110-1.ニセコ甘露の森(2) 3月18日 導入編

□  甘露の森がリニュアルされたのを機に行ってまいりました。
   そもそも前回は6年くらい前の宿泊でしたが、学生さん達の合宿と同じだった
   ような気がしますね。ビュッフェで山の様に食べてました。

   パンとご飯を一緒に食べているのにびっくりしました。
   


kanro1459.jpg


          宿は図中▲の箇所ですが、右側にニセコモイワスキー場があり、スキー客に
          親しまれている宿ですね。お部屋にも○○さんスキー同好会ご一同様みたいな札が
          貼ってありました。


kanro3254.jpg


          お部屋は露天風呂付の特別室という事になってますが、3万円を切っているのは
          今時かなりお安いと言えますね。もう軒並み、露天風呂付タイプは各旅館
          値上になっているようです。


名称未設定 1

         露天風呂付特別室は1室、個室温泉付き特別室が2室あるようです。


2018-03-18 甘露の森 031


        その露天風呂付特別室113室に泊まってきました。廊下の突き当りの奥の部屋です。



2018-03-18 甘露の森 030


       廊下や壁も綺麗にリフォームされたような感じがします。


名称未設定 2

       ↑はホームページからです。



2018-03-18 甘露の森 036


        3月18日ですから、まだ滑れる時期ですね。以前は滑ってましたが、ケガするのが
        怖いので最近は、もっぱら温泉三昧になりました。



2018-03-18 甘露の森 035



          それでは多少季節感がずれてますが、ニセコは泉質がいいので
          お勧めできるかもしれません、では始めます。         


2018-03-18 甘露の森 004


          やっぱり、温泉ですね・・・・




         
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ひろ - 2018年06月10日 18:00:03

はじめまして。偶然こちらのブログに出会い、とても感動して2週間かけて全て拝見させていただきました。
憧れの宿ばかりで自分も旅をした気分に浸れます(^^)
宿のwebサイトとは違った視点で詳しく様子が伝わってきてとても参考になりました。
私自身は子供と一緒に旅行するのでビュッフェが美味しいところが中心になり、札幌から近くて行きやすい定山渓の鶴雅は家族の満足度も高いです。
この頃気になることは、連泊が楽しめて快適に過ごせるところがどこなのかということ。宿の滞在ばかりでなく、その周辺の観光も楽しめるとなお良いです。
旅に出ることは日常から離れて気分のリフレッシュになるし、そういう特別な時間にいろいろなアイディアが浮かんでくることも・・・
日々ストレスにさらされて暮らしているんだなぁと感じてまた次の旅に出かけたくなります。
今後も更新を楽しみにしています!

こんばんは、はじめましてひろさん - エバー - 2018年06月11日 00:06:51

 ようこそ、おいでくださいました。そして全部読んでいただけたのは
とても光栄です。こちらも、旅行が趣味でもないのですが、たくさんの方に
見ていただけると励みになるようになり、いつしか100回を超えるように
なりました。出版業者さんの視点とは違う、リピート客側の見方で時には
厳しく書かせてもらっています。今後も参考になれば幸いです。
 
 自分たちも札幌に住んでおりまして、冬には車で遠出できず、定山渓に
宿泊するのが常になっております。鶴雅のビュッフェは品数も多く女性向け
のメニュで、評価が高いですね。ただ、猫を飼っているせいで、せいぜい
2泊3日が限度です。連泊してこそ、ゆっくりと温泉を楽しめるのですが
いつかそうありたいと思っています。
 今後とも、なにかお気づきのことがあればコメントお寄せ下さい。
こちらも楽しみにしております。


トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount