100-3.ニセコ坐忘林(6)雪輪菱 お部屋編

□  お部屋編です、一番気になるのはお部屋でしょうね。坐忘林はそもそも中庭側と高原側の
   2種に分かれていて、雄大な景色を求めるなら、高原側になります。それとて中庭側も

   白樺の木が見事で、それなりに趣があります。さて今回の「雪輪菱」ですが、表示上は「離れの間
   デラックス」になります、お隣が同じく「離れの間スーペリア」となっておりますが、それほどの違いは

   ないような。その他は「次の間」と言って和室が設けられているお部屋でして、2人以上の宿泊に
   備えているのでしょうか。基本はツイン、ダブルのベッドですから。

   その他に、名物の石風呂があったり、檜だったりで、意匠も

   少しづつ違うなど、複雑怪奇(怪奇ではありませんが)な、これまた微妙に興味をそそられるような
   構成になっています。分かりたければ、もっとたくさん宿泊してくださいという事なんでしょうか。

   それでは「雪輪菱」が最も良く分かる写真でご紹介します。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 034


         これですね、僕は室内の写真を撮影するために、わざわざSIGMAの広角8mmを
         買ったくらいです。やや広角すぎますが、直線を基調とした、この開放感です。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 029


        さらに奥に行きますと、石風呂が見えます。ここにクローゼットと壁がある場合があって
        室内から石風呂が眺められない間取りもあります。これが見えるかどうかが、ひとつの
        坐忘林らしさであるのですが。
        (窓はブラインドがあって、遮蔽することもできます)



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 031


       反対側からのアングルです。直線的なデザインですね。ソファもそれに合わせてあります。
       古来日本の建築は木を使っておりますので、間口が広くとれるんですね。西洋では石なの
       でどうしても壁と窓だけという構成になりやすいって、中山さんがHPで書いてました。
       ・・・・なるほど。ついでに言うと「素」を大事にしており、一切の飾りを排しているとも。

       ですから、このデザインは中山ジャパニーズモダンと言われているそうです。

       この部屋にいると、不思議な安堵感があるのは、日本的だからなのかも知れません。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 088


       また、この部屋の真ん中にある柱ですが、それぞれにお部屋でクロスの種類が
       違うようです。雪月輪では「鉄肌」でして、最初は本物の鉄かと思ってました。

       ここが壁の場合より、やはり開放感があります。部屋全体の木質感は明るい
       オークですね。これまた人それぞれで、僕はローズウッド系が好みです。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 085


        ベッドですが床から3段上です。寝心地が良いなどというのは、当たりまえの事で
        言う必要もありません。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱 086



         高くなっているので、ベッドからの眺めもソファに邪魔されません。
         ソファも背もたれが低く、その事の配慮もあるようです。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 111


         実に良い背もたれの角度で、当然、お部屋で飲むアルコールは
         外の景色を眺めながら、ここで寛ぐことになります。

         奥さんはお菓子をもってきて摘みにしてました。
         坐忘林もそうですが、お酒のお供があるといいですね。


2017-10-05 坐忘林雪輪菱 102


         有料で、余市のウイスキーもそろってますが、お風呂で酔いが回るので
         飲んでません。シャンパンをちびちび飲んでました。



2017-10-05 坐忘林雪輪菱145267



         冷蔵庫はフリーですが、1本も飲んでないような気がします。

         さて、いかがでしょうか、部屋の感じ、石風呂の有り無し、高原側の
         景色(これまた、立木でかなり変わります)

         羊蹄山が見える見えない。(壁の写真は羊蹄山が見えるので、あえて羊蹄山の写真
         を選んだとか)・・・等いろいろですが、実に細部までこだわりがあるようです。


2017-10-06 坐忘林雪輪菱501

         朝風呂、滅茶苦茶に気持ちがいいです。(真夜中もですが)
        次回は石風呂編です。







スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount