FC2ブログ

94-5.知床グランドホテル北こぶし 夕食編

□ 夕食です。通常はビュッフェを選ぶ人が多いのではないでしょうか。
   HPによると70品目くらいあると書いてありましたから、多いほうですね。

   こういうビュッフェメインの処は、どうしても会席がおろそかになる傾向があります。
   板さんがレシピちゃんと作るかどうかでしょうね。

   その点に関して、ここの夕食は思っていたより、素晴らしかったです。

2017-05-27 網走鶴雅知床北こぶしhgtr


        HPからです、「創意工夫」と書かれてありますが、フレンチ懐石のような感じです。
        トリュフなんかが出てきたのは、初めてではないでしょうか。


2017-05-27 網走鶴雅知床北こぶし 120

    
        この広いフロアに3組くらいでした。皆さんたぶんビュッフェのようです。



2017-05-27 網走鶴雅知床北こぶし 123

   
        ここもGLILL shiretoko です。海辺の窓のあるテーブル席のほうから案内されていましたので
        中の方は使われていませんでしたが、随分豪華なレストランですね。


□ それでは前菜<北の夢>からお見せします。

   2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 002


     前菜が出てきて、すぐに心奪われました。これは凄いって。


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 006

      
          つぶ貝とインカのめざめジェノバ和え
          バジルですからイタリアンでもきますね。


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 010

        長芋素麺いくら添え



2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 008

  
       カリフラワーのムース


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 007


       トマトあちゃら漬  合鴨ロース煮   黒はも黄身ずし  イカの沖漬


□ 椀代


      カニのロワイヤル 海の玉子を乗せて トリュフあん


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 012




□ 造里

   ぼたんえび   香川のオリーブオイルと昆布塩で  北寄貝 梅肉ソースで
   大平昆布〆 ポン酢ジュレで


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 013


          ぼたん海老に添えられているのが香川のオリーブオイルです
          この旅館のルーツが100年前に香川県から入植した開拓農家
          だからという事です。香川県と北海道のコラボになっています。



□スペシャリティ

         ズワイガニのクリームコロッケ 海老ソース

2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 015


        柔らかいものが続くので、カリッとした衣で口直しする意味もあります。
        そういうことなんだと思います。



□ タジングリル

        海からの送りもの   目抜き  ホタテ  ぼたん海老  エゾアワビ


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 020



□ 肉 グリル
 
      ウトロ産  えぞしかのグリル   旬野菜



2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 023



      鹿肉ですが、ここに来る途中でエゾシカファームを見てきました。そこの鹿肉だという事です。
      始めはたくさんの鹿がいて繁殖させているのかと思いましたが、野生の鹿を捕獲してきて

      餌を与え、食用として体の中を綺麗にしてから肉にするそうです。いきなりハンターがとって
      くるものではないんですね。それなら美味しいです。


□ 〆

      鮭節スープのさぬきうどん、時知らずの握り


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 026


      かつお節ではなく鮭から作った鮭節です。先ほど説明しました香川県との
      味のコラボです。さぬきうどんです。これって3杯くらい食べれます。

      各旅館はご飯ではなく麺類にしてくれないかな。


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 024

    
       時知らずの握りです。秋鮭ではなく、北に行く途中につかまる鮭ですね。
       時を間違える鮭として、トキシラズと言われています。今5月ですから
       この時期に食べられます。



□ デザート  

      チョイスがありますが、何個でもどうぞと言われました。


2017-05-27 鶴雅北こぶし食事 028


      どうでしょうか、見た目にも美味しそうですね。
      和洋折衷ですが、地元の食材を生かしながらの、工夫のある創作料理でした。

      お料理の説明も丁寧で、雰囲気も良かったです、メートルドテル風で
      ちょっとしたフレンチレストラン気分を味わえました。




     


スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount