FC2ブログ

111-6.ニセコ坐忘林(8)雪輪 6月22日夕食編

□  夕食です。この時間帯はまだ明るく外の景色が眺められました。
   いつもと違うお部屋に案内してもらえました。本来なら大人数での食事場所に
   使われるところなのでしょう。こういうお部屋もあるんですね。
   
   二人で使うにはもったいないです。



2018-06-22 坐忘林 雪輪 108


          大きな窓で、ここからも景色が・・・


□ 北懐石

   慈味   大沼産ジュンサイ酢


DSC08370.jpg


           フキをあしらってますが、中に入ってます。
           フキも食べられますが、北海道では殆ど雑草みたいなもので
           飾り付けに面白いアイデアですね。



□ 楽味 海・山・川の幸 取り合わせ

01e2a66b9e8b6fa654be6b2ccde085ac0c019e5d22.jpg


          景色も味のうちで、なんとなく狸でも現れるのではないかという外景色です。
          仮に鹿でも出てくれば最高ですが、奈良とは違い、鹿さんも警戒しておりますので
          姿は見せません。(実際にはまだ出没してないそうです)


DSC08374.jpg


         と言いながら、ここに蝦夷鹿肉のジャーキもあったりします。見て可愛い
         食べて美味しいというのはいささか違和感がありますが。

         その他では
         山菜のてんぷら、ヒメマスの香り炊き、ねかせジャガイモ蕗味噌射込み


□ お碗 白樺大根 毛ガニのしんじょ


DSC08376.jpg



            ここの代表的なお椀になりました。実に繊細で美しいお碗ですね。



□ 刺身 本日の鮮魚


DSC08377.jpg


            有機野菜と本マグロ、大助、目抜き、活毛ガニ洗い、ムラサキ雲丹


□ 平皿 タラバガニの新緑田楽 香り野菜 ピスタッチオ味噌


DSC08380.jpg


          お料理もそうですが、平皿のまた綺麗なこと器も素晴らしいです。
          こういう意味では日本料理は他国と比べて独特な食文化になってますかね。
          フレンチは今でも食器は白で料理で飾りつけするようになってますし、中華は
          そもそも良く分かりません。


□ 温味 ホワイトアスパラとカワハギの煮びたし


2018-06-22 坐忘林 雪輪 121


             肝醤油がついてます。

□ 夏木立 初夏の野菜を添えて


DSC08386bghtr01.jpg



          野菜を縦に並べて蛇行させてますが、お品書きの説明によると
          狐の足跡を描いたと言ってます。フットプリントは雪の上でしか
          見られませんが、狐の足跡は常にまっすぐに続いて、どこに
          向かっているのか、幻想的なことがあります。そんな情景を
          野菜でやってます。北海道の冬を知らないと、思いつかない
          ような盛り付けでした。これ好きですね。

          ここで、狐と狸とウサギの足跡についてウンチク始まります(笑)
          ウサギの足跡を追いかけると、途中から撒かれます。

          次はウサギの足跡で演出してはいかがでしょうか。


□ 強肴 和牛

  
DSC08389.jpg


         ビーツ、山ぶどう味噌、それに笹竹と言ってタケノコが採れない北海道では
         珍しい笹竹です。毎年、時期にはこれを採るために必ず山で行方不明者が
         でるという貴重なものですが、それでしょうか。


□ 食事 蘭越ななつ星


DSC08390.jpg


          ご飯の中は寝かせジャガイモ、それに赤だしです。


□ 甘味


DSC08392.jpg


             牛乳くずもち


2018-06-22 坐忘林 雪輪 125
2018-06-22 坐忘林 雪輪 126


            抹茶寄せ、その他
            コーヒで

            場所を変えてBARでもいただけます。

            味の評価はいろいろできますが、新鮮な野菜が味わえるので
            そのへんがとてもいいですね。特に野菜は鮮度が難しいので
            朝と夕摘みだけで味が変わったりします。
 
            四季によって景色も異なりますが、野菜も変わるので
            春夏秋冬が味わえることに感謝です。            

            それにここ坐忘林は演出に大自然のポエムがありますから
            北海道らしくていつも驚きです。味以外に何かを感じさせて
            くれるものがありますでしょうか。
 
            次回は初冬ですが、どんな料理を楽しませてくれるか   
            今から楽しみになります。



2017-11-25 003bngh

             11月の坐忘林です。この雪を今の本州にお届けしたいですが
             見るだけでご勘弁を。





             


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。HPとは違うな、口コミ
とは感じが違う。そういう時にこの
ブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount