FC2ブログ

140-1.Shlet Ivy 定山渓(2) 2月1日 導入編

□ 冬の定山渓です。早々と2回目の投宿ですが、札幌から近いので
というより札幌南区ですので、同じ区です。南区と言っても東京23区くらい
あるので場所によりますが、何といっても気軽に来れるのです。どんなに
冬場の荒れたホワイトアウトの日でも、中山峠では引き返しても
ここには到達できる自信があります。ですから冬は定山渓と決まっております。

 さてそのシャレーアイビーですが、お部屋がお任せでどこになるのか、行って
からのお楽しみになっております。



2020-01-31 シャレーアイビー 002



 先ずは軽くウエルカムを頂き、支配人と世間話でもしながら
ご挨拶談義を。


2020-01-31 シャレーアイビー 009


 雪見台と言われるロビーでの冬景色を眺めながら
ほっと一息つきます。時折、後ろを宿泊のグループが通るだけで
記帳時の慌ただしさは全くありません。このままここでお酒を飲んで
いたい気分に駆られます。


1265kjiuyt.jpg


 この石垣も本物の石で、良くこれだけ綺麗に積み上げられましたね。
そういえば同じ定山渓でこれをやろうとして、断念された方がいました。
業者さんが本州にいてスケジュールがあわなかったらしいです。
 自分のDIY仕様でやったら、石4つくらいで諦めるでしょうね。


2020-01-31 シャレーアイビー 011


 お花が綺麗だったので撮影しておきました。


2020-02-01 シャレーアイビー 048


 苔玉で中央に季節の挿し木が入るらしいです。


2020-01-31 シャレーアイビー 012


 それではお部屋に案内されます。どういうお部屋なのでしょう
楽しみです。お任せしても良かったのでしょうか。


2012年11月18日初雪 011


 東西に位置しておりますシャレーアイビーでは東の角部屋は
ここになります。もう外も暗くなり始めましたが、写真を撮ると
一層青く映るもので、これほど暗くはありませんが、やはり角部屋、

窓ガラスがL字型に2面に存在しておりまして、景観は最高です。
ルーバの中に液晶テレビをはめ込んで、良くデザインされてます。


2020-02-01 シャレーアイビー 018


 お部屋は「梛」ナギです、難しい漢字で木の名前ですが
大木になり、平和と平穏の象徴としてご神木として扱われて
いるかと聞きます。407号室です。



2020-02-01 シャレーアイビー 056


 配置図の下が川になります。407号室の方向にあの大きなビューホテルが
あります。前回のお部屋は「鹿の湯」方向でしたから、反対側になります。



drt12569i.jpg


 グーグルMapで見ると、図中の□の場所が、ここの角部屋になり
ます。どちらの角部屋が景観にいいかと言うと、難しいですね。
どちらも良いといえるのではないでしょうか。



2020-02-01 シャレーアイビー 003c


  このピンク色の壁があるお部屋に泊まってみたかったのです。
色的には梅重(ウメガサネ)なのでしょうか。日本の伝統的な色は
自然物から来ているので、それ自体が華美に感じられないのです。
超伝統的な「藍」の色もそうですが。

 桜の赤も、梅の紅も、花の色も、ここではいろいろな色が生えますね。
白木の壁が基調となっているからと思っております。畳のイグサの薄緑
色でも日本人にとっては、非常に落ち着く色です。。
素朴でも古民家風とは違った凛とした高級感が感じられますね此処は。

 それではぜひ、407号室のお部屋編をご覧ください。




 
 
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

エバー

Author:エバー
旅行をしてます。写真一杯あります。
旅館を選ぶときはなにかと不安になるものです。
HPとは違うな口コミとは感じが違う。そういう
時にこのブログを利用してください。お役に
たちます。

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
blogランキングに参加してます
人気ブログランキングへ
日本ブログ村に参加してます
温泉ジャンルで参加してます
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
normalcount