FC2ブログ

121-5.ニセコ坐忘林(9)11月24日 夕食編

□ 一番の気になる内容ですね。夕食です。
  お品書きが難解なので(達筆すぎて)かなり端折って掲載いたしました。
  写真だけでも十分、美味しさが分かっていただけると思います。

  では、すっかりと暗くなっている外景色ですが、ライトアップされているで庭を眺めながらです。
  明るいと鴨がいたりして微笑ましいです。


01e5d336149733458bee762a0776a33d36807169d0.jpg


         あんまり坐忘林のまわりには動物はいないようですね。足跡がありません。
         ウサギは見てますが、鹿はいないようです。鹿と言うのはいて欲しいところに
         いませんね。僕の別荘ではチューリップ1000本絶滅させましたが。



2018-11-24 坐忘林つらら 053



          順番にお通しされます。この間が非常にいいのが坐忘林です。
          早食いする人は、早く持ってこいというのもあるんですが。
          お酒を飲みながら、間を楽しむというのも料理です。



□ 滋味 ししゃもの三平吸い

DSC08543.jpg


          ネギせんべいが乗っかっていて、中はシシャモです。
          子供の頃はシシャモの美味しさが分かってませんでしたが
          大人になると分かるんですね。



□ 楽味 海・山・川の幸取り合わせ


2018-11-24 坐忘林つらら 059


           エゾ鹿肉の自家製ジャーキと言うのがありました。
           真ふくの笹包み焼
           山女の香り揚げ
           その他です


□ お碗  毛ガニのしんじょ、白樺大根


DSC08549.jpg


        坐忘林の名物料理になりました、白樺大根のお吸い物です。
        名物となりますと、出してくれないと寂しいですね。



□ 刺身 本日の鮮魚


dswert.jpg

        本マグロが出ます。牡丹えびですが子持ちで。
        

□ 平皿 からすかれいと茄子の共味噌焼


DSC08555.jpg


        厚みのあるカラス鰈ですね、手前はプルーンの赤ワイン漬け


□ 温味 タラバの〇〇


bngtrfdr.jpg



         この辺から、昼に食べたケーキのせいで、お腹いっぱいになってきて
         食べれなくなってきたんですね。一生の不覚です。でも食べましたけど。



□ Zaborin Early winter salad 替わり冬囲い(たぶんそう書いてますが・・・)
   本日の野菜 狐煮


2018-11-24 坐忘林つらら 076


           これも名物の一品ですね。野菜をたっぷりの甘い出汁で
           食べさせるものですね。従来はいろいろなパターンで形取ることが
           多いですが、器できました。


□ 強肴 和牛ヒレ肉のいぶし焼


2018-11-24 坐忘林つらら 081
DSC08573.jpg


           いい肉ですね、しその実の醤油漬けが添えられてます。


□ 食事 蘭越産ななつぼし じゃがいものとタコ飯


DSC08570.jpg
DSC08571.jpg


        いまやもう大変に美味しくなった蘭越産のお米です。
        ひと昔前までは信じられなかったのですが。
        この最後の一膳を、どうやって食べさせてくれるかが、ここの楽しみでも
        あります。手作り感のある漬物と。


□ 食後の甘味その他


DSC08574.jpg
01131a528415f7e0b91f27ebb8403c92efc45763c0.jpg


          料理に関しても、以前に書きましたが☆3つあってもおかしくないです。
          寿司屋とラーメン屋だらけのミシュラン北海道2017ですが、もちろん宿泊施設
          として最高ランクの赤い5ですが、料理が飛びぬけて素晴らしいです。

          赤い5と言うのは函館望楼とか滝乃家もありますが、料理は並みです。
          その創作性においては、札幌でも比肩するところがないです。

          札幌も郷土料理として有名処は数多かったですが、そのほとんどが消えました。
          やはりこの創作といいますか、料理に対するイマジネーションが
          しっかりしてないと料理が陳腐化するんですね。

          その点、シェフの瀬野氏や多分スタッフの方は素晴らしいです。
 
          素材1流、料理2流、サービス3流の北海道ですが
          素材1流、料理1流、サービス?流と言えますね。


          ただし、食べる側も、お腹を空かせて臨むことが大切ですね。







スポンサーサイト



この記事へのコメント

こんばんは。 - Kei - 2019年01月20日 22:32:46

エバーさん、こんばんは。
北海道のブログ記事を書いているうちにまた北海道に行きたくなってきたのですが、今年は寒さが厳しそうですね。
ニセコはまだ行ったことがないです。長万部からの電車がもっと増えてくれたらいいのに、長万部~小樽の間はほぼローカル線ですよね。
北海道はなんでも美味しい!
ステキな夕食ですね。
ランキング凸ぽち!

こんばんはKeiさん - エバー - 2019年01月20日 22:55:39

 こんばんはkeiさんご無沙汰しております。お元気ですか。
北海道は接続のバスとかの本数もないし、JRもほとんどがローカル線
みいたいなものです。やはりレンタカーでもないと、不便ですよね。 

 もしよろしければブログ記事を紹介してください。
是非訪問してみたいです。

こんばんは。 - Kei - 2019年01月21日 19:27:51

コメント投稿者名「-Kei-」をクリックすれば
うちのブログに飛びますよ。

Re: こんばんはKeiさん - エバー - 2019年01月21日 21:05:05

 ゆゆぶさんだったんですね。温泉ランキングでチラ見してると
思います。ものすごい数で沖縄から北海道まで旅行されてるんですね。
 僕らはまだ6年位で、やっとこの程度の数です、しかも北海道
を出れません。(猫とか母親の介護で)
 今度は、コメントで遊びに行かせてもらいます。これからも
よろしくお願いしますね。

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount