92-4.木ニセコ・夕食編

□ 夕食はレストラン「杏」で頂きます。入り口は狭いのですが奥が広くなっていて、写真で見える
   ところが板さんがいる厨房です。


2017-04-13 木ニセコ 508


               予めコースでディナーを予約してあります。



2017-04-13 木ニセコ 512jhy


               HP↑からです。和風懐石で板さんもそれなりの人を雇っているようです。
               ニセコはレベルが高いのではないでしょうか。それでは先にメニューを
               ご紹介しますと


2017-04-13 木ニセコ 512

              一番上にドリンクのペアリングと言うのがあって、それぞれの料理に合う
              ドリンクを出してくれます。今回はワインでやってみました。



2017-04-13 木ニセコ 505

            3種の貝の酢の物



2017-04-13 木ニセコ 501

             前菜の中で刺身の5点盛です。



2017-04-13 木ニセコ 511

             タラバの天ぷら、3種の塩で頂きます。揚げたての天ぷらですね。



2017-04-13 木ニセコ 507
2017-04-13 木ニセコ 509

        秋鮭の冷燻と貝の酒蒸しでこれはチョイスになります。


2017-04-13 木ニセコ 502


          ここで隠しメニューでサプライズがありました。雲丹の手巻きです。
          軍艦は時間が経つと湿気って海苔のパリパリ感が損なわれますが
          こうやって食べると、美味しかったですね。こういう食べさせ方のほうが
          美味しいと思います。


2017-04-13 木ニセコ 504jhy

           これはコースではありませんが、チーズの盛り合わせをお願いして
           みました。メニューにあったかどうか分かりませんが、綺麗に作って
           出してくれます。



2017-04-13 木ニセコ 503

           主菜のチョイスはトムラウシ牛のサーロインステーキにしてみました。


           ここでご飯と味噌汁があって次にデザートがあります。


2017-04-13 木ニセコ 506
2017-04-13 木ニセコ 510

         
         最後のデザートにも甘いキールのような赤ワインが付きました。
         これだけみても本格的な懐石でしたね。

         ニセコはレストランが周辺にたくさんありますから、ホテル内で
         食事をとらなくても楽しめますが、ここは是非食べてみる価値は
         ありますね。


2017-04-13 木ニセコ 034


         日本人スタッフで切り盛りしていました。料理の説明を英語でやられても
         きついですね。外人さんについては英語で説明していました。


2017-04-13 木ニセコ 033


        BARも遅い時間になりますが、ここのスタンドでも飲めるようですよ。
        後ろには飲んで見たくなる地元の日本酒もいっぱいありました。

        写真はフラッシュを使わないのでおおボケになっています。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount