FC2ブログ

138-5. ニセコ坐忘林(11) 11月27日 夕食編

□ 夕食です。二家族合同で賑やかにやって
  ましたので、構図は二の次になりました。
  それでは順を追って説明いたします。

  「北懐石」と称されております。

□ 楽味 冬野見立て
 蝦夷鹿ジャーキ ワカサギ枯れ木揚げ
 和田牛蒡の穴子射込み ゆり根の摺り流し
 ニジマスのいぶし その他


018a2b087eb921ba35cebf98581332e38ebd089833.jpg


  雄鹿の角が出てきました。これが面白くて
  森の中に落ちていたりします。ある程度
  大きくなると自分で取るようです。


2019-11-27 坐忘林山雪 053


DSC08913.jpg

 なかなか野趣味あふれる飾り付けです。
 会話も鹿について始まりました。



□ お碗 
 カキとセリの小鍋仕立て

2019-11-27 坐忘林山雪 054

 冬なので土瓶蒸しとなりました。

□ 刺身
 本日の鮮魚
 大助 目抜き 寒平目 牡丹海老
 雲丹 他有機野菜とあしらい

2019-11-27 坐忘林山雪 056x


  魚は山ワサビと醤油が付いていますが
  野菜を食べるためのタレも別添えでつい
  ていました。


□ 平皿 ぼうず銀宝のからし焼き
 南蛮味噌 しその実醤油漬け


2019-11-27 坐忘林山雪 060x



□ 温味 タラバ蟹と干しえのきの・・・

0118e544046fc0eff77927583c72ff21513452192b.jpg


  前回も食べてますが、お味が少し塩辛い
  ようで、,わりと不評でした。どのシェフも
  そうですが、煮込み風で温かいものを
  料理するというのは苦手なようです。
  どの旅館でも、思い当たるものはない
  ような気がします。自分もこれを書いて
  いて思いました。



□ 口替わり 雪見和え
  和梨 洋梨 ヤーコン カリフラワー
  リンゴとリンゴのグラニテ 甘酢餡


DSC08927x.jpg


 ここのシェフのこういった繊細で薄味
 のほうが自分は好きですね。

□ 強肴 和牛の朴の葉焼き


0124397082900c62ed0483a84e3f67eb4dab530ae3.jpg


   山ぶどう味噌とかが付いてます。
   器が非常に趣があって重厚です。
   もう伊万里、有田の器なんかは
   使わなくなりましたね。フレンチは
   白ですが、懐石は黒が多くなりまし
   た。



□ シェフからの一品
 サフォーク

2019-11-27 坐忘林山雪 067


 今回は九州からの客人に対してと
 11回目の我が夫婦へのお返しとして
 1品設けてくれました。サフォークとは
 何だという話になり、顔の黒い羊です
 が説明するのに「ウオレストとグルミッ
 ト」が出てきませんでした。




□ 食事 蘭越産ななつぼし
 うずみ玉子ご飯 生姜の佃煮

2019-11-27 坐忘林山雪 069

  うずみと書いてありました。
  英名ではkuchan egg yorkとかなってましたが
  ここでよく出てくる黄味の味噌漬けみたいな
  ものです。


□ 水菓子 白樺樹液寄せ ハーブ蜜
   ゆり根と焼きリンゴの最中


2019-11-27 坐忘林山雪 070


  デザートも同じものがなく、最後の最後まで
  楽しませてくれます。ここの料理を評価する
  には専門的な知識がいるので難しいですが
  ビジュアルも含めて独特な世界観があります。
  もっともっと楽しませて欲しいです。


   〇編集後記 加筆修正、写真の入替その他
   がありますので、また見えて下さい。
   見直して写真がおかしいと、違うものに変え
   ることがあります。

   食べながら飲みながらやると、撮影するのを
   忘れる時が往々にしてあります。その時の為
   にという意味ではありませんが、奥さんもスマ
   ホで撮っていてくれます。上の写真でも何枚
   かはあるはずです。




  
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount