96-5. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ 夕食編

□  夕食です、個室に案内されます。写真を撮りますので個室のほうがいいのですが
   他のお客さん達を見てみたいという気持ちもないわけでもありません。
 
   我が夫婦は良く食べ、飲み、そして良くお喋りします。しかし、以前の経験では
   同じ夕食で、一言も会話しなかったカップルもいました。それでいて不仲でも
   なさそうなので、不思議なものです。人というのはそれぞれです、自分が言う
   事ではありませんが。

   では、先ずは個室の雰囲気から始めます。


2017-07-13 エプイ 073

        照明がボリュームライトではないので、微妙な調整ができません。写真を撮るので
        明るくしてくれと言ったら、奥さんに明るすぎると文句言われました。

        さてディナーですが、うたい文句は”大沼スローフード”大沼から50マイル(80km)
        から取り寄せた地産地消に拘った料理ということです。

        3種類ありまして、一番高いのは「黒のヌプリ」10品(パンを入れて)16,000円です。
        ☆☆☆モリエールの特別メニュ-Terroirが15,000円ですから、値段的には高いです。

        それでは順に・・・


□ アミューズ   本マグロタルタル 北海道産クリームチーズ 最中

2017-07-13 エプイSONY 036

            球状に見えるのはオリーブオイルを固めたものです。
            本マグロは大間ですか?50マイルなら


□ 前菜  函館近海魚介のアンサンブル


2017-07-13 エプイSONY 040

         それぞれの異なる調理法によるアンサンです



□ 豚バラ肉の大沼ビール煮込みと道南アスパラとクレソンのサラダ

2017-07-13 エプイSONY 041

        この時期はアスパラです



□ 蝦夷アワビとズワイ蟹のソテー 函館産ゆめぴりかのリゾット ニラバターソース

2017-07-13 エプイSONY 044


             リゾット食べてバターソースとくると、多少の満腹感が
             でてきて、このへんからランチ食べたことの反省が始まりました。



□ 函館近海ワタリガニと本日の魚のマルセイユ 鉄なべ仕立て


2017-07-13 エプイSONY 047

           
             ブイヤベース・マルセイユです。これがここの看板料理でしょうか
             よく料理の紹介でこれが出てきます。函館近海でワタリガニあるんですね。


□ グレープフルーツのグラニテ


2017-07-13 エプイSONY 052



□ 北海道産牛フィレとリードヴォ-ポワレ リヨネーズ ソース

2017-07-13 エプイ 085


          リードヴォ-はかなり油っぽくて苦手な人は駄目でしょうね。
          

2017-07-13 エプイ 079


□ フォロマージュムースとバニラグラス 赤い果実のソース


2017-07-13 エプイSONY 060


         これにコーヒまたは紅茶です


2017-07-13 エプイSONY 059


         シェフはもと札幌でのキャリアが長い人です。ワインと一緒にというより
         ビールが飲みたくなるお味ですね。
         ヌーベルという感じではありません、かなり濃いめのお料理ですね。

         いかがでしょうか。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount