでも野菜作ってるんでしょうか?

    見てみたいものです。本当にQちゃんが監修しているのかって聞いたら
    そうだと思いますと返事が返ってきました。(笑)




函館望楼2 055


   これもQちゃんファームの長芋と豚肉の吹き寄せです。
   
   


函館望楼2 056



    これね、良く思い出せないんですよ、何しろ12月の記録ですから。
    
    お品書き持ってますから、見るとたぶん
    「幻のたまふくら納豆湯豆腐」じゃないかと思います。

     間違ったらあしからずです。


函館望楼2 047


   望楼の必ずしも使いやすいと言えない

   いつものカトラリーです(笑)



函館望楼2 058


  このデザート用なんですね。デザートは季節の果物とレモンジュレです。
  デザートはお口直しですけど、この辺はかなり力入れて料理長に頑張って

  ほしいですね。これは美味しいです。ただ単にフルーツを出せばいいという
  ものではありませんね、料理なんですから。



函館望楼2 061


  ここに宿泊するときだけコーヒを飲みます。いつもは紅茶です。

  美鈴コーヒが美味しいからですね。香りで分かります。




函館望楼2 065

   
    お食事ところはお部屋番号いりです。これも記念写真で。

     12というのは客室最上階の12階という意味です。ただしスイートではないです。
    お部屋は和モダンです。



函館望楼2 064


   今日もたっぷりとゆっくりの朝食でしたね。(最後の食事客だった)

   中山 真琴建築家が設計したこのモザイククリスタルなガラスに
   思いをはせて食事処をあとにしました。

   この日は連泊なのでチェックアウトを気にせずにだらだらをしております。(いつもだけど)
   ただ、お部屋を変えるときには

   どうするのかと心配しておりましたが、そんなこと気にすることもなかったです。

   次はメゾネットでしたが、寒いと言ったら違うメゾネットに案内してくれました。

   恐縮しちゃいますね、なにしろ部屋なんか使ってしまった後なんですから。
   サービスの良さにびっくりです。別に要求したわけでもないんですよ。

   廊下でメイドさんと一緒に歩くようになったので、ちらっと会話しただけで
   直ぐに電話が部屋にかかってきました。「お部屋をお取替えいたします」って。

   高級なメゾネットルーム2つも経験させてもらいました(感激)


   次は2日目の夕食です。
   どういうふうに料理長が工夫してくれるんでしょうか、乞うご期待です。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount