100-2.ニセコ坐忘林(6)雪輪菱 高原側景色編

□ 今度のお部屋は高原側で奥から2番目の「雪輪菱」です。

2017-10-05 坐忘林雪輪菱 005


          選択根拠は、秋の紅葉が始まり、高原側の景色を見たいと思ったんですね。
          それで石風呂が好きで、露天風呂に入りながら景色を堪能しようと思いました。


2017-10-06 坐忘林雪輪菱1458



           高原側のこの4つの部屋は石風呂のようです、3つはすでに知ってますが
           端の雪輪も間取りを見る限りは、お風呂の絵が丸く書いてありますから
           石風呂でしょうか。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 121


           お部屋の名前は「雪輪菱」です、坐忘林の中では一番分かりやすい
           文様だとおっしゃってました。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 104


           ひし形ですね、ですので雪輪菱、覚えやすいです。
           前にも書きましたが、名前が書いてないので、ちゃんと覚えておかないと
           部屋に戻れなくなりますよ。(たまにそういう方もいるそうです)



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 137


           景色について書いてますが、天気がとても良かったので、アンヌプリ頂上も
           見えました。あれがニセコのスキー場の一番上です。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 044


           羊蹄山も見えました。数日前が初冠雪だったらしいです。少し雲が
           消えませんでしたが、これだけ見えれば超ラッキーですね。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 016



           北海道の山も初冠雪の便りが来る時期になりました。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 106


           お部屋正面の景色です。左に川が見えますね。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 067



           同じく、左側の方面です。石風呂が見えてます。
          
           白樺が多いので、紅葉はそれほど綺麗ではありません。
           すぐに落ち葉になって、しかも腐葉土になりもせず、風で飛んで
           いきます。白樺は土の中の菌類と共生しているので葉っぱが
           それほど必要ではないからです。



2017-10-06 坐忘林雪輪菱 026


      
             朝日が当たると、影が長くなりとても綺麗ですね。
          
             残念ながら、放牧の牛は丘の反対側にいて、見られません
             でした。実にのどかで、しかも雄大で、露天風呂に入っていても

             覗かれる心配もなく、こんないいところはありませんね。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 140


            この時期、倶知安方面から月が登ってきます。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 139


             中秋の名月ですから、満月です。ひょっとするとお団子でも出るかと
             思いましたが、それはありませんでした。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 148



            僕は寝てましたが、真夜中でも羊蹄山が綺麗に月の明かりで
            見えていたそうです。

            この時期、天気が良いと満月も楽しめる坐忘林です。

            


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount