FC2ブログ

138-6. ニセコ坐忘林(11) 11月27日 朝食編

□ 朝食です。坐忘林の良い処は朝食が毎回
 違う事です。季節によって仕入れが違うのは
 分かりますが、通年で豆腐などは何時でも
 仕入れますので、朝は必ず湯豆腐と言うのは
 飽きます。それでは・・・


2019-11-28 坐忘林山雪 054


 これが全体のセッティングで、今回は驚くよう
 な野菜の仕込みと言うのはありませんでした。


2019-11-28 坐忘林山雪 055


 坐忘林の周りは自然のものが豊富にありますので
 こんなはからいも


2019-11-28 坐忘林山雪 056


  大きなアサリです。みそ汁の具材としては
  これが一番好きです。



2019-11-28 坐忘林山雪 061


   包み焼でベーコンとその他



2019-11-28 坐忘林山雪 060


  あとはこんな感じで魚は軽く塩をふった
  鮭です。シェフは釧路の出身なので魚に
  は精通しているとのことでした。お客の
  要望もあって、水揚げされたほとんどの
  キンキを買い占めたこともあったそうです。
  仕入れ値聞いてびっくりしました。



2019-11-28 坐忘林山雪 057

  ご飯は近場ですから蘭越米に上にかける
  物と言えばいくらで頂きます。だいたいが
  薄味なので、いくらも薄口の醤油でしょうか。



2019-11-28 坐忘林山雪 070


 最後はコーヒもしくはハーブティか紅茶か。
 こんな作務衣着てますが、館内どこも床暖
 なのでやさしく暖かいのです、空調の風が
 当たることもないし。足元から暖かいのは
 なんとなく幸せな気持ちになります。猫が
 いたら床に大の字になるでしょうね。


2019-11-28 坐忘林山雪 080


  眼下に広がる池ですが、沢山の鴨がいました。
  この池に魚でも放流したら・・などと話したら
 
  この池は下流に流れているので、生態系を
  変化させる可能性があるそうです。その辺も
  考慮してしないそうです。北海道には国定・
  国立公園も多いので、そういった規制も厳し
  いのでしょう。そこから石1つ持ち出してくる
  のも原則禁止らしいです。
  自然を大切にしていただけるのは大いに
  結構なことです。




2019-11-28 坐忘林山雪 068


  一生懸命潜って、藻か水草でも食べているよう
  でした。どの季節か忘れましたが、渡り鳥がや
  ってきて、この建物の周辺が、鳥のさえずりで
  賑やかになるらしいです。動物好きなので、一
  度その季節に訪れたいものです。
  それに夏に草を食む乳牛の「もーっ」という声は
  癒されます。




2019-11-28 坐忘林山雪 069


  ゆっくりお茶を飲んで上がりです。
  チェックアウトが11時ですので、食事の
  あとも一風呂浴びます。ここから2時間で

  札幌に帰れます。とても楽です、東京なら
  どこにいって遊んできても良くて帰りは夕方
  でしょう。

  午後一番には着いてます。時間が余り過ぎ
  て定山渓でお茶したりします。

  

  〇編集後記 この間の忘年会で、温泉がいい
  なあという話がでて、連泊がいいいよってなり
  ました。前の日は遅くまで軽い宴会で、翌日は
  ゆっくり起きて、朝からビール飲めるし、露天
  風呂付は要りませんが、大浴場に浸かるのも
  いいものです。次の日に帰るとというのはどう
  も落ち着きませんね。一生に一度は坐忘林で
  連泊と言うのも経験してみたいですが。

  ちなみに一週間いたという外人さんがいたとか
  まあ、一泊70万円という施設があるニセコで
  すから、いても不思議じゃないか・・・






スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount