FC2ブログ

105-1.ニセコ坐忘林(7) 美雪  雪景色編

□ 坐忘林です。11月24日ですっかり雪景色になりました。通常だとまったく雪がない年もあります。
  でも外国からくるお客さんにとってはBeautyful!,Wonderfulらしいです。

  今日のテレビで最近の旅館のポイントはインフィニティ―と言って旅館のお部屋や、お風呂から
  見える景色に広い連続性がある事らしいです。以前のサンパレスがそうでしたね。

  お風呂の縁をギリにして、そこから見える洞爺湖との境をなくしてみせた配慮でした。
  でも、それは湖とか海であって、坐忘林のように大平原と一体になっているというのはそうないと思います。
  しかも温泉付きという事になるとさらに少なくなるでしょうね。

  それで最初に今回は、冬の景色の紹介を最初にしてみました。



2017-11-24 003


        坐忘林入り口ですが、雪で埋もれるとまったく分かりません。
        これ入り口です。看板を排して景観に配慮してます。



2017-11-24 005

       この坂を下ると坐忘林ですが、フロントから車の往来が良く見えるので
       すぐスタッフがお迎えに現れます。



2017-11-25 049


       今回は高原側の美雪です。この時期に美しい雪を見るのになんてふさわしい名前
       ではありませんか。



2017-11-24 064


       このお部屋15室あるうちの、和室で次の間付と呼ばれる2室のうちの1室です。
       実は隣の花形雪が残りの1つです。



zabou204.jpg



        次回に坐忘林の総集編を出しますが、暇にまかせて分かりにくい
        お部屋の間取り図に変えて、3DCGを作ってみました。

        着色してあるお部屋がすでに宿泊したところです。



2017-11-25 032

        ニセコの雪は結晶化しているので、時に青く見える時があります。
        雪としてはこれ以上ない最高の雪です。パウダーの上のアスピリンスノウと
        呼ばれてます。雪だるまが作れない雪です。



2017-11-25 059

        数寄屋のようでありながら、超モダンな造りはどの季節に訪れても
        飽きることがありません。



2017-11-25 012bfgt


       高原側のこの4室はロビーの近くから101,2,3,4となっていて隠語に
       なっています。どこにもその表示はありません。
       美雪は103号室なんです。

       この4室は全て檜風呂です。どうですか、見事なインフィニティでは
       ありませんか。



2017-11-25 009

        高原側でももう少し左側によると、牛が放牧されている丘が見えるので
        僕はそちらのほうが好きですね。



2017-11-25 029


       眼下に川が流れています、少し望遠で撮ってみました。目を凝らしてみていると
       ひょっとしたらキタキツネが歩いているかもしれません。



019627babf3ce48257affc0aca21cbb43fe55e233a.jpg



       夕刻の食事処から見える池です。鴨がたくさん暗くなっているのに泳いでました。
       ライトアップしているので見えるんでしょうね。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount