FC2ブログ

127-3.定山渓ぬくもりの宿ふる川(5) 3月22日 夕食編

□ 夕食です7階特別室ではコチュウテンという個室での食事になります。


kouchuu.jpg


     ここの雰囲気が怪しくて実にいいのです。
     ただ働いているスタッフの人が明るくて
     お客さんが見えたら、挨拶してくれるのが
     怪しくないんです。


2019-03-23 定山渓ふるかわ 013


       向かって左側が入り口で、その下には湯のみと言うお風呂に
       行く階段があります。


2019-03-22 定山渓ふるかわ 078


      これがその個室ですが、後ろの壁は開いていて、下の厨房が
      見られるようになってます。


2019-03-22 定山渓ふるかわ 080


      どうですか感じは。干した鮭(トバ)がつるしてあります。
      (ぼうだらだったかも)いいでしょう。

      小樽の倉庫では、こういう蔵つくりが良くありますが
 
      歴史や文化が感じられます。天井にある竹が
      囲炉裏のススで真っ黒になると、その材料で作った

      茶杓が最高級品になったりします。詫び錆びです。


□ それでは、順番に供されます。地図で作った大きな紙のランチョンマットは
   ここでは使われてませんが、他の食事処では使われているようです。
   使って欲しいですが・・・

   最初は食前酒で果実酒、それから先附けで 生湯葉桜ゼリー掛け
   レンコン昆布〆 子持ち白魚 岡山桜 べっ甲あん


2019-03-22 定山渓ふるかわ 085

      

□ お碗 桜エビしんじょう信田巻き 福紗仕立て ちぎり蓮麩 白髭独活
      花弁人参 木の芽 雲丹

2019-03-22 定山渓ふるかわ 087


       お吸い物ではなく餡物みたいなものです。懐かしいお袋の味
       というもので、ふるかわは品数が多くはないのですが、一杯
       入っているので、食べるとおなかが満足します


□ 造り  蛍イカ 桜鯛 針魚 中とろ 牡丹海老 細目昆布 その他


2019-03-22 定山渓ふるかわ 092


   大味のボタンエビですが必ずあります。
   中トロは何時食べても美味しいです。


DSC08676.jpg


         本マグロですね。めばち、最近は近大というのもありますが
         全く味は違います。大間かどうかわかりませんが、一切れ

         これで1000円とかありえます。綺麗な色です。中とろです
         が大トロになると恐ろしくて食べれません。(寿司屋では)


□ 凌ぎ 道産フキの押しずし 釜揚げしらす のり玉子 桜葉 白がり


DSC08679.jpg


      お凌ぎは本当に出して欲しいです。押しずしでいいんです。
      お凌ぎはここで、一段落のサインですので、献立に深み
      が出ます。


□ 中皿 アマダイのうろこ揚げ アスパラ 茄子 花弁百合根 うぐいすあん

DSC08682.jpg

                 
         
      うろこを揚げたものでパリパリして美味しかったです。それに
      このうぐいす餡が綺麗で、ここの名物にしてほしいくらい。


□ 焼き物  道産牛石焼

2019-03-22 定山渓ふるかわ 110


      石焼きです。焼き方を好みでできるので
      焼き方を聞いてくるより面倒でないのがうれしい。

      本当は良く焼くのが好きなんですが。
      フレンチではなかなかウエルダンとか
      言えません。

    

□ 止椀 イセエビとふのりのみそ汁 タケノコ炊き込みごはん

2019-03-22 定山渓ふるかわ 115

    白いご飯の手抜き説は私です。やはり炊き込みで。


□ デザート いちごのムース 焼きマシュマロ 苺ソース ミント

2019-03-22 定山渓ふるかわ 117


         最後に食事中に「お客様支配人」と言う方が来て
         記念写真を撮ってくれました。帰る時にフロントで
         渡してくれました。


定山渓ふるかわ 支配人撮影


        支配人の方かと思いましたら、頂いた名刺を良く読むと

        「お客様支配人」となっておりました。お客様の支配人って
        どういう肩書なんですか。

        総評としては不満はありませんが、前菜で1品なのでお酒を
        飲んでいるおつまみがありません。食べ終わると、すぐ碗に

        なるので呑兵衛としては、小鉢もの多くしてほしいです。


2019-01-11 宏楽 067mnhj



        ↑は小樽の宏楽園ですが、お酒のつまみ的なものが一杯あって
         飲めますね。献立としてはお造りのあとの「冬」と言うお品書きに
         なってましたが、前菜として出してくれたほうが嬉しいです。

         お部屋食なので、いっぺんに出てきますから、前菜みたいな
         ものですけどね。

         フレンチのアミューズは和食の先附け前菜から伝わったもの
         らしいです。ようこそいらっしゃいましたで、料理人の心が
         最初に伝わるものですね。

         ここに力をいれて欲しいです。


         

スポンサーサイト

この記事へのコメント

おはようございます - ラブビヤ - 2019年04月25日 07:35:00

壺中天の怪しい雰囲気は大好きです。
個人的には道内の温泉旅館の中でも1番か2番に入ると思ってます。
あ、スタッフの方までは怪しくなくていいです(笑)
定山渓のふる川は部屋や大浴場がリニューアルされて明るい印象に変わってしまったのは正直残念です。
他のお宿と差別化を図る意味でも、壺中天や離れの浴場みたいな雰囲気を極めていただきたいものですが…

Re: おはようございますラブビヤさん - エバー - 2019年04月25日 09:10:20

 その通りです。定山渓ふるかわの
一番いいところは、あの雰囲気です。

 翠山亭、鶴雅、野口といろいろありますが
この古民家風情は卓越してます。

 これからも新しいところを壊して
どんどん古くして欲しいです(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount