24-3.ホテルニセコあしり・夕食編

□ 夕食編です。京懐石が食べれるというのが決め手の一つになってます。

 旅館を決める際にはオベールジュのフレンチは選択外になっておりまして

 温泉に浸かって、日本酒と懐石料理を楽しむというのがセオリーになっています。

 さて・・・


2012年2月あしり 014

  「先付け」

   イクラ醤油 蓮豆腐、山葵、おろし



2012年2月あしり 015


   「酢の物」

    蛍イカの黄身酢がけ、胡麻、紅芯大根
 


2012年2月あしり 017


   「造り」

    ばちマグロ、ヒラメ、ウニ、カニ



2012年2月あしり 021



   吟醸の「京の泉」で初めております。ちょっと辛口でフルーティですね。
  
   吟醸の香りが好きです。


2012年2月あしり 024


  「蒸し物」

   花見蒸し、竹の子あん、木の芽


2012年2月あしり 032


  「焼き物」

  きんきの塩焼き、染めおろし、レモン、数の子



2012年2月あしり 044

  お品書きの順番とは違ってますが、実際に供された順番で
  説明しております。



2012年2月あしり 040
   

  お酒は特別純米で「男山」に変わっております。



2012年2月あしり 039


  「油物」

   天ぷらですね。カニ茶巾とシャケ竜田揚げ、春菊、抹茶塩、レモン

   このへんからおなかが一杯になりはじめました。
   
   でも次がメインなんですね。


2012年2月あしり 045


  「鍋物」

   鍋になっていますが、鉄板焼きです。アワビ、ホタテ、牛ロース カキです。
   
   すごいでしょう。


2012年2月あしり 046


   アワビがとても大きくておいしかったですね。


2012年2月あしり 055

  先ほど京懐石と書きましたが、特に京風ではないような気がします。
  北海道にありがちな料理そのものみたいで、おいしかったのですが、やや期待外れの面も。


2012年2月あしり 042


  お酒も地酒の特別純米で頂いております。


2012年2月あしり 053


  いい飲みっぷりでしょう


2012年2月あしり 069


  最後は留め椀に、白ごはんです。


2012年2月あしり 071


   最後は

  「水菓子」で季のもので終わりです。アイスクリームにしてほしいですね。

   食事は個室でしたが、二部屋くらいしかないようで、たいていの食事プランは

   食堂でテーブルのようですね。


  「料理総括」

    
    HPに盛んに称される本格懐石とか京料理という割には、ご覧のとおり
    京料理とは言いがたいのでは。

    特別和洋室をチョイスしていて、料理もグレードの高いものになっているはず。

    その割には、キンキ、アワビ、ウニ、カニ等、北海道の住人においては
    スーパで日ごろから手の届く食材に終始しているのはは、いささか拘りが

    違うと思う。京料理の妙は野菜であって、それをどう食べさせてくれるのかが
    楽しみの一つになっている。

    おいしいかどうかは個人の好みによるので言及はしないのだが、京料理を謳う
    のであれば、その違いを見せてほしいと思う。

    特に先付が弱い。料理は目でみて楽しむもの。これから何がでてくるのか
    期待させるには小鉢一つでは味気ない。しかもイクラならいつも食べているもの。

    京料理の特徴である、豆腐、京野菜、鰻、松茸等、これが京料理だとうならせる
    ものを食させてほしい。

    敢えて辛口のコメントを書かせてもらいましたが、どうだろうか。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount